イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 記事は一日に一つアップしています。記事の見方ですが、例えば「ボルゲーゼ美術館の展示作品(その4)」は2017年10月20日にアップしました。各記事にカレンダーが表示されてますが、カレンダー上の2017年10月21日をクリックして頂ければ「ボルゲーゼ美術館の展示作品(その5)」になります。(その3)は2017年10月20日となります。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: 美術館

468


P2330353


P2330358


469


P2330357


470


P2330408


472


P2330402
詳細不明


475


P2330399


P2330400


P2330395


476


478


479


481


482


483


484


486


487


532
詳細不明


P2330421


P2330424


P2330427


P2330431


P2330433


P2330436


P2330438


P2330441


P2320996
美術館から外に出ました。


P2320994
キオストロを通って外に出ます。


554
薄暗い館内から広場に出ると、強烈な日差しで目がチカチカしました。


555
Fontana Maggiore


556


557


553
プリオーリ宮を見ます。


558
次は、プリオーリ宮のコッレージョ・デル・カンビオと商人組合の間です。


559
(つづく)

446


P2330236


P2330238


447


P2330240


P2330241


449


P2330269


P2330273


452


P2330192


514


454


537


456


497


498


458


493


459


P2330291


P2330256


461


488


489


490


462


463


491


464


P2330337


P2330338


465


P2330341


P2330343


466


P2330346


P2330347


467


P2330349


P2330351
(つづく)

419


549


551


420


552


422


P2330125


P2330124


424


P2330162


P2330165


426


P2330171


P2330174


428


522


431


P2330198


P2330200


433


512


435


509


510


437


P2330206


508


438


P2330213


P2330215


439


P2330211


441


P2330243


P2330261


443


P2330265


502


444


504
(つづく)

380
次は、サン・ロレンツォ大聖堂付属美術館です。


383
サン・ロレンツォ大聖堂身廊に向かって左側に付属美術館の入り口があります。


384
ドゥオーモを飾っていたルカ・シニョレッリの作品があるので、ペルージャに来れば必ず入館します。


386
キオストロに出ます。


385
聖堂内は今でも見所満載ですが、古い主な作品の多くは付属美術館で展示されてます。


387
展示作品の殆どはドゥオーモにあったものですが、他の場所にあった作品もごく一部展示されてます。


388
キオストロ回廊も見逃せません。


389
回廊にドゥオーモの初代の建物の柱や彫刻などが展示されてます。


390


391


393
入館しました。


394
展示物が何時も同じとは限りません。


395


396


397


398
逸名画家作「祈る聖母」(15世紀)


399
詳細不明


400


401


402


403
フォロの遺跡です。大聖堂は、エトルリア時代とローマ時代のフォロの遺跡の上に建設されました。


404


405


406


407


P2330051


408


P2330072


409


P2330086


540


541


411


538


539


544


545


415


547


542


543
(つづく)

P1720079


P1720081


P1720082


P1720085


P1720086


P1720087


P1720089


P1720092


P1720093


P1720096


P1720097


P1720100


P1720101


P1720102


P1720104


P1720106


P1720107


P1720109


P1720110


P1720112


P1720113


P1720115
先ほどまで修復作業をやっていた女性が中座しました。


P1720117


P1720119


P1720121


P1720123


P1720125


P1720126


P1720128


P1720129


P1720131


P1720132


P1720134


P1720135


P1720136


P1720137


P1720139


P1720140


P1720141


P1720143


P1720144


P1720145


P1720146


P1720147


P1720149


P1720150


P1720151


P1720152
2013年4月の国立ウンブリア美術館はこれで終わりです。
(つづく)

P1720011
第33室のフレスコ画です。


P1720014


P1720016


P1720018


P1720019


P1720022


P1720023


P1720025


P1720027


P1720028


P1720029


P1720030


P1720033


P1720036


P1720037


P1720039


P1720041


P1720042
最後の晩餐


P1720045


P1720047


P1720048


P1720049


P1720051


P1720052


P1720053
ピエトロ・ダ・コルトーナの作品は修復中でした。


P1720056


P1720057


P1720059


P1720060


P1720062


P1720064


P1720065


P1720066


P1720067
第37室に入室します。


P1720069


P1720070


P1720072


P1720073


P1720076


P1720078
(つづく)

P1710953
第31室に入室します。


P1710956


P1710958


P1710960


P1710962


P1710963


P1710964


P1710966


P1710967


P1710968


P1710969


P1710970


P1710972


P1710973


P1710974


P1710976


P1710979


P1710981


P1710984


P1710985


P1710986
第33室に入室します。この辺から部屋番号表示があったりなかったりです。


P1710987
Collezione Martinelli


P1710988
部屋のフレスコ


P1710989


P1710991
Daと書かれてますが、アレッサンドロ・アルガルディ作品のコピー作品(複製品)という意味になります。


P1710992


P1710994


P1710995


P1710996


P1710997


P1710998


P1720001


P1720002


P1720003


P1720004


P1720005


P1720006


P1720007


P1720008


P1720009


P1720010
(つづく)

第28室の続きです。
P1710894


P1710907


P1710895


P1710896


P1710898


P1710900


P1710902


P1710904


P1710906


P1710909


P1710911


P1710912
第29室に入室します。


P1710915


P1710916


P1710918


P1710919


P1710921


P1710923


P1710927


P1710928


P1710929


P1710930


P1710931


P1710932


P1710933


P1710934


P1710936
32室の作品が29室に移されていました。


P1710937


P1710938


P1710940


P1710941


P1710942
第30室に入室します。


P1710944


P1710946


P1710947


P1710948


P1710950


P1710952
(つづく)

引き続き第27室です。
P1710822


P1710824


P1710826


P1710828


P1710829


P1710830


P1710832


P1710842


P1710844


P1710847


P1710849


P1710850


P1710852


P1710853


P1710855


P1710857


P1710858


P1710859


P1710861


P1710863


P1710864


P1710867


P1710868


P1710908
第28室に入室します。


P1710870


P1710871


P1710873


P1710876


P1710877


P1710880


P1710881


P1710883


P1710885


P1710887


P1710889


P1710891


P1710892
(つづく)

第24室の続きです。
P1710743


P1710769


P1710747


P1710749


P1710753


P1710754


P1710757


P1710759


P1710762


P1710763


P1710764


P1710766


P1710767


P1710776


P1710777


P1710779


P1710780


P1710783


P1710785


P1710786
第25室に入室します。


P1710789


P1710790


P1710793


P1710794


P1710796


P1710798


P1710800


P1710802


P1710804


P1710806


P1710807
第26室に入室します。


P1710810


P1710812


P1710813


P1710814


P1710818


P1710819
第27室に入室します。


P1710834


P1710836


P1710839


P1710840
(つづく)

第21室の続きです。
P1710680


P1710681


P1710682


P1710683


P1710684


P1710685
第22室に入室します。


P1710688


P1710689


P1710692


P1710693


P1710695


P1710697


P1710699


P1710701


P1710703
第23室に入室します。


P1710704


P1710707


P1710708


P1710711


P1710713


P1710715


P1710716


P1710717


P1710718


P1710719


P1710720


P1710721


P1710725


P1710726


P1710728


P1710730


P1710732


P1710734


P1710735


P1710737


P1710739


P1710740
第24室に入室します。


P1710770


P1710774


P1710775
(つづく)

第18室の続きです。
P1710624


P1710626


P1710630


P1710631


P1710632


P1710633


P1710634


P1710635

P1710636


P1710637

P1710638


P1710639


P1710640


P1710641
ピエロ・ディ・コジモの作品がなかった!


P1710643


P1710644
第19室に入室します。


P1710646


P1710647


P1710648


P1710649


P1710650


P1710645


P1710651


P1710652
第20室に入室します。


P1710653


P1710654


P1710655


P1710656


P1710657


P1710658


P1710660


P1710661


P1710662
第21室に入室します。


P1710663
フレスコ画が描かれてます。


P1710665


P1710667


P1710670


P1710672


P1710673


P1710675


P1710674


P1710676


P1710677
(つづく)

第18室の続きです。
P1710577
部屋のフレスコ画、天井装飾を見ます。


P1710578
私にはフレスコ画制作者等の詳細が分かりません。


P1710579
天井装飾の詳細も分かりません。


P1710580


P1710582


P1710593


P1710594


P1710595


P1710596


P1710597


P1710598


P1710601


P1710602


P1710603


P1710604


P1710553
ルカ・シニョレッリの作品を見ます。


P1710552


P1710573


P1710549


P1710551


P1710559


P1710562


P1710564


P1710566


P1710567


P1710569


P1710572


P1710575


P1710576


P1710584


P1710585


P1710588


P1710591


P1710592


P1710607


P1710610


P1710614


P1710615


P1710616


P1710617


P1710618


P1710623
(つづく)

第16室の続きです。
P1710478


P1710501


P1710484


P1710485


P1710489


P1710492


P1710494


P1710495


P1710500


P1710503


P1710506


P1710508


P1710509


P1710511


P1710513


P1710543


P1710514


P1710516


P1710517


P1710519


P1710518


P1710520


P1710521


P1710525


P1710528


P1710529


P1710531


P1710532
第17室入室します。


P1710534


P1710535


P1710536


P1710537


P1710538


P1710539


P1710540


P1710541


P1710544


P1710546
第18室に入室します。


P1710547


P1710548


P1710554


P1710553
(つづく)

引き続き第14室です。
P1710393


P1710406


P1710397


P1710399


P1710402


P1710405


P1710407
第15室に入室します。


P1710456


P1710409


P1710411


P1710412


P1710413


P1710433


P1710417


P1710418


P1710421


P1710424


P1710426


P1710427


P1710429


P1710432


P1710434


P1710437


P1710438


P1710440


P1710442


P1710443


P1710447


P1710448


P1710450


P1710453


P1710455


P1710458
第16室に入室します。


P1710462


P1710463


P1710466


P1710467


P1710469


P1710470


P1710474


P1710476
(つづく)

引き続き第11展示室です。
P1710302


P1710304


P1710307
第12室に入室します。


P1710310


P1710312


P1710314


P1710317


P1710320


P1710322


P1710323


P1710325


P1710328


P1710329
第13室に入室します。


P1710331
表裏両面に描かれてます。


P1710337


P1710333


P1710339
両面に描かれてます。


P1710342


P1710344


P1710348


P1710351


P1710353


P1710355


P1710356


P1710357
第14室に入室します。


P1710360


P1710361


P1710363


P1710364


P1710367


P1710370


P1710373


P1710376


P1710379


P1710381


P1710384


P1710387


P1710389


P1710391


P1710392
(つづく)

