イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 記事は一日に一つアップしています。記事の見方ですが、例えば「ボルゲーゼ美術館の展示作品(その4)」は2017年10月20日にアップしました。各記事にカレンダーが表示されてますが、カレンダー上の2017年10月21日をクリックして頂ければ「ボルゲーゼ美術館の展示作品(その5)」になります。(その3)は2017年10月20日となります。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: ウンブリア州

P1720296
アーチの上はチェーザレ・バッティスティ通りです。


P1720297


P1720299
アッピア通りをモルラッキ広場に向かって進みます。


P1720300
通りの突き当りがモルラッキ広場です。


P1720301
モルラッキ広場に出ました。


P1720302
丁度一周したことになります。


P1720303
11月4日広場に向かいます。


P1720304
サンタ・スザンナ門です。


P1720305
聖母子と二聖人のタベルナコロ


P1720306
プリオーリ宮


P1720307
11月4日広場です。


P1720309
大聖堂付属美術館の入り口


P1720310
ドゥオーモが開いていたので拝観しました。


p1001
サンタガタ教会は閉まっていました。


p1002
サンタゴスティーノ教会です。


p1003
ペルージャ最古の教会の一つですが、確実な存在記録によれば、12世紀に既に存在していたことが裏付けされてます。


p1004
現在のファサード装飾は、1473年に施されたものです。


p1005
中は単廊式で、バロック様式に改造されてます。


1006
古いフレスコ画が僅かに残されてます。ペッリーノ・ディ・ヴァンヌッチョの「磔刑」(1377)


p1007
ジャン二コラ・ディ・パオロ(チッタ・デッラ・ピエーヴェ、1478-ペルージャ、1544)に帰属する「グラツィエの聖母」(16世紀初頭)


p1008
エトルリア時代の城壁に隣接して10世紀に建設されたサン・ベネデット・ヴェッキオ教会です。


p1009
荒廃が進むエトルリア時代の城壁と共に、18世紀に危険とされて放棄された教会です。


P1720311
これで大体見終わりました。


P1720312
意外にも昼食代わりの軽食が胃にもたれて困りました。


P1720313
教会だった建物です。


P1720314
旧サン・イシドーロ教会です。


P1720315
中にフレスコ画の痕跡があるそうです。


P1720316
すっかり夕方になりました。


P1720317
ホテル前のイタリア広場に戻りました。


P1720318
お腹が空くのは午後9時過ぎになりそうでした。


P1720319
午後9時過ぎに夕食のために外出するのは億劫だし、ホテル併設のレストランも気が進まない。


P1720320
自室の簡易キッチンで簡単に料理して、お腹が空いたら食べることにしました。


P1720321
善は急げとばかりに食料品の買い出しに。


P1720323
何故かサンタンナ駅に来てしまいました。


P1720324
夕食分の食料を買って部屋に戻ります。


P2360805


P2360806


P1720364


P2360807
早朝のイタリア広場です。


P2360809
朝一番のバスでペルージャ駅に向かいました。


P2360810
FS駅前の広場です。


P2360812
ペルージャ駅の駅舎です。


P2360813
フォリーニョ行きの普通列車を待ちます。


P2360814
次の目的地はスペッロでしたが、フォリーニョで乗り換えます。


P2360815
車内は空いてました。
(おわり)

