市立美術館の続きです。
P1390383
フランチェスコ・ヴァッヌッチョの「受胎告知」(14世紀)


P1390387
アンドレア・ディ・バルトロの「金庫」(1400‐10c)


P1390395
次はSala di Vestibolo です。
アンブロージョ・ロレンツェッティの「聖母子」(1330c)


P1390398
ジョヴァンニ・ディ・トゥリーノの「オオカミ」


P1390399


P1390400


P1390401
次はSala di Risorgimento です。


P1390402
この部屋のフレスコ画や彫刻は19世紀のものです。古いものが多いプッブリコ宮にあって異色の存在です。


P1390405
ロッジアに出ました。


P1390403
ロッジアからの眺め


P1390406


P1390408


P1390409


P1390412


P1390414
Sala di Balia に戻りました。


P1390420
各部屋の見どころをもう一度丹念に見ました。


P1390423


P1390424


P1390428


P1390426


P1390427


P1390429


P1390430


P1390431


P1390432


P1390433


P1390434


P1390435


P1390390


P1390445
次はマンジャの塔です。約500段の階段を上りました。右膝の軟骨が摩耗して、ヒアルロン酸を注入して治療に努めてますが、来月、上れるか心配です。


768
塔からの景色は魅力があります。


771


772


774


776


780


784


787


766


P1390437
塔から降りました。下りの方が膝に負担がかかったような気がしました。


P1390438
塔に上った時、運悪く雲が出てきたのです。


P1390440
観光の定番スポットなので、必ず行きます。


P1390442


P1390443
ハトの水飲み場、ハトの水浴場になってます。


P1390444


P1390451


P1390450
次はドゥオーモです。


P1390452
見どころの多さ、多様性、質などで比較すれば、イタリアの教会の中でシエナのドゥオーモは1,2を争う存在でしょうね。


P1390453


P1390759
この日も拝観しました。


P1390765
拝観が有料になってから久しいですが、昔は無料でした。有料の方が気兼ねなく拝観できるので、私としては寧ろ有難いです。
無料で宗教施設だからと構えられると、例えばペルージャとか、パドヴァのサンタントニオ聖堂とかですが、美術品鑑賞の観点からは、嫌な感じがします。


P1390492
ドゥオーモに付いては、「古寺巡礼」で別個に取り上げる予定です。


P1390707
シエナの栄光の歴史が分かります。


P1390783
予め調べてから行くと、見所が絞れるし、見逃すことが少なくなります。


P1390786


P1390791


P1390810
後陣を忘れては画竜点睛を欠くことになります。


P1390814


P1390893


P1390895
ドゥオーモの拝観がすべて終了しました。


P1390896
市立美術館とドゥオーモの2箇所だけで、この日は終わりです。


P1390897
2箇所だけで6時間強かかってしまいました。


P1390898


P1390899
日帰りの観光客が多いシエナです。バスターミナルになっている広場への道が混雑していました。


P1390901


P1390903
この日のお宿はカンポ広場に近いので、急ぐ必要がありません。


P1390902
もう一度広場へ。


P1040896
夕暮れを迎えて、人出が少なくなった広場です。


P1040889
静けさを取り戻した広場でした。


P1040883
夕方の、こういった風景が好きなので、どの街でも原則泊まることにしている訳です。


P1040890
ぶらぶらと歩きながら、この日のお宿に戻りました。


P1040886
(つづく)