P1710211
第9室に入室します。


P1710214


P1710215


P1710218


P1710220


P1710221


P1710224


P1710226


P1710228


P1710232


P1710235


P1710237


P1710240


P1710241


P1710245


P1710246


P1710247
第10室に入室します。


P1710248


P1710250


P1710252


P1710254


P1710255


P1710269


P1710258


P1710260


P1710262


P1710263


P1710266


P1710267


P1710270
第11室に入室します。


P1710306
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品の前に誰もいません。


P1710305
独り占めでゆっくりと鑑賞出来ました。


P1710273


P1710301


P1710276


P1710278


P1710281


P1710283


P1710284


P1710287


P1710289


P1710291


P1710294


P1710296


P1710297


P1710298


P1710299


P1710300
(つづく)

第6室の続きです。
P1710132


P1710135


P1710137


P1710138


P1710140


P1710141


P1710142
第7室に入室します。


P1710143


P1710144


P1710147


P1710150


P1710153


P1710154


P1710156


P1710158


P1710161


P1710162


P1710163


P1710166


P1710168


P1710171


P1710173


P1710176


P1710177


P1710181


P1710182
第8室に入室します。


P1710210
第8室の展示作品はベアート・アンジェリコの多翼祭壇画一点だけです。


P1710208


P1710207


P1710183


P1710187


P1710189


P1710190


P1710192


P1710195


P1710197


P1710198


P1710201


P1710203


P1710205


P1710209
(つづく)

P1710047
第5室に入室します。



P1710058


P1710061


P1710062


P1710065


P1710068


P1710069


P1710072


P1710073


P1710075


P1710077


P1710079


P1710080


P1710081


P1710083


P1710085


P1710087


P1710091


P1710094


P1710097


P1710099


P1710101


P1710103


P1710105


P1710106


P1710108


P1710109
第6室に入室します。


P1710110


P1710112


P1710115


P1710116


P1710119


P1710120


P1710122


P1710123


P1710124


P1710125


P1710126


P1710129


P1710130
(つづく)

P1710046
第4室です。


P1700958
表裏両面に描かれてます。


P1700965


P1700959


P1700960


P1700962


P1700968


P1700969


P1700970
表裏両面に描かれてます。


P1700974


P1700973


P1700980


P1700981


P1700983


P1700985


P1700987


P1700989


P1700992


P1700993


P1700995


P1700997


P1700999


P1710002


P1710005


P1710008


P1710011


P1710014


P1710015


P1710017


P1710019


P1710022


P1710024


P1710027


P1710028


P1710030


P1710033


P1710037


P1710038


P1710041


P1710042


P1710045
詳細不明です。作品紹介プレートがありません。
(つづく)

P1700893


P1700894


P1700897


P1700898


P1700901


P1700902


P1700903
第2室に入室します。


P1700904
シエナ派画家の作品が多いようです。


P1700907


P1700908


P1700911


P1700912


P1700913


P1700914


P1700916


P1700917


P1700918


P1700919


P1700921


P1700922


P1700923


P1700924


P1700925


P1700926


P1700927


P1700929


P1700930


P1700932


P1700934


P1700936


P1700937
第3室に入室します。


P1700939


P1700940


P1700941


P1700944


P1700945


P1700948


P1700949
第4室に入室します。


P1700951


P1700952


P1700954
詳細不明です。作品紹介プレートがありません。
(つづく)

065
大満足のバルデスキ美術館でした。


066
プリオーリ宮です。


067
国立ウンブリア美術館に入館します。


068
メインポータル上の彫刻はコピーです。


069
ライオン像


070
柱の彫刻


071


102
プリオーリ宮の中に入りました。


103
国立ウンブリア美術館に入館しました。


104
展示作品については既に取り上げました。


108
これは何でしょうか?


107
美術館や博物館の展示作品は何時も同じとは限りません。特に展示作品が多い所は、行く度に展示作品が微妙に変わります。
国立ウンブリア美術館に付いては既に取り上げましたが、改めて取り上げるのは展示作品が変わっていたからです。
展示作品の差し替えが行われる理由ですが、限られた展示スペースに比べて所蔵作品が多いこと、修復が必要、長く展示していると作品が劣化する等の理由が挙げられます。
ここで取り上げるのは2013年4月時点の展示作品です。


P1700833
作品画像と美術館の作品プレートの写真を掲載します。余計と思われる私自身の解釈を排除するのが目的です。


P1700836


P1700837


P1700838


P1700840


P1700842


P1700844
作品プレートがありません。


P1700846
第一室に入室します。


P1700848


P1700850


P1700853


P1700858


P1700859


P1700861


P1700864


P1700866


P1700868


P1700871


P1700875


P1700876


P1700879


P1700880


P1700882


P1700884


P1700887


P1700888


P1700889


P1700890


P1700891
(つづく)

P2490355
聖ビアージョ?


P2490356
カンポサンピエトロのサン・ビアージョ教区教会にありました。


P2490357
トンマーゾ・ダ・モデナ(モデナ、1326-1379)の「聖オルソラの物語」(1355-58c)のフレスコ画が展示されてます。


116
トレヴィーゾのサンタ・マルゲリータ・デリ・エレミターニ教会です。
「聖オルソラの物語」のフレスコ画は、この教会にありました。


117
現在は、教会活動を停止しています。
トンマーゾ・ダ・モデナは、トレヴィーゾに少なくても10年滞在しました。その間、幾つかの教会でフレスコ画などを制作しました。


P2490358
サントルソラ礼拝堂にあったフレスコ画は、11場面に分割されて展示されてますが、その展示は聖オルソラの物語の順番通りになっていません。
「大使に結婚申し入れを渡すイングランド王」
イングランド王は、ブルターニョ王の娘オルソラを息子の嫁に迎えようとして、大使を派遣して、その申し入れ文書をブルターニョ王に渡すように命じます。


P2490359
この場面がサントルソラ礼拝堂の何処にあったのかを示してます。


P2490360
イングランド王からの文書を読むブルターニョ王


P2490362


P2490363
聖オルソラの船出


124


P2490364


P2490366
ローマに到着して教皇に歓迎される聖オルソラ


P2490367


P2490369
教皇チアリ―コの夢


P2490370


P2490372
教皇帽を放棄する教皇


123


P2490373


P2490375
聖オルソラの母との別れ


118


119


120


121


P2490376


P2490377
この人がここから去りません。


P2490378
話す、話す、話す


P2490379
お手上げです。私が観ているのは当然気が付いてます。それでも立ち止まってます。呆れました。


122
イングランド王の息子、王子の洗礼
聖オルソラと結婚するために異教を放棄してキリスト教の洗礼を受ける王子です。


P2490303
栄光の聖オルソラ(写真再掲)


125


P2490301


P2490306
ローマへの巡礼(写真再掲)


P2490304


P2490309
聖オルソラの殉教(写真再掲)


P2490310


P2490381
キオストロ回廊に出ました。


P2490382
回廊の壁に描かれたフレスコ画を見ます。


P2490383


P2490384


P2490385


P2490386


P2490387


P2490388
墓石の展示


P2490389


P2490390


P2490392


P2490391
外に出ます。


P2490393
絵画部門の展示室が未整備のようで、見ることが出来た作品が相当限定されました。それが残念でした。


P2490394
柱廊のフレスコ画を見ます。


P2490395
これです。


P2490396
非常に充実した市立美術館です。
(おわり)

旧サンタ・カテリーナ教会の続きです。
P2490311
磔刑の礼拝堂です。


P2490312
サンタ・カテリーナ教会にあった、この教会オリジナルのフレスコ画です。


P2490314
トリッティコ(1352)


P2490315
トレヴィーゾのサン・パオロ修道院にありました。


P2490316
永遠なる父(1525-50c)


P2490317
何処にあったのか、は不明のようです。


P2490319
磔刑像(14世紀末-15世紀初頭)


P2490320
サン・テオニスト教会にありました。


P2490321
小作品が展示されてます。


P2490322
象牙細工の磔刑像です。


P2490323
「聖人たち」(14世紀後半-15世紀初頭)
左端はアレッサンドリアの聖カテリーナです。


P2490325
聖ルチア


P2490326
詳細不知


P2490328
聖アガタ


P2490329


P2490330
天井


P2490331


P2490332
三位一体


P2490335
受胎告知


P2490337


P2490338


P2490339
アレッサンドリアの聖カテリーナ


P2490340
14世紀後半のフレスコ画


P2490341


P2490342


P2490343


P2490344
騙し絵


P2490345
ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ(ファブリアーノ、1370-ローマ、1427)の「聖母子と聖マルゲリータ」(1412)
何処にあったのか、分からないようです。


P2490346
聖母子と四聖人
サンタ・カテリーナ教会にあったフレスコ画です。


P2490347
磔刑(1450-55c)


P2490348
ダーリオ・ダ・トレヴィーゾ(ポルデノーネ?、1420c-コネリアーノ、1498)の作品は、トレヴィーゾのサンタ・マルゲリータ・デリ・エレミターニ教会にありました。


P2490349
磔刑


111
天井


P2490351


112


P2490350


P2490352


113
詳細不知


P2490353
聖ビアージョ


P2490354
(つづく)

100
絵画、彫刻部門です。


101
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア、1480c-ロレート、1556/1557)の「ドメニコ会修道士の肖像」


102
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500-ヴェネツィア、1571)の「玉座の聖母子と聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖ジローラモ」


103
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500-ヴェネツィア、1571)の「キリストの復活」


104
ジョヴァンニ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1430-1516)の「聖母子」


105
ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ(ファブリアーノ、1370-ローマ、1427)の「聖母子と聖マルゲリータ」(1412)
現在は旧サンタ・カテリーナ教会で展示されてます。


106
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(ピエーヴェ・ディ・カドーレ、1488/1490-ヴェネツィア、1576)の「スペロ―ネ・スぺローニの肖像」(1544)


107
フランチェスコ・アイエツ(ヴェネツィア、1791-ミラノ、1882)の「家族の肖像」(1807)


108
ジャンドメニコ・ティエポロ(ヴェネツィア、1727-1804)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの説教」


109
ロザルバ・カッリエーラ(ヴェネツィア、1673-1757)の「女性の肖像」(1720-21c)
ロザルバ・カッリエーラは、パステルによる肖像画を得意にした女流画家です。


110
ロザルバ・カッリエーラ(ヴェネツィア、1673-1757)の「若い女性の肖像」(1720-21)


P2490273
旧サンタ・カテリーナ教会の中に入りました。


p1320615
旧サンタ・カテリーナ教会の構造図


P2490272
「サン・マルコの有翼のライオン」(15世紀)


P2490274
「磔刑像」(15世紀初め-中頃)


P2490275


P2490276
旧教会内にあるフレスコ画は、元々サンタ・カテリーナ教会にあったものと、他の教会にあったものを剥離して移設されたものが混在しているので、注意が必要です。


P2490277
「受胎告知される聖母」


P2490279


P2490282


P2490281
詳細不知


P2490280
トレヴィーゾにあったサンタ・マルゲリータ・デリ・エレミターニ教会にあったトンマーゾ・ダ・モデナ(モデナ、1326-1379)のフレスコ画「聖オルソラの物語」(1355-58c)が展示の中心です。