P1720250
引き続きVia dell’Acquedottoです。


P1720251
写真左下はアッピア通りです。


P1720254
道の左右の建物は、水道橋の使用が廃止されてから建設されたように思います。


P1720255
このような状態なので、そう思うのです。


P1720256
Palazzo Gallenga Stuartです。


P1720257


P1720258
水源地の方に進みます。


P1720259
Arco Etrusco o di Augustoが見えます。


P1720260


P1720261
Via dell’Acquedotto沿いの家の庭


P1720262
橋のような通りはそろそろ終わりです。


P1720263
普通の道路になりました。


P1720264
通りの名前も変わりません。


P1720265
この辺も水路になっていました。


P1720266
馬車の車輪除けがついている普通の道です。


P1720267
これ以上普通の道路を歩いても面白くなさそうです。


P1720269
引き返すことにしました。


P1720270


P1720271
ドゥオーモです。


P1720273


P1720274
エトルリア時代の城壁だった所です。


P1720275


P1720276


P1720277


P1720278


P1720279


P1720281


P1720282


P1720283


P1720284


P1720285


P1720287


P1720288


P1720290
写真右の階段はアッピア通りになります。


P1720291
振り返って撮った写真です。


P1720293


P1720292
水路は暗渠の中を進みます。


P1720294
アッピア通りの階段を上ります。


P1720295
(つづく)

P1720195
モルラッキ広場を通り過ぎます。


P1720196
チェーザレ・バッティスティ通りです。


P1720197
チェーザレ・バッティスティ通りを進みます。


P1720198
道は、丘の縁を縫うように走り、眼下に風景が広がります。


P1720199


P1720200


P1720201


P1720202


P1720204
Via dell’Acquedottoが見えました。


P1720205
水源地のモンテパッチャーノから11月4日広場のFontana Maggioreまで水を導くために、約4キロメートルにわたって、1225年から1280年に築かれた水道橋です。


P1720207
1835年まで水道橋と使用されていました。その後、修復工事が行われ歩道となりました。
暇なので、Via dell’Acquedottoを歩くことにしました。


P1720208
ベアータ・コロンバ修道院の鐘楼が見えてます。


P1720210
Via dell’Acquedottoには、ペルージャ外国人大学の方からは入ることにしました。


P1720216


P1720218
丘の縁に沿ってエトルリア時代に築かれた城壁がありました。


P1720220


P1720221
チェーザレ・バッティスティ通りです。


P1720223
通りの突き当りにサン・フォルトゥナート教会があります。


P1720224
Arco Etrusco o di Augustoです。


P1720226
ペルージャ外国人大学です。


P1720227
18世紀に建設されたPalazzo Gallenga Stuartに大学が置かれてます。


P1720228
ここはペルージャの代表的景観の一つです。


P1720225


P1720229
ペルージャ外国人大学横の階段を下ります。


P1720231
アーチの先に水道橋が見えてます。


P1720232
アーチを潜ります。


P1720234


P1720235
水道橋です。


P1720236
保存状態が良さそうに見えます。


P1720237


P1720238
振り返ってペルージャ外国人大学の方を見ました。


P1720239
ドゥオーモの鐘楼が見えます。


P1720240


P1720241
Via dell’Acquedottoを歩くことにしました。


P1720244
写真左の階段を上ります。


P1720245
階段の先でVia dell’Acquedottoに合流します。


P1720246


P1720247
Via dell’Acquedotto上に来ました。


P1720248
ペルージャ外国人大学の方に向かって歩きます。


P1720249
(つづく)

P1720155
何か食べなくては。


P1720157
写真左の店で軽食です。


P1720158
暑かったので、屋外ではなく冷房が効いた店内で食べました。


P1720160
40℃近い猛暑にも拘らず、ヨーロッパ人は屋外で食べるのが好きなようです。


P1720162
熱中症が気になりますが、コロナ流行下では、暑くても屋外食事の方がベター?