P2490283


P2490285


P2490287
相当イタミがあるフレスコ画です。


P2490289
トレヴィーゾのサンタ・マルゲリータ・デリ・エレミターニ教会のサントルソラ礼拝堂にあったフレスコ画です。


P2490288


P2490291


P2490290
「最後の審判」


P2490292
トレヴィーゾのサン・バルトロメオ教会にあったフレスコ画です。


P2490293
サンタ・カテリーナ教会のフレスコ画(14世紀)


P2490294
柱のフレスコ画(14世紀)はサンタ・カテリーナ教会に元々あったものです。


P2490295
ここでも剥離フレスコ画が展示されてますが、サンタ・カテリーナ教会サントルソラ礼拝堂にあったものです。


P2490297
トンマーゾ・ダ・モデナ(モデナ、1326-1379)の「玉座の聖母子」(1355-57c)


P2490298


P2490300
「栄光の聖オルソラ」


P2490301


P2490303


P2490304


P2490306


P2490307


P2490309


P2490310
(つづく)

P2490263
引き続き考古学部門の展示です。


P2490264


P2490265


P2490266


P2490267


P2490268


P2490269


p1320617
ローマ時代の肖像頭像です。


p1320618
有名な皇帝頭像もあります。


p1320619


P2490270
皇帝ネロ


P2490271


p1320643
女神フォルトゥーナ像(2-3世紀)


p1320644
女性の頭像(3世紀中頃)


p1320645
若きマルクス・アウレリウスの頭像(130-138c)


p1320646
男の頭像(2世紀)


p1320620
ローマ時代の「ヴィーナス」


p1320621
ローマ時代のボウル


p1320622
モザイク(2-3世紀)


p1320623
モザイク(3世紀)


p1320624
モザイク(3世紀)


p1320625
モザイク(3世紀)


p1320626
モザイク(2世紀中頃)


p1320627
ローマ時代の副葬品


p1320628
ローマ時代の副葬品


p1320629
副葬品(1世紀)


p1320630
副葬品(1世紀)


p1320631
副葬品(1世紀)


p1320632
ローマ時代のガラス製品


p1320633
墓碑(1世紀)


p1320634
墓石(1世紀)


p1320635
墓石(1世紀)


p1320636
墓石(1世紀)


p1320637
ローマ時代のランプ


p1320638
ローマ時代のランプ


p1320639
ローマ時代のランプ


p1320640
碑文(1世紀)


p1320641
ローマ時代のブロンズ製品


p1320642
解放奴隷の墓(1世紀)


p1320647
ローマ時代のガラス製品


p1320648
これで考古学部門を終わります。
(つづく)

P2490222
引き続き考古学部門の展示です。


P2490223


P2490224


P2490225
ローマ時代のモザイク


P2490226


P2490227


P2490228


P2490229


P2490230


P2490231


P2490232


P2490233


P2490234


P2490235


P2490236


P2490237


P2490238


P2490239


P2490240


P2490241


P2490242


P2490243


P2490244


P2490245


P2490246


P2490247


P2490248


P2490249


P2490250


P2490251


P2490252


P2490253


P2490254


P2490255


P2490256


P2490257


P2490258


P2490259


P2490260


P2490261


P2490262
(つづく)

134
カルロ・アルベルト通りの突き当りにサンタ・カテリーナ教会修道院があります。


137
サンタ・カテリーナ教会です。1772年に閉鎖されてから宗教活動が再開されることがない旧教会です。


136
こちらはサンタ・カテリーナ修道院だった建物です。


138
サンタ・カテリーナ教会修道院が建っている場所に、1283年からトレヴィーゾのシニョーリを務めるダ・カミーノ家の宮殿が建っていました。


p1320608
1306年、ダ・カミーノ家当主がその長男に宮殿内で殺害され、その長男も宮殿のロッジャで反乱軍によって暗殺され、ダ・カミ―ロ家はトレヴィーゾから追放されました。
追放後、ダ・カミ―ロ宮殿は放置され、荒廃しましました。


P2490210
1346年、マリアの下僕托鉢修道会が修道院建設を当時のポデスタに願い出ました。ポデスタは、荒廃したダ・カミーノ宮殿の土地と建物を与えました。
宮殿だった建物の一部を利用して、1346年、修道院と教会の建設が開始されました。


P2490204
1348年、ペスト禍によって建設工事が中断しましたが。ペストの流行が落ち着くと工事が再開され、15世紀初頭に完成しました。
当初は、サンタ・マリア修道院教会と呼ばれていましたが、後にサンタ・カテリーナ教会修道院と改称されました。


P2490212
1772年、修道院抑圧政策によってサンタ・カテリーナ教会修道院は閉鎖され、ヴェネツィア共和国の国有財産となりました。同年、競売が行われ、ベルフィオーレのフランチェスコ会三次尼僧の所有となりました。修道院抑圧政策で修道士を追放したにも拘らず、尼僧に落札させたのは矛盾のように思えます。


p1320609
1806年、ナポレオンの抑圧令によって、サンタ・カテリーナ教会修道院の建物はフランス軍に接収されて、軍事施設に転用されました。フランス軍の撤退後も国有の軍事施設として継続使用され、その状態は第二次世界大戦の終戦まで続きました。


p1320610
1944年4月7日と1945年3月10日の、ドイツ軍によるトレヴィーゾ空爆の際、修道院教会の建物は爆撃を受けて大きな被害を受けました。
戦後になっても建物の修復は未着手のまま放置されました。


P2490213
1974年、サンタ・カテリーナ修道院教会の建物に市立美術館の設置が決定されましたが、資金難のために建物の修復が中々進捗しませんでした。


P2490211
修復が済んだ建物の一部を使用して、市立美術館が2003年に部分開館しました。本格的な開館は2015年のことでした。
現在も建物の修復工事が継続されており、美術館は更に拡大されることになってます。


P2490205
修道院のファサード


P2490206
市立美術館の入り口です。


P2490207
月曜日が休館ですが、月曜以外は開館するものの毎日昼休みがあります。


144
サンタ・カテリーナ修道院教会の鐘楼です。


140
後陣


p1320611
修復が少し進んだ後陣


p1320612


p1320613
サンタ・カテリーナ教会ファサードの隣にあるCappella degli Innocentiのファサードです。


p1320614
Cappella degli Innocentiファサード上部にあるモノグラム


p1320615
サンタ・カテリーナ教会の構造図


152
美術館の扉が開きました。


151
入館します。


153
美術館は、考古学部門、絵画彫刻部門、サンタ・カテリーナ教会の三部門構成です。


154
入館すると先ずキオストロ回廊に出ます。


155
長期間、軍事用に転用され、第二次世界大戦における二度の爆撃を受けたので、20世紀後半に復元された回廊です。


156
それでもフレスコ画が僅かに残されてます。


157
回廊の壁のフレスコ画断片


158
回廊を経由して展示室に向かいます。


159
現代抽象画が回廊にありました。


160
現代抽象画は特別展示であって、常設ではないと思います。


p1320616
この日は階上で展示されていました。


P2490214
考古学部門から見て回りました。


P2490215
石器時代の展示


P2490216


P2490217


P2490218
青銅器


P2490219
鉄器


P2490220


P2490221
(つづく)

P1190864
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)の「聖アンドレア」


P1190865
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)の「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ(福音書記者聖ヨハネ)」


P1190866
詳細不知


P1190867
マティルデ・ディ・カノッサの墓(18世紀)
これは問題の墓です。1632年、サンタ・マリア礼拝堂に埋葬されていたマティルデの遺体が掘り起こされ、ヴァティカンに高額で売却したポリローネ修道院ですが、その罪滅ぼしのためでしょうか、18世紀にこの墓を造ったのです。中に遺体はありません。


P1190869


P1190868
詳細不知


P1190871
詳細不知


P1190872
ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499-マントヴァ、1546)の「聖ピエトロ」


P1190873


P1190875


P1190876
次の礼拝堂です。礼拝堂の名前を知りません。


P1190877
礼拝堂天井の装飾


P1190878


P1190879


P1190880


P1190881


P1190882


P1190883


P1190884


P1190885


P1190886


P1190887


P1190888


P1190889


P1190890


P1190891


P1190893
詳細不知


P1190894
本堂に戻りました。


P1190895


P1190896
ジュリオ・ロマーノと工房の作品


P1190897


P1190899
詳細不知


P1190900
詳細不知


P1190901
詳細不知


P1190902


P1190904


P1190905


P1190906


P1190907
詳細不知


P1190909
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)と工房の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ(洗礼者聖ヨハネ)」


P1190910
(つづく)

P1190822
引き続きサンタ・マリア礼拝堂です。


P1190809
壁にフレスコ画が残されてます。


P1190810
12世紀に描かれたフレスコ画です。


P1190832


P1190833


P1190834


P1190814
サンタ・マリア礼拝堂の天井装飾です。


P1190821


P1190815


P1190837


P1190841


P1190823
修復された柱頭でしょうか?


P1190829


P1190830


P1190831
磔刑像(詳細不知)


P1190835
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)と工房の「聖ラウレンティウス」


P1190836
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)の「聖ベネデット」


P1190839
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)と工房の「聖パオロ」


P1190840
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)と工房の「聖マルティーノ」


P1190842
聖歌隊席の上にも彫刻があります。


P1190838
詳細不知の祭壇画


P1190843


P1190844


P1190846


P1190845
聖歌隊席は、ヴィンチェンツォ・ロヴェッタと彼が率いる工房によって16世紀に制作されました。


P1190847


P1190848
聖歌隊席の一部はジュリオ・ロマーノのデザインと言われてます。


P1190849


P1190850


P1190851


P1190852


P1190857


P1190858


P1190853
聖歌隊席天井の装飾


P1190854


P1190855


P1190856


P1190859
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)と工房の「聖フロリアーノ」


P1190860
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)と工房の「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ(福音書記者聖ヨハネ)」


P1190861
詳細不知


P1190863


P1190862
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)と工房の「聖マウルス」
(つづく)

P1190780
ガイドさんが入り口扉を開錠して、ガイドさんと共に聖堂内に入りました。


P1190781
1797年、ナポレオンの抑圧令によって修道院が閉鎖されました。それ以来、聖堂の方は公的な宗教施設ではないとされてます。


P1190783
しかし、地元の村人は祈りを捧げるために訪れることが出来るようです。


P1190785
2012年5月29日に発生したマントヴァ付近の大地震によって大きな被害を受け、修復工事が行われていましたが、2014年、2015年に起きた、さほど大きくはなかった地震によって被害が拡大してしまいました。
ポー川とリローネ川に囲まれた島と、島周囲の河原を埋め立てて出来た、元々地盤が弱い土地の上に建設されたので、小地震でも被害を受けることが多く、修復工事が追い付かないそうです。
聖堂内に入ったものの、聖堂内の大部分が修復工事中で見学できないようになっていました。


P1190777
祭壇画は、逸名画家作「信仰の寓意」(16世紀)