P1720163
午前中に一服した店が人気でした。


P1720164
軽食にも拘らず、ワインを一本空けてしまい、眠くなったので一旦ホテルに戻ることにしました。


P1720165
Corso Pietro Vannucci


P1720166
軽食でデザートを食べ忘れたので、代わりにジェラートを。


P1720167
イタリア広場に戻りました。


P1720168
このような場合、旧市街に宿を取ると何かと便利です。


P1720169
30分程小休止してから、ホテルを出ました。


P1720170
Corso Pietro Vannucciを何回往復したことか。


P1720171
ホテルで小休止している間に、気のせいか、多少気温が下がったと思いました。


P1720172
本屋が入っている建物です。


P1720173
建物の詳細が分からないのですが、ファサードの浮彫が見事です。


P1720174


P1720175
ベルマーレの中田選手が移籍したことで、ペルージャが日本で知られることになりました。


P1720177
夕方になって人出が多くなってきました。


P1720178
ファーニ通りです。


P1720180
変なオブジェが置かれる場所です。


P1720179
プリオーリ宮


P1720181
次は大聖堂付属美術館です。


P1720182
開いている筈のドゥオーモでしたが、扉が閉まっていました。


P1720183
入館する前にFontana Maggioreにご挨拶。


P1720184
ペルージャに来たからには一度はじっくりと見ます。


P1720186
大聖堂付属美術館は問題無く開館してました。


P2330115
この時の展示は、貸出、差し替え、修復などがなかったようで、前回と全く同じでした。


P2330138
アンドレア・ヴァンニの作品


P2330147
メオ・ディ・グイド・ダ・シエナの作品


P2330203
ペルジーノの作品


P2330243
ルカ・シニョレッリの作品


P2330314
ジローラモ・ダンティの作品


P1720187
外に出ました。


P1720188
次はサンタ・スザンナ門です。


P1720189
この辺は13世紀に築かれた城壁に当たります。


P1720190
サンタ・スザンナ門です。写真左端にPorta Coliという有名なお店です。教会だった建物で、店内にフレスコ画があります。


P1720191
サンタ・スザンナ門のタベルナコロです。


P1720192
地震で崩落しない限り、数百年後でも変わらない光景でしょう。


P1720193
アーチを潜りました。


P1720194
(つづく)

024
ペルージャのバスターミナルです。


P1700779
イタリア広場に向かいます。


P1700780
エスカレーターを乗り継ぎます。


P1700781
イタリア広場に出ました。この時のお宿が写ってます。


P1700782
チェックインを済ませて自室に入りました。


P1700783
通りに面していない部屋だったので静かでした。


P1700786
外に出ました。


P1700784
Palazzo Cesaroniです。


P1700785
夏休み中だったので、人出が多かった。


P1700787
初日にやることは何時も同じです。


P1700789
美術作品を見たいがために何度も足を運びます。見慣れた所ばかりですが、飽きることがありません。


P1700790
MuseoがあるPalazzo Baldeschiです。


P1700791
Fondazione Cassa Risparmio Perugiaが所有する作品を見ることが出来て幸せでした。相変わらず写真不可でした。


P1700792
早くも、ここで一休みしました。


P1700793
プリオーリ宮に向かいます。


P1700795
国立ウンブリア美術館に入館する前にファサードの彫刻を見ました。


P1700805


P1700806


P1700807


P1700808


P1700809


P1700796
ふと振り返って通りを確認すると、変なオブジェが撤去されていたので変に安心しました。


P1700801
入館しました。


P2330959
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品


P2340202
ルカ・シニョレッリの作品


P2340288
ペルジーノの作品


P1700799
コッレージョ・デル・カンビオにも入りました。


P1700802
この日は鑑賞日でしたが、外に出ると疲れていることが分かりました。


P1700810
11月4日広場です。


P1700811
気温が急上昇した影響でしょうか、観光客の姿が少なくなりました。


P1700812
Fontana Maggiore


P1700813
イタリアでは、夏至の頃が最も暑いように思います。


P1700814
ドゥオーモの階段にも人が殆どいなかった。


P1700815
大学生に大人気のプリオーリ宮の階段ですが、この日は不人気でした。


P1700816
次はドゥオーモの拝観です。


P1700824
説教壇


P1700823
聖堂内に入ります。


P1700825
堂内は相変わらずの写真不可でした。


P1700826
外に出ました。


P1700828
(つづく)

P1720231
次はサン・フィリッポ・ネリ教会です。


p1128
サン・フィリッポ・ネリ教会です。


437
この場所に、初期キリスト教会のサン・ジョヴァンニ・ロトンド教会がありましたが、11世紀に解体されて荒地になっていました。


434
17世紀初め、Padri Filippiniは、反宗教改革のための教会建設を決め、ローマの売れっ子建築家パオロ・マルチェッリ(ローマ、1594-1649)に建設を委嘱しました。