P1190778
礼拝堂の祭壇


P1190779
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)の「聖シモーネ」


P1190788
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)の「聖マリア・マッダレーナ」


P1190786
礼拝堂天井の装飾


P1190787
この礼拝堂は危険ではないので、拝観出来ますが、修復工事が必要との事でした。建物の危険度によって、修復の優先順位を付けているそうです。


P1190789
磔刑の礼拝堂


P1190790


P1190792


P1190793
磔刑礼拝堂天井


P1190794


P1190795
サン・ベネデット礼拝堂


P1190796
通路の左右は修復工事中です。


P1190797
クーポラ


P1190799


P1190800


P1190801


P1190802


P1190804


P1190798
ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499-マントヴァ、1546)と工房の作品


P1190805


P1190806


P1190813
次はサンタ・マリア礼拝堂です。
ボニファチョ・ディ・カノッサ(985-1052)によって、11世紀に再建された修道院ですが、その時にサンタ・マリア礼拝堂も建設されました。


P1190820
トスカーナ女伯爵マティルデ・ディ・カノッサ(マントヴァ、1046-ローマ、1115)は、ポリローネ修道院に多大な寄付を行いましたが、ローマで没した彼女の遺体はポリローネ修道院に運ばれ、サンタ・マリア礼拝堂に埋葬されました。


P1190816
サンタ・マリア礼拝堂の祭壇画(詳細不知)


P1190807
サンタ・マリア礼拝堂の床のモザイク


P1190808
11世紀-12世紀のモザイク


P1190811
モザイクの所にマティルデ・ディ・カノッサの墓がありました。


p1190808
マティルデの墓の跡です。
1632年、マティルデの遺体が掘り起こされ、ヴァティカンに運ばれました。当時の修道院長が教皇に対して、非常な高額でマティルデの遺体を売却したのです。売る方も売る方であり、買う方も買う方です。


P1190812


P1190817


P1190818


P1190819


P1190826


P1190827


P1190828


P1190824
古そうな柱です。


P1190825
(つづく)

P1190740
引き続きワイン醸造所の荷車です。


P1190741
修道院と村人の関係は必ずしも良かったとは言えない時期が続いたそうです。


P1190742
関係が悪かったのは、無給、或いは非常な薄給で村人を徴用したからだそうです。


P1190743
前述のように、カノッサの屈辱で有名なトスカーナ女伯爵マティルデ・ディ・カノッサ(マントヴァ、1046-ローマ、1115)はこの修道院で埋葬され、1632年にローマのサン・ピエトロ大寺院に移されました。
その理由を知ると嫌になります。


P1190744
当時の修道院長が、第235代教皇ウルバーノ8世(フィレンツェ、1568-ローマ、1644 在位:1623-1644)にマティルデの遺体を売ったのです。


P1190745
しかも非常な高額での取引だったと伝えられてます。
キリスト教の初期には、聖人の聖遺物が祭壇の下にないと、教会建設できなかったので、聖遺物の最たるものである聖人の遺体は高額で取引されることがありましたが、マティルデ・ディ・カノッサは聖人ではありません。


P1190746
修道院の荷車に描かれる図柄では異質になります。


P1190747
この半地下の場所は洪水の時にはどうしたのでしょうか?


P1190749
彫刻も見どころです。


P1190750


P1190751
絞り器


P1190756
外に出ました。


P1190596
次は聖堂です。


P1190509
前述のように修道院教会はジュリオ・ロマーノ聖堂とも呼ばれてます。12世紀に再建された教会はロマネスク様式でしたが、後に一部改造されてロマネスコ・ゴシック様式の建物になりました。
そのロマネスク・ゴシック様式を出来るだけ生かして、ジュリオ・ロマーノによって1540年から1545年に拡大改造されて現在の姿になりましたが、ジュリオ・ロマーノの功績をたたえるために1547年にジュリオ・ロマーノ聖堂と呼ばれるようになったのです。


P1190933
聖堂ファサードに向かって右側に塀と門が設けられてます。


P1190934
塀の上に聖人たちの彫像が置かれてます。


P1190935
彫像の制作者等の情報を知りません。


P1190931
ファサード下部に柱廊が設けられてます。


P1190929


P1190930
柱廊天井


P1190927


P1190928
中央入り口扉上ルネッタにフレスコ画があります。


P1190502
ルネッタのフレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499-マントヴァ、1546)によって制作されました。


P1190504
ファサードの左右の壁龕にアダムとエヴァ(イヴ)の彫刻があります。


P1190503
制作者は不明のようです。


P1190505


P1190506


P1190758
次は木製の入り口扉です。


P1190759
ガイドが熱心に説明してくれたので、芸術性の高い貴重な扉なのでしょう。


P1190760
いくら見ても傑作には思えなかったので、ガイドさんの説明は馬の耳に念仏でした。


P1190761
ジュリオ・ロマーノのデザインによって1547年に制作された扉です。


P1190762
制作したのは、ヴィンチェンツォ・ロヴェッタ工房だそうです。


P1190763


P1190764
熱心な説明をフンフンと頷きながら、さも興味があるように撮った写真です。


P1190765
ガイドさんと一対一は、かなり気を使います。


P1190766


P1190767


P1190768


P1190769


P1190770


P1190771


P1190772


P1190773
(つづく)

P1190693
サン・ベネデットのキオストロに戻りました。


P1190696
サン・ベネデットのキオストロから見た聖堂


P1190556
次は修道院食堂です。


P1190698
現存する食堂は、1478年に建設されました。


P1190757
食堂入り口壁の案内標識


P1190699
食堂の中に入りました。
修道院食堂の定番とも言える最後の晩餐があります。ただ、有り難がって見るべき最後の晩餐ではありません。


P1190701
「最後の晩餐」とそれを取り囲むフレスコ画の制作者が異なります。


P1190700
ジローラモ・ボンシニョーリ(ヴェローナ、1472-マントヴァ、1529)の「最後の晩餐」(1514c)
実は、ここにあるのは本物の精巧な写真です。本物のキャンバス画はロヴィーゴの市立美術館にあります。


P1190702
ジローラモ・ボンシニョーリは、フラ・ボンシニョーリとも呼ばれたドメニコ会の修道士画家で、レオナルド・ダ・ヴィンチの強い影響を受けた画風でした。
この「最後の晩餐」もレオナルドの「最後の晩餐」に酷似しています。


P1190707
トリノ大聖堂にレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」のコピー画がありますが、技量の点ではトリノの方が勝るように思います。


P1190705
ここの見所としては、「最後の晩餐」を取り囲むフレスコ画です。こちらは本物です。


P1190706
礼拝堂を模した騙し絵です。


P1190704
フレスコ画(1514c)は、アントニオ・アッレグリ通称イル・コッレッジョ(コッレッジョ、1489c-1534)に帰属します。


P1190708


P1190709


P1190710
壁龕、そこに置かれた彫刻などは騙し絵のフレスコ画です。制作者等の情報が分かりません。


P1190711
天井のフレスコ画


P1190712
修復工事が行われていたので、立ち入り禁止になってました。


P1190713


P1190714


P1190715
写真ですが、敬意を表して最後の晩餐をもう一度見てから先に進みます。


P1190717
食堂からワイン醸造所に続く通路です。ここは、ワインの熟成所だった場所です。


P1190718
碑文が展示されてます。
1585年、天正遣欧少年使節の一行がポリローネ修道院に訪れましたが、その記念碑も展示されています。


P1190719
修道院の柱、柱頭、彫刻などが展示されてます。


P1190720


P1190721
聖ロムアルド(制作者情報不知)


P1190722


P1190753


P1190723
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499-1565)の「聖母子」


P1190727
ワイン醸造所です。ワイン醸造は修道院の主要事業の一つでした。


P1190726


P1190728
ブドウの摘み取り、ワインの移送など様々な用途に使用された荷車が展示されてます。


P1190729


P1190730


P1190731


P1190732


P1190733


P1190734
修道院の荷車らしく聖職者が描かれてます。


P1190735


P1190736


P1190738


P1190739
(つづく)

P1190650
サン・シメオーネのキオストロ回廊です。


P1190658
現存するサン・シメオーネのキオストロ回廊は1458年から1480年に建設されました。


P1190663
後期ゴシック様式の柱廊です。


P1190651
柱廊の壁ルネッタにフレスコ画があります。


P1190652
15世紀後半にフランドルの画家数名によって制作されたと帰属されてます。


P1190655
ルネッタのフレスコ画のテーマは、聖シメオーネの生涯の物語となってます。


P1190653
天井に修道士、司教が描かれてます。
これもフランドルの画家数名の作品です。


P1190654
色褪せてはっきり見えない所は、当初、教皇が描かれていたそうです。


P1190656
暇そうに立っている人は、この日のガイドさんです。客が私一人で、私が熱心に見て回るので、その間、暇を持て余したようでした。


P1190657


P1190659


P1190660


P1190661


P1190662


P1190663


P1190664


P1190665


P1190666


P1190667


P1190668


P1190669


P1190671


P1190672


P1190673


P1190674


P1190675


P1190676
サン・シメオーネのキオストロ


P1190678
サン・シメオーネの柱廊から修道院修士会堂 Sala del Capitoloに入りました。


P1190677
1007年、テダルド・ディ・カノッサ伯爵(?-1012)によって創建された修道院の一部が残されてます。


P1190679
最初に建設された建物の土台


P1190680
ロマネスク様式の建物でした。


P1190681


P1190682


P1190683


P1190684
20世紀に修復された柱頭


P1190685


P1190686
1458年から1459年に改造されたクロスヴォールトです。


P1190687


P1190688


P1190689


P1190690


P1190691


P1190692
(つづく)

次は、民族学博物館 Museo Civico Polironianoです。
P1190609
修道院の僧房が展示室になってます。


P1190610
展示室は10室から成ってますが、同じ僧房でも数室になっている場合があって、僧房が10室ある訳ではありません。
第1室の「穀物の栽培」です。


P1190611
第2室の「馬小屋と牛乳の供給」


P1190612
中世の村人は人形で表現されてます。


P1190614
第3室の「チーズの製造」


P1190613
第4室の「サラミ製造」


P1190615
第5室の「農村社会」


P1190616
僧房のフレスコ画


P1190617
第6室の「村人の生活」


P1190618
第6室です。


P1190619


P1190620
部屋の装飾


P1190621


P1190622


P1190623


P1190624
第7室の「村人の生活」


P1190625
馬車の装飾


P1190626
フレスコ画の詳細等については、私は全然分かりません。


P1190627
第8室の「交易と職業」
展示は特産品のようです。


P1190628
第9室の「農村社会」


P1190630
機織り機?


P1190631
女性の生活


P1190632
農機具


P1190629
第10室の「学校の教室」


P1190633
部屋のフレスコ画断片(詳細不知)


P1190634
個人用の祈りを捧げるもの


P1190635


P1190636
部屋のフレスコ画


P1190637


P1190638


P1190639


P1190640


P1190641


P1190642


P1190643


P1190644


P1190645


P1190646


p1190809
民族学博物館を出ます。


P1190647
柱廊に出ました。


P1190648
聖堂のクーポラ


P1190649
サン・シメオーネのキオストロです。
(つづく)

P1190517
次は、ポリローネ修道院 Abbazia di San Benedetto in Polironeです。
修道院聖堂の複合施設であり、またMuseo Civicoなので、カテゴリーをどうするか迷う所ですが、全部を含めて一枚の切符で見学できることから敢えて「美術館」のカテゴリーに入れました。


p1190806
複合施設の全体像は、航空写真で分かると思います。


P1190527
切符は観光案内所で買うことが出来ます。見学は原則としてガイド付きツアーになってます。
建物の概略図 1は修道院聖堂、教会です。2.修道院食堂 3.サン・シメオーネの中庭 4.サン・ベネデットの中庭 5.在家の中庭 6.ワイン醸造所(修道院の主要産業がワイン醸造でした) 7.修道院修士会堂 8.Museo Civoco Polironiano


p1190807
広大な面積に加えて見所が沢山あるので、全部を見ようとすると、相当な時間と労力が必要となります。


P1190947
ブレーシャ、モデナ、フェッラーラ、レッジョ、マントヴァの伯爵テダルド・ディ・カノッサ(10世紀後半生まれ-1012没)によって1007年に創建された修道院です。
テダルド・ディ・カノッサは、カノッサの屈辱で有名なトスカーナ女伯爵マティルデ・ディ・カノッサ(マントヴァ、1046-ローマ、1115)の祖父です。
修道院は7人の修道士がいるだけの小さなものだったそうです。やがて小さな教会も建設されました。


P1190945
ポー川とその支流リローネ川に囲まれた修道院は、創建以来洪水被害に悩まされていました。
11世紀、テダルドの息子で、マティルデの父ボニファチョ・ディ・カノッサ(985-1052)によって修道院は拡大されると共に教会が再建されました。
教会は、12世紀にさらに再建され、1130年に奉献式が執り行われました。
修道院内に現存するサンタ・マリア礼拝堂はボニファチョ・ディ・カノッサによって建設されました。


P1190514
1077年、修道院はベネデット会に渡されました。


P1190501
トスカーナ女伯爵マティルデ・ディ・カノッサ(マントヴァ、1046-ローマ、1115)は、修道院に対して多大な寄付を行いました。その寄付のお陰で裕福な修道院になりました。
ローマで没したマティルデの遺体は、運ばれてポリローネ修道院のサンタ・マリア礼拝堂に安置されました。現在、マティルデの墓はヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂にありますが、1632年に彼女の遺体がポリローネ修道院から移されました。


p1190808
サンタ・マリア礼拝堂にあるマティルデ・ディ・カノッサの墓跡です。


P1190926
サン・ベネデット・イン・ポリローネ聖堂は、別名ジュリオ・ロマーノ聖堂と呼ばれてます。
1540年、修道院と教会の修復がジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499-マントヴァ、1546)に委嘱されましたが、1547年に完成した聖堂です。


P1190520
1797年、ナポレオンの抑圧令によって修道院が閉鎖されてしまいました。
その間、ポリローネ修道院は、政治的にも、文化的にも、宗教的にも、そして経済的にも、この地方一帯における歴史の中で重要な役割を果たしました。


P1190547
修道院は、困窮者の救済に当たるとともに、彼らの一時的な住居となりました。


P1190562
観光案内所兼切符売り場で、ガイドと待ち合わせて見学に出発しました。この日の客は、私一人でした。
最初はサン・ベネデットのキオストロです。


P1190564
写真左が聖堂(教会)、写真右が修道院食堂ですが、その間にあるのがサン・ベネデットの中庭です。


P1190566
中庭を囲んで回廊が設けられてます。


P1190565
サン・ベネデットのキオストロ回廊です。


P1190559
回廊の壁のルネッタ上にフレスコ画があります。


P1190568
フレスコ画のテーマは、聖ベネデットの生涯の物語です。


P1190571
1475年頃に描かれたフレスコ画です。
フレスコ画の制作者は不明とされてますが、絵画を描く修道士の可能性があるそうです。この当時、修道士画家がいる修道士会は珍しくありませんでした。


P1190572


P1190573


P1190574


P1190575


P1190576


P1190577


P1190578


P1190579


P1190580


P1190581


P1190582


P1190583


P1190584


P1190585


P1190586


P1190588
2012年5月29日、マントヴァ地方を襲った大地震によって建物は大きな被害を受けました。また、その2年後の2014年、さらに2016年にも地震に見舞われて、修復工事が追い付かない状況になってます。


P1190589
2つの川の川中島に、その周囲を埋め立てた土地に建設されたので、元々地盤が悪く建物の強度に問題があるとされてます。


P1190567
また、度々洪水に見舞われたので、その影響によって地震に弱いそうです。


P1190569


P1190606
次は在家のキオストロです。


P1190607
キオストロ回廊があります。回廊にはフレスコ画がありません。


P1190601
中庭を囲む建物L'Infermeria Nuovaの彫刻


P1190602
在家の回廊です。


P1190603
修復工事中の回廊の彫刻


P1190605
柱によって建物を支えてます。これから本格的な修復工事が行われるようです。


P1190608
(つづく)

P1780057
次の部屋です。


P1780060
グレゴリオ・パガーニの作品が2点並べられてます。


P1780061


P1780062


p1780362
グレゴリオ・パガーニ(フィレンツェ、1558-1605)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」と「聖ロレンツォ」


p1780363
グレゴリオ・パガーニは、画家の息子で、父に基本を習った後、サンティ・ディ・ティートに師事しました。その後、チゴリ工房に加わり、チゴリの協力者として腕を磨きました。


p1780364
日本では低評価のパガーニですが、16世紀第4四半世紀から17世紀初頭のフィレンツェを代表する画家とされてます。弟子にクリストファノ・アローリ、マッテオ・ロッセリなどがいました。


P1780065
祭壇前飾りです。


P1780066


p1780365


P1780069
「父なる神と天使たち」(1597)


P1780070
マッテオ・ニゲッティ(フィレンツェ、1570-1648)とヤコポ・パゴリーニ(パオリーニとも称す)(カステル・フィオレンティーノ、?-16世紀末没)の作品です。


p1780366


P1780073
ジョヴァンニ・マンノッツィ通称ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1592-フィレンツェ、1636)の「幼きキリストと聖ジュゼッペ」(1630)


P1780074


p1780367


P1780077
ジョヴァンニ・マンノッツィ通称ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1592-フィレンツェ、1636)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの斬首」(1620)


P1780078
ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニの代表作とされている傑作です。


P1780088
カラヴァッジョの作品を多分見たことがないと思われるジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニですが、表現が少し似ていると思います。


p1780368


p1780369


p1780370


p1780371


p1780372


P1780080
天使の燭台(1690c)


P1780084


p1780373
隣のサン・ロレンツォ教会にありました。


P1780086
ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1592-フィレンツェ、1636)の「聖母の結婚」(1621)


P1780087


p1780374


p1780375


P1780090
このような美術館の定番とも言うべき展示物ですが、興味がありません。


P1780091
坊主の装束


P1780092


p1780376


p1780377


P1780094


P1780097


P1780098
外に出る前に、この作品前で暫し熟視。


P1780101
外に出ました。
(つづく)

P1780029
お目当ての作品です。


P1780026
この展示室で唯一の展示作品です。


P1780030
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1395c-ローマ、1455)の「受胎告知」(1432c)
10年ほど前まではベアート・アンジェリコの帰属作品とされていましたが、近年になって研究が進んで、真作とされるようになりました。しかし、今なお異論を出す研究者などがいます。


p1780334ベアート・アンジェリコが完成させてから1438年まで、この作品の行方が不明とされています。
確実なことは、サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノの郊外モンテカルロのサン・フランチェスコ修道院に1438年から20世紀末まで、この作品が置かれていたことです。
最も相応しいとされる推論は、アンジェリコが制作したのは受胎告知部分だけで、裾絵はアンジェリコの協力者で、フィレンツェの名家ストロッツィ家の一員ザノービ・ストロッツィによって描かれたのですが、裾絵制作のために、何処かにあったという説です。
(写真は、モンテカルロのサン・フランチェスコ修道院)
ベアート・アンジェリコは、大画面の受胎告知を3点制作したことが分かってます。
第一作は、コルトーナの教区美術館にある、所謂コルトーナの受胎告知(1430c)です。
第二作が、このサン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノの受胎告知(1422c)とされてます。
第三作が、プラド美術館にある、所謂プラドの受胎告知(1435)です。
参考までに、コルトーナとプラドの作品画像を載せておきましょう。


p1780336
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1395c-ローマ、1455)の「受胎告知(コルトーナの受胎告知)」(1430c)
コルトーナのジェズ教会にありました。


p1780337
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1495c-ローマ、1455)の「受胎告知(プラドの受胎告知)」(1435)
フィエゾレのサン・ドメニコ修道院にありましたが、1611年にスペイン国王に売却されて、スペイン王室所有となりました。
ベアート・アンジェリコの受胎告知では、フィレンツェのサン・マルコ修道院にある2点のフレスコ画が有名です。


p1780339
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1395c-ローマ、1455)の「受胎告知(サン・マルコの受胎告知)」


p1780338
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1395c-ローマ、1455)の「受胎告知」
フィレンツェ、サン・マルコ修道院の第3僧房にあります。


P1780056


P1780035
サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノの作品に戻ります。


P1780034
父なる神


P1780038
受胎告知する大天使ガブリエーレ


P1780040
受胎告知される聖母


P1780025
プレデッラを見ます。
前述のようにプレデッラは、ベアート・アンジェリコの協力者だったザノービ・ストロッツィ(フィレンツェ、1412-1468)によって描かれました。
裾絵ですが、「キリスト生誕」の部分が欠落していると言われてます。


P1780043
聖母の結婚


P1780047
ご訪問


P1780049
マギの礼拝


P1780051
キリストの神殿奉献


P1780054
聖母の死


p1780335
詳しく見ます。


p1780340
サイズは、縦195cm、横158cmです。


p1780341
受胎告知と父なる神がベアート・アンジェリコの作品です。


p1780342
大天使ガブリエーレ


p1780343
金が使われてます。


p1780347


p1780344
左上部分に注目です。


p1780348
左上にアダムとイヴの楽園追放が描かれてます。


p1780346
聖母マリア


p1780349


p1780350


p1780351


p1780352


p1780353
父なる神


p1780354


p1780355


p1780356
プレデッラ


p1780357
聖母の結婚


p1780358
ご訪問


p1780359
マギの礼拝


p1780360
キリストの神殿奉献


p1780361
聖母の死


P1780027
(つづく)

P1770993
15世紀のフィレンツェの逸名画家作「パドヴァの聖アントニオ」


P1770995
上部ルネッタは受胎告知です。


p1780310


p1780311
注文者は特定されてません。


p1780312
描かれている注文者は多分夫婦でしょう。


P1770997
ヤコポ・デル・セッライオ(フィレンツェ、1441-1493)の「受胎告知」(1472c)


P1770999
ヤコポ・デル・セッライオは、フィリッポ・リッピの弟子でした。


P1780002


P1780003
プレデッラ


P1780005


P1780007


P1780009


p1780313


p1780314
受胎告知する大天使ガブリエーレ


p1780315
受胎告知される聖母


p1780316
プレデッラ


p1780317
幼きキリストを崇拝する聖母


p1780318
聖セバスティアーノ


P1780011
ジョヴァンニ・ディ・セル・ジョヴァンニ通称ロ・スケッジャ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1406-フィレンツェ、1486)の「玉座の聖母子と四聖人」


P1780013


p1780319


p1780320


p1780321
アレッサンドリアの聖カテリーナと聖ジョヴァンニ・バッティスタ


P1780016
ドメニコ・ディ・ミケリーノ(フィレンツェ、1417-1491)の「玉座の聖母子と聖人たち」(1450-60c)


P1780017
ドメニコ・ディ・ミケリーノは、ベアート・アンジェリコの強い影響を受けた画家です。本名ドメニコ・ディ・フランチェスコでした。ミケリーノ・ディ・ベネデットに師事しましたが、師匠から技量卓越が認められ、師匠の名前ミケリーノの使用が許されたことで、ドメニコ・ディ・ミケリーノを名乗ったとされてます。
ヴァザーリに拠れば、ベアート・アンジェリコの弟子とされてます。


p1780322
聖人が特定されてます。


p1780323
聖アントニオ・アバーテ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖マルゲリータ


p1780324
聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖マルゲリータ


p1780325
聖マルゲリータ


p1780326


p1780327
聖母子


p1780328


p1780329
聖ヤコポ、聖マリア・マッダレーナ


p1780330
聖マリア・マッダレーナ


p1780331
聖ピエトロ・マルティーレ


P1780019


P1780020
17世紀のトスカーナの金工家作「行列用十字架」(17世紀)


P1780021



p1780333


p1780332


P1780022


P1780023


P1780024
(つづく)

P1770960
文書です。


P1770961
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ祈祷所の1712年から1734年の決議と状況について記した記録文書です。


p1780283
筆記体の文書を読むのが苦手です。


P1770962


P1770964
フィレンツェの逸名彫刻家作、またはナンニ・ディ・バルトロ通称イル・ロッソ(フィレンツェ、1419-1437活動記録)作かもしれない「聖ロレンツォ」


p1780284


P1770965
ナンニ・ディ・バルトロ通称イル・ロッソはドナテッロの弟子でした。


P1770967
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ祈祷所の記録文書です。


p1780285
日によって違うページが開かれてます。


P1770968
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ祈祷所記録文書の1484年から1655年の章です。


P1770971
ジョヴァンニ・ディ・セル・ジョヴァンニ通称ロ・スケッジャ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1406-フィレンツェ、1486)の「聖母子」


p1780286


p1780287


p1780288


P1770972


P1770974
ジョヴァンニ・ディ・セル・ジョヴァンニ通称ロ・スケッジャ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1406-フィレンツェ、1486)の「音楽天使たちの合唱」(1440-50c)


P1770976


p1780289


p1780290


p1780291


p1780292


p1780293


p1780294


p1780295


P1770978
パオロ・ディ・ステファノ・バダローニ通称パオロ・スキアーヴォ(ローマ、1397-ピサ、1478)の「聖ビアージョ」


P1770980


p1780296


p1780297


P1770982
ジョヴァンニ・ディ・セル・ジョヴァンニ通称ロ・スケッジャ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1406-フィレンツェ、1486)の「トラヤヌス帝と未亡人の物語」(1430-40c)


p1780298


p1780299


p1780300


p1780306


p1780307


p1780308


p1780309


P1770989
マリオット・ディ・クリストファノ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1395c-フィレンツェ、1457)の「聖母と聖ルチアとキリスト」(1420-25c)


P1770990


p1780301


p1780302


p1780303
プレデッラの聖アゴスティーノ


p1780304
大天使聖ミケーレ


p1780305
聖エレモシア
(つづく)

サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノのドゥオーモ付属美術館 Museo della Basilica di Santa Maria delle Grazieについては既に書きましたが、改編して再度アップすることにします。
P1770896
マザッチョ広場に面して、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ聖堂(写真右)とサン・ロレンツォ教会(写真左)の2つの教会が建ってます。


P1770905
2つの教会に挟まれた建物が司祭館です。


P1770915
この建物にドゥオーモ付属美術館があります。


P1770914
付属美術館の設立は、1864年でしたが、1959年に再編成されました。1990年から一般公開されるようになりました。2003年に改装のため一旦休館となりましたが、2005年に改装再オープンされて現在に至ってます。


P1770916
美術館の入り口です。


p1780269
入口にある紋章


P1770917
展示室に向かいます。


P1780100
展示室の入り口です。
展示室は6部屋から成ってます。


P1780099
展示室内に入りました。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ聖堂にあった作品が展示の中心ですが、街のPalazzoや他の教会から集められた作品が展示されてます。
14世紀から20世紀にわたる絵画、彫刻、調度品、本などが展示されてます。


P1770920
フィレンツェ派逸名画家作「聖母子と五色鶸(ひわ)」(18世紀初め)


P1770921
幼きキリストが手にしているのが五色鶸 cardellinoです。


P1770922
展示作品数は多くありません。


P1770924
マリオット・ディ・ナルド(フィレンツェ、1364-1424)の「聖母と聖マリア・マッダレーナと三位一体と聖人たち」(1400-05)


p1780270


P1770931


P1770926
中央パネル


p1780271


p1780272


P1770927
左パネル


P1770930
右パネル


P1770934
ジョヴァンニ・デル・ビオンド(プラートヴェッキオ、?-フィレンツェ、1356から記録 1399没)の「神の祝福」(1374)


p1780273


P1770935


P1770937
ジョヴァンニ・デル・ビオンド(プラートヴェッキオ、?-フィレンツェ、1356から記録 1399没)の「ピエタのキリスト」(1374)


P1770936


p1780274


P1770939


P1770941
マリオット・ディ・クリストファノ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1395c-フィレンツェ、1457)の「玉座の聖母子と四聖人と発注者」


p1780275


P1770943


P1770945
ジョヴァンニ・ダ・ピアモンテまたはジョヴァンニ・ディ・ピアモンテ(トスカーナ、15世紀中頃活動)の「大天使ラッファエーレとトビアス」


p1780276


p1780277


p1780278


P1770951


P1770954
パオロ・ディ・ステファノ・バダローニ通称パオロ・スキアーヴォ(ローマ、1397-ピサ、1478)の「聖アンサーノ」


p1780279


P1770955


P1770956
パオロ・ディ・ステファノ・バダローニ通称パオロ・スキアーヴォ(ローマ、1397-ピサ、1478)の「音楽天使たちの合唱」


p1780280


p1780281


p1780282


P1770959
(つづく)

521
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430-アスコリ・ピチェーノ、1495)の「マチェラータの聖母」(1470-73)
この博物館を代表する作品です。詳細画面を次に。


522


523


524


525


526
ジョヴァンニ・ディ・コッラドゥッチョ・ダ・フォリーニョ通称マッザフォルテ(フォリーニョ、1370c-1440c)に帰属する「聖母子と聖人たち」(1414-15c)
詳細画面を次に。


527


528


529


530
アンドレア・ボスコーリ(フィレンツェ、1560-1607)の「チントラの聖母と聖ロレンツォと聖トンマーゾと聖フランチェスコ」(1604)


531
見たことがある作品ですが、顔が違うようです。
アンドレア・ポッツィ(ローマ、1777-1837)の「グイド・レーニ作『ベアトリーチェ・チェンチ』の模倣画」(1800-37)
コピー画ならば、顔をもう少し似せて描くでしょう。


532
マルケの逸名画家作「聖ジュリアーノ」(17世紀後半)


533
逸名画家作「ロレートの聖母」(1590-1610c)


534
逸名画家作「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀)


535
逸名画家作「悔悛のマッダレーナ」(17世紀前半)


536
逸名画家作「キリストの鞭打ち」(17世紀)


537
逸名画家作「戦士、女性、老人がいる風景」(18世紀)


538
逸名画家作「聖フランチェスコ」(17世紀前半)


539
ジュゼッペ・チェーザリ通称カヴァリエール・ダルピーノ(アルピーノ、1568-ローマ、1640)の「聖セバスティアーノ」(1630-35c)


540
カルロ・ドルチ(フィレンツェ、1616-1686)に帰属する「涙の聖母」


541
カルロ・マラッタ(カメラーノ、1625-ローマ、1713)の「自画像」


542
チャールズ・メリン(ナンシー、1597-ローマ、1649)に帰属する「三人の男」(17世紀前半)


543
クリスチャン・べレンツ(ハンブルク、1658-ローマ、1722)に帰属する「果実の静物画」


544
アントニオ・ピア―ニ(マチェラータ、1747-1825)の「羊飼いの礼拝」(18世紀後半)


545
ドメニコ・コルヴィ(ヴィテルボ、1721-ローマ、1803)の「三位一体と聖ベネデットと聖スコラスティカ」(1783)


546
フェデリーコ・ツッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1539-アンコーナ、1609)の「モーゼに扮したミケランジェロの肖像」(1593c)


547
フェデリーコ・ツッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1539-アンコーナ、1609)の「イザヤの扮したラッファエッロの肖像」


548
フランチェスコ・ボニフォルティ(マチェラータ、1594-1671)の「天使によって悼まれたキリスト」(17世紀第2四半世紀)


549
フランチェスコ・ポデスティ(アンコーナ、1800-ローマ、1895)の「アントニオ・ボンフィーリの肖像」


550
フランチェスコ・ソリメーナ(カナレ・ディ・セリーノ、1657-ナポリ、1747)の「洞窟に向かうエネアとディドーネ」(1700-40c)


551
ガスパーレ・ガスパッリーニ(マチェラータ、?-1590)の「聖母子とパドヴァの聖アントニオ」(1584)


552
ジョヴァン・バッティスタ・ベイナスキ(トリノ、1636-ナポリ、1688)の「時の寓意」(1675-80)


553
クロード・ジョセフ・ヴェルネ(アヴィニョン、1714-パリ、1789)の「漁民と海」(1750-90c)


554
市の塔の時計のからくり人形(1569-70c)


555
現代絵画の展示も充実してます。
地元出身の画家グアルティエーロ・べインズ(マチェラータ、1856-フィレンツェ、1938)の作品を紹介して終わりにします。
グアルティエーロ・べインズ(マチェラータ、1856-フィレンツェ、1938)の「フィレンツェのヴィッラ・プッチの門」(1905)


556
グアルティエーロ・べインズ(マチェラータ、1856-フィレンツェ、1938)の「フィレンツェのダヴァンツァ―ティ広場の古い家」(1890-1905c)


557
グアルティエーロ・べインズ(マチェラータ、1856-フィレンツェ、1938)の「フィエゾレのサンドリーニ通り」(1903)


558
グアルティエーロ・べインズ(マチェラータ、1856-フィレンツェ、1938)の「フィレンツェのマリ通り近くの家」(1903)


559
グアルティエーロ・べインズ(マチェラータ、1856-フィレンツェ、1938)の「若い女性の庭」(1903)


560
グアルティエーロ・べインズ(マチェラータ、1856-フィレンツェ、1938)の「フィレンツェのマリア家の庭」(1905)
(つづく)(マチェラータ市立博物館の項:おわり)

378
フランチェスコ・マンチーニ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1679-ローマ、1758)の「異教徒を全滅させる教会」


487


379
ジュゼッペ・ガンバリーニ(ボローニャ、1680-カザレッキオ・ディ・レノ、1725)の「金色の茎を撮るエネア」


488


380
ニッコロ・リッチョリーニ(ローマ、1687-1772)の「プットたち」


489


382
ニコロ・バンビーニ通称カヴァリエール・バンビーニ(ヴェネツィア、1651-1736)の「トロイの崩壊をディドーネに話すエネア」


490


383
ルイージ・ガルツィ(ピストイア、1638-ローマ、1721)の「鍛冶するウルカヌスとヴィーナス」


491


384
パオロ・デ・マティス(ピアーノ・ヴェトラレ、1662-ナポリ、1728)の「エネアに鎧を差し出すヴィーナス」


492


385
ジャコモ・デル・ポー(パレルモ、1654-ナポリ、1726)の「Il Duo Tevere」


494


495
ニッコロ・リッチョリーニ(ローマ、1687-1772)の「プットたち」


496
ミケーレ・ロッカ通称イル・パルミジャーノ(パルマ、1671-ヴェネツィア、1751)の「処女の殉教」(1700-50c)
パルミジャニーノと混同してはいけません。


497
マチェラータの逸名画家作「マチェラータ有力者の紋章?」(17世紀)


498
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536-フィレンツェ、1603)の「若い男の肖像」


499
シピオーネ・プルツォーネ(ガエータ、1540/1542c-ローマ、1598)の「アレッサンドロ3世・ファルネーゼ枢機卿の肖像」(1579)


500
ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ通称イル・サッソフェッラート(サッソフェッラート、1609-ローマ、1685)の「祈る聖母」


501
アレッサンドロ・トゥルキ通称ロルベット(オルベット)(ヴェローナ、1578-ローマ、1649)の「獄中の聖アガタを訪ねる聖ピエトロと天使」(1616-18)


502
17世紀のフランドルの逸名画家作「牧歌的な光景」


503
17世紀のエミリアの逸名画家作「聖ピエトロ」


504
17世紀のエミリアの逸名画家作「使徒の頭」


505
ピエル・レオーネ・ゲッツィ(ローマ、1674-1755)の「ガブリエーレ・フィリップッチ枢機卿の肖像」(1706)


506
マルコ・ベネフィアル(ローマ、1684-1764)に帰属する「若い女性の肖像」


507
マルコ・ベネフィアル(ローマ、1684-1764)に帰属する「年配の女性の肖像」


508
マルコ・ベネフィアル(ローマ、1684-1764)に帰属する「若い女性の肖像」


509
マルケの逸名工芸家作「壺」(1492以前)


510
マルケの逸名工芸家作「聖ジュリアーノの壺」(1492以前)


511
中央イタリアの逸名画家作「若い男の肖像」(1600-15)


512
ヤン・フランス・ヴァン・ブロウメン(アントウェルペン、1662-ローマ、1749)の「滝のある風景」(1690-1730)


513
ルカ・ジョルダーノ(ナポリ、1634-1705)の「聖家族と天使たち」


514
ヨアヒム・フォン・サンドラート(フランクフルト・アム・マイン、1606-ニュルンベルク、1688)の「修道院長の肖像」


515
ジョヴァンニ・ベネデット・カスティリオーネ通称イル・グレチェット(ジェノヴァ、1609-マントヴァ、1664)の「アッシジの聖フランチェスコ」


516
フィレンツェの逸名画家作「女性の肖像」(16世紀)


517
逸名画家作「若い男の肖像」(17世紀)


518
アントニオ・モル(ユトレヒト、1519-アントウェルペン、1577)の「アレッサンドロ3世・ファルネーゼの肖像」


519
フェデーレ・ビアンキ―ニ(マチェラータ、1790-1857)の「Signor Mazzaliの彫像」(1857)


520
フェデーレ・ビアンキ―ニ(マチェラータ、1790-1857)の「Signor Mazzaliの彫像」(1857)
(つづく)

458
次の部屋です。


459
Sala dell' Eneideです。


392
絵画が展示されてます。


386
天井のフレスコ画を見ます。


387
フレスコ画のテーマは「バッカスとアリアドネの結婚」です。


388
制作したのは、ミケランジェロ・リッチョリーニ(ローマ、1654-フラスカーティ、1715)とその息子ニッコロ・リッチョリーニ(ローマ、1687-1772)の二人です。1700年から1710年頃に制作されたフレスコ画です。


389


390


464
細部を見ます。


465
メルクリオ


466


467
クロノス


468
ジュピターとユピテル


469
ガニメデ


470
バッカスの法廷と巫女


471


472
へーべー(ゼウスとエラの娘)


473
ファーマ


474
サティーロたちと巫女


475


476


477


478


479
天井のフレスコ画を終わります。


393
壁に展示されている作品を見ます。


363
ジョヴァンニ・ジョゼッフォ・ダル・ソーレ(ボローニャ、1654-1719)の「エネアとアスカニオの邂逅」


480


366
マルカントニオ・フランチェスキーニ(ボローニャ、1648-1729)の「メルクリオとエネア」


481



368
ニッコロ・リッチョリーニ(ローマ、1687-1772)の「プットたち」


482



370
グレゴリオ・ラッザリーニ(ヴェネツィア、1657-バディア・ポレージネ、1730)の「ディドーネ(Tiroの王女)の死」


483


372
ニッコロ・リッチョリーニ(ローマ、1687-1772)の「プットたち」


484


374
グレゴリオ・ラッザリーニ(ヴェネツィア、1657-バディア・ポレージネ、1730)の「エネアのメセンツィオの戦い」


485



375
ジョヴァンニ・ジョルジの「トロイからのエネアの逃亡」


486


377
アントニオ・バレストラ(ヴェローナ、1666-1740)の「エネアとアカーテ(エネアの親友)とヴィーナス」


493
(つづく)

323
ドン・ミンツォーニ通りに面して建つブオナッコルシ宮です。


324
ブオナッコルシ宮が建っている場所は、中世の頃の城壁間近の城壁内でした。


454
1652年、ブオナッコルシ家はマチェラータの有力者として公式に認められましたが、1701年、当時の同家当主シモーネ・ブオナッコルシ(?、?-マチェラータ、1708)は、第243代教皇クレメンテ11世(ウルビーノ、1649-ローマ、1721 教皇在位:1700-1721)から伯爵に叙せられました。シモーネは、伯爵として相応しい住居を建設することにしたのです。


325
シモーネは、ベルニーニの弟子ジョヴァン・バッティスタ・コンティ―ニ(ローマ、1642-1723)に対して、この場所にあった古い家を合体させた新しい住居の建設を注文して、1718年に完成したのがブオナッコルシ宮です。シモーネは、新しい住居の完成を見ずに没してしまいましたが、住居建設はシモーネの子供たちに引き継がれ、無事に完成を迎えました。


326
ブオナッコルシ宮は市立博物館として一般公開されてます。


327
毎週月曜日が休館日となってます。
1967年、パラッツォの維持管理に費用が掛かり、家族が使用するには広大過ぎたので、ブオナッコルシ家は、パラッツォを市当局に売却しました。
マチェラータ市は、宮殿の修復後、美術アカデミーの本拠地として使用を開始して、それが1997年まで続きました。
現在は、馬事博物館と古代と現代美術品を展示する市立博物館として一般公開されてます。


328
先ず中庭に向かいます。


329
中庭とそれに続く建物は、1718年にルドヴィーコ・グレゴリーニ(ローマ、1661-1723)によって建設されました。


330
中庭の彫刻は、ジョヴァンニ・ボナッツァ(ヴェネツィア、1654-パドヴァ、1736)の作品です。


331


332
中庭から見たパラッツォです。


333


334
植木鉢は、アントニオ・ベルッチ(ピエーヴェ・ディ・ソリーゴ、1654-1726)の作品です。


455
博物館に入館します。


335
最初は馬事博物館です。


336
馬事博物館というと、まず頭に浮かぶのはピアチェンツァ・ファルネーゼ宮のピアチェンツァ市立美術館でしょう。


337


338


339


340


341


342


343


344


345


346


347


348


349


350
詳細不明です。
パラッツォ内の各部屋の装飾やフレスコ画を見て行きます。


456
バロック調、ロココ調の部屋の装飾が続きます。部屋によって装飾のトーンが異なります。


351
天井の装飾です。


352
華美なスタッコ彫刻


353
フレスコによる装飾


356
カルロ・アントニオ・ランバルディ(ボローニャ、1680-1717)の「聖ドメニコと聖フランチェスコ」(1716)


462


463
逸名彫刻家作「聖母子」(17世紀)


357
天井のフレスコ画「永遠の父なる神」


461


457
次の部屋です。


358
天井の装飾


359
(つづく)

023
ドゥオーモのファサードに向かって右側にアッリンゴ宮があります。


1011
1183年、アスコリがコムーネになったことを機に建設されたアッリンゴ宮です。


022
現在のファサードなどの建物は、1679年から1745年に改造されたものです。


021
アッリンゴ宮前のGiovanni Jeciniデザインの噴水(1882)


1030
アッリンゴ宮は、市庁舎として使用されてますが、その一部に絵画館が置かれてます。


1014
絵画館の入り口です。


095
絵画館は、アッリンゴ宮の1階(日本の2階)と2階(日本の3階)にあります。


097
アスコリ・ピチェーノ市立絵画館の展示ですが、人口五万人弱規模の市立絵画館としては質と量において、イタリアでも特筆される存在でしょう。
現在は写真可となってますが、長らく写真不可でした。実は、アスコリ・ピチェーノに行ったのは三回あり、その都度絵画館に入館しましたが、写真可となってからは一度も訪れたことがないのです。行こう、行こうと思いながらも、ロレンツォ・ロット熱が若干醒めてからは、マルケ州に足を向けることが少なくなっているので、勢いアスコリ・ピチェーノには足が遠のいている次第です。
絵画館の紹介では作品画像等がないと話になりません。仕方がないので、外部サイトから写真を拝借することにしました。


1012
ピエトロ・アレマンノ(オーストリア、1430/1440-アスコリ・ピチェーノ、1498)の「慈悲の聖母のポリッティコ(多翼祭壇画)」(1489)


1013
この絵画館の代表的な作品の一つです。


1015
素晴らしい絵画館です。


1016
展示は14世紀から20世紀の幅広い作品が並んでます。


1017
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430-アスコリ・ピチェーノ、1495)の「Secondo Trittico di Valle Castellano」


1018
保存状態があまり良くありませんが、クリヴェッリの傑作の一つでしょう。


1019
この絵画館のシンボルとなってます。


1029


1020
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430-アスコリ・ピチェーノ、1495)の「Primo Trittico di Valle Castellano」


1021
詳細不知


1022
詳細不知


1023
詳細不知


1024
グイド・レーニ(ボローニャ、1575-1542)の「受胎告知」(1629)


1025


1026


1028


1027


1448
ルドヴィーコ・トラージ(アスコリ・ピチェーノ、1634-1694)に帰属する「聖母子」(1650-90c)


1034
コーラ・デッラマトリーチェ(アマトリーチェ、1480-アスコリ・ピチェーノ,1547/1559)の「玉座の聖母子と四聖人とピエタの多翼祭壇画」


1035
コーラ・デッラマトリーチェ(アマトリーチェ、1480-アスコリ・ピチェーノ、1547/1559)の「祝福を与えるキリスト」


1037
ピエトロ・アレマンノ(オーストリア,1430/1440-アスコリ・ピチェーノ、1498)の「受胎告知」


1038
ティツィアーノ・ヴェッチェリオ(ピエーヴェ・ディ・カドーレ、1488/1490-ヴェネツィア、1576)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(1570c)


1042



1039
ジュゼッペ・カンタラメッサ(アスコリ・ピチェーノ、1846-ローマ、1924)の「Cecco d' Ascoli che tiene una lezioe a Firenze」(1875)


1041
詳細不知


1043
ヴェネト=クレタの逸名画家作「授乳の聖母」


1044
オラツィオ・ディ・フェッラーリ(ヴォルトリ、1606-ジェノヴァ、1657)の「サムソンの捕縛」(1640c)


1045
コーラ・デッラマトリーチェ(アマトリーチェ、1480-アスコリ・ピチェーノ、1547/1559)工房作「慈悲の聖母」(1530-50c)


1046
コーラ・デッラマトリーチェ(アマトリーチェ、1480-アスコリ・ピチェーノ、1547/1559)の「聖母子と四聖人」(1520-30c)


1047
ジョヴァンニ・アントニオ・ダ・ルーコリ(1491-1539)の「幼きキリストを崇拝する聖母」(1529-32)


1049
オラツィオ・ディ・フェッラーリ(ヴォルトリ、1606-ジェノヴァ、1657)の「イサクの犠牲」(1650-57)


098
外に出ました。


102
アッリンゴ宮の中庭です。


100
この他にもグイド・レーニの「聖セバスティアーノ」、グエルチーノの「キリストの逮捕」、ルカ・ジョルダーノの「聖ジュゼッペの死」、カルロ・マラッタの「クレメンテ9世の肖像」などの傑作があります。


101
少し疲れました。


099
(つづく)

P1370454
大広間です。


P1370455
結婚式などが行われます。有名な俳優の結婚式が行われましたが、離婚、結婚を繰り返しているので、ここで改めて触れるのが馬鹿らしくなります。


P1370457
井戸


P1370478
博物館として公開されている城内は大体見たので、順路とは逆に進んで出口に向かうことにしました。トリッティコの間です。


P1370458
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)のトリッティコです。


P1370459
「磔刑」


P1370460
磔刑されたキリストと聖母と聖マリア・マッダレーナと聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ


P1370464
受胎告知する大天使ガブリエーレ


P1370461
受胎告知される聖母


P1370466
逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」(16世紀)
これらの絵画は、美術品収集家だったバルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)によって収集されたものです。


P1370468
逸名画家作「聖マリア・マッダレーナ」(16世紀)


P1370471
トリッティコの間の天井装飾


P1370472


P1370473


P1370474


P1370475
ウンブリアの工芸家による作品(17世紀)


P1370477
ウンブリアの逸名画家作「聖セバスティアーノ」(16世紀)


P1370479
トリッティコをもう一度見ました。


P1370480
中庭に出ました。


P1370485


P1370481
下の階に向かいます。


P1370482
城の出口は、城の本体部分よりも下の階にあります。


P1370483
階段を下ります。


P1370484


P1370487
下の階の入り口です。


P1370488
中に入りましたが、特筆すべきものがありません。


P1370489
聖母子があります。


P1370491


P1370490
下の階にも井戸があります。


P1370492
庭に出ました。


P1370493
庭から見たブラッチャーノ湖


P1370494


P1370496


P1370497


P1370498


P1370499


P1370500


P1370501
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会の鐘楼です。


P1370502
ジュゼッペ・マッツィーニ広場


P1370504


P1370495
外に出ます。


P1370505


P1370506
(つづく)

P1370401
屋外に出ました。


P1370397
居住部分と異なり、荒々しい造りの軍事要塞と実感します。


P1370398
屋外の一般公開部分はかなり限定されてます。


P1370399


P1370400


P1370402
ブラッチャーノ湖です。


P1370403


P1370406
横9.3㎞、縦8.7㎞、広さ56.5㎢、最新160mあります。


P1370409
ドゥオーモ


P1370410


P1370411


P1370412


P1370413


P1370416


P1370417


P1370419


P1370420
60万年前から4万年前まで、ローマの北西に位置するこの地方は激しい火山活動がありましたが、活動の結果出来た窪地に水が貯まり、湖になったとされてます。
ブラッチャーノ湖が出来た時から、水の流入は地下からの泉なので、水質が大変良いことで知られてます。現在、ブラッチャーノ湖はローマの飲料用貯水池となってます。


P1370422


P1370423


P1370426


P1370427


P1370428


P1370429


P1370430


P1370431


P1370432


P1370433


P1370434


P1370435


P1370436


P1370437


P1370438


P1370439


P1370442


P1370443


P1370444
厨房です。


P1370445


P1370446


P1370447


P1370448
ダクト


P1370449


P1370450


P1370451


P1370452


P1370453
(つづく)

P1370350
次の部屋です。


P1370348
Sala di Isabellaです。
パオロ・ジョルダーノ1世オルシーニ(ブラッチャーノ、1541-サロー、1585)と1558年に結婚したイサベッラ・デ・メディチ(フィレンツェ、1542-1576)の寝室です。


P1370349
イサベッラ・デ・メディチのベッド


P1370343
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)?の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1370347
ポッライオーロ?の作品


P1370352
一旦ベランダに出ます。


P1370354
11月4日広場、サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会が見えました。


P1370357
上の階に向かいます。


P1370358
次の部屋です。


P1370364
シチリア・スタイルのベッドが置かれているので、Sala dei Letto Sicilianoと呼ばれてます。


P1370359
トスカーナ・ラツィオの逸名画家作「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタと聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖ジュゼッペ」(17世紀)


P1370361


P1370363
トスカーナ・ラツィオの逸名画家作「善きサマリア人」(17世紀)


P1370365
Sala Goticaです。
バルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)の指示によって、15世紀のゴシック様式を模倣したネオ・ゴシック様式で統一された部屋です。


P1370366
ヘラクレスの間です。


P1370367
武器が展示されてます。


P1370368
ピサネッロ派の逸名画家によるフレスコ画


P1370369


P1370370


P1370371


P1370372
次の部屋です。


P1370373
武器庫です。


P1370374


P1370377


P1370378
武器庫のフレスコ画


P1370379


P1370376


P1370380


P1370381
次の部屋です。


P1370387
Sala della Scienceです。


P1370382
フレスコ画一杯のSala delle Scienceです。


P1370383
フレスコ画のテーマは一般教養、ミューズ、惑星の寓意画です。


P1370384


P1370385


P1370386
天井の装飾


P1370388
次の部屋です。


P1370390
Sala del Bobolaccio


P1370389
Sala del Bobolaccio天井の装飾


P1370391
次の部屋です。


P1370396
Sala Etrusca


P1370392
Sala Etrusca天井の装飾


P1370394
詳細不知


P1370395
(つづく)

P1370288
次はSala del Tritticoです。


P1370295
部屋の名称の由来は、アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)のトリッティコがあるからです。
このトリッティコは、オルガンの蓋に描かれた受胎告知と内側に描かれた磔刑から成ってます。


P1370306
最近の研究によって、アントニアッツォ・ロマーノの作品と、その帰属が確定されました。


P1370293
部屋の天井の装飾


P1370298
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「磔刑」


P1370302
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「受胎告知される聖母」


P1370303
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「受胎告知する大天使ガブリエーレ」


P1370304
バルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)がトリッティコをこの部屋に置くことを決めたそうです。


P1370290
ウンブリアの逸名画家作「聖セバスティアーノ」(16世紀)


P1370292
逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」(16世紀)


P1370307
次の部屋です。


P1370318
ピサネッロの帰属作品があるので、Sala del Pisanelloと呼ばれてます。


P1370308
ピサネッロ(ピサ又はヴェローナ、390c-ナポリ、1455c)に帰属するフレスコ画


P1370309
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370310
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370319
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370312
フランドルの逸名画家作「オデスカルキ家の男の肖像」


P1370313
フランドルの逸名画家作「オデスカルキ家の女の肖像」


P1370314
制作者情報不知の「第240代教皇インノチェンツォ11世・オデスカルキ(コモ、1611-ローマ、1689 教皇在位:1676-1689)の肖像」


P1370316
詳細不知


P1370317
詳細不知


P1370320
次はSale del Cesariです。


P1370321
部屋の名称の由来は、ユリウス・カエサルの彫像があるからです。


P1370323
ローマ皇帝の彫像が置かれてます。


P1370325


P1370326
カエサルの間に、アントニアッツォ・ロマーノの長大なフレスコ画(横約12m)があります。


P1370322
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「ジェンティーレ・ヴィルジニオ・オルシーニとピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチの1487年の邂逅」


P1370324
ジェンティーレ・ヴィルジニオ・オルシーニ(ブラッチャーノ、1445c-ナポリ、1497)は、この城を拡大整備増強をした傭兵隊長です。
ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(愚昧なピエロ)(フィレンツェ、1472-カステルフォルテ、1503)は、ロレンツォ・イル・マニーフィコの長男でしたが、その綽名の通り愚か者で有名です。


P1370329
次の部屋です。


P1370338
Sala Orsiniです。


P1370328
部屋の壁にオルシーニ家の人々の肖像画がありましたが、現在は何故か肖像画が撤去されています。(天井下の壁が空欄になってます)


P1370335
オルシーニ家の紋章


P1370332
オルシーニ・メディチの紋章
1558年、パオロ・ジョルダーノ1世・オルシーニ(ブラッチャーノ、1541-サロー、1585)とイサベッラ・デ・メディチ(フィレンツェ、1542-1576)が結婚してから、この紋章が使用されることになりました。


P1370336
制作者情報不知の「パオロ・ジョルダーノ1世・オルシーニの肖像」


P1370337
制作者情報不知の「イサベッラ・デ・メディチの肖像」


P1370331
制作者情報不知の「パドヴァの聖アントニオ」


P1370334
詳細不知


P1370339
次の部屋です。


P1370341
Sala del Leone


P1370340
(つづく)

↑このページのトップヘ