436
当時、パオロ・マルチェッリは、ローマでのマダーマ宮建設などで多忙でした。ファサードの設計と工事途中までは関与したようですが、地元の建築家が後を継いだようです。


p1130
1627年から1665年に建設されたバロック様式のサン・フィリッポ・ネリ教会です。


p1129
ファサード前の手すり付き階段は1647年から1665年に建設されました。
美術品が多い教会として知られてます。
他のペルージャの教会と同じく、ナポレオン軍のイタリア侵攻に際して、この教会にあった幾つかの作品がフランスに持ち去られました。


p1131
持ちされた作品の代表的なものが、グイド・レーニのこの作品です。現在、フランス、リオンのMusee de Beaux di Lioneにあります。
グイド・レーニ(ボローニャ、1575-1642)の「聖母被昇天」(1637)


p1132
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


p1136
主祭壇画は、ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1596-ローマ、1669)の「無原罪の御宿リ」(1662)


p1133
クーポラのフレスコ画は、フランチェスコ・マンチーニ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1678-ローマ、1758)の「聖母戴冠」(1728)です。
クーポラ四隅のフレスコ画は、ジョヴァンニ・アンドレア・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1639-1697)の「四福音書記者」(1668)です。


p1135
身廊天井のフレスコ画は、フランチェスコ・アッピア―ニ(アンコーナ、1704-ペルージャ、1792)によって1762年に制作されました。


p1134
身廊天井の格子装飾は、二コラ・ジュリによって1762年に施されました。



p1137
制作者情報不知の「グイド・レーニ作『聖母子を崇める聖フィリッポ・ネリ』のコピー画」です。


p1138
こちらは、グイド・レーニの作品写真です。
本物は、ローマのサンタ・マリア・イン・ヴァッリチェッラ教会にあります。


p1139
シモーネ・チブッリ(ペルージャ、1591から活動記録-1624没)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(17世紀)


p1140
ジョヴァンニ・フランチェスコ・ロマネッリ(ヴィテルボ、1610c-1662)の「チントラの聖母」


p1141
フランチェスコ・トレヴィサーニ(カポディストリア、1656-ローマ、1746)の「受胎告知」(1710)


p1142
ジュゼッペ・パッセリ(ローマ、1654-1714)の「ご訪問」(1709)


p1143
ジョヴァンニ・バッティスタ・ガウッリ通称イル・バチッチョ(ジェノヴァ、1639-1709)の「聖母子の勝利」


p1144
セバスティアーノ・チェッカリーニ(ファーノ、1701-1783)の「聖母戴冠」


435
沢山の作品がありますが、そのうち多くの作品帰属がよく分かりません。


438
Corso Pietro Vannucciに戻りました。


440
ホテルに戻ることにしました。


001
出発する日の朝です。


002
この日の目的地はチッタ・ディ・カステッロです。鉄道で向かいます。


001
ここで切符を買いました。


007
ウンブリア中央鉄道のサンタンナ駅です。


003
サンセポルクロが終点です。


008
古い気動車が使用されてます。


009
この時の旅はこれで終わりです。


P1700762
次のペルージャの旅です。
この時の前泊地はアッシジでした。


P1700764
アッシジからペルージャ行きの直通バスがあります。


P1700766
アッシジのバスターミナルに向かいます。


P1700767
季節は、夏至に旬日に迫った暑い日でした。


P1700768
天気に恵まれ快晴でした。


P1700769
道の突き当りがバスターミナルの広場です。


P1700770
広場に出ました。


P1700772
ペルージャ行きのバスがいます。


P1700774
始発のバスターミナルからの乗客はどうやら私一人のようです。


P1700776
ローマから直通バスでペルージャに行ったこともあります。


P1700778
(つづく)

384
次はサン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂です。


p1109
聖堂は谷に建てられてます。この場所は、ペルージャ旧市街の丘下に位置し、農地と埋葬地でした。


p1110
12世紀、農地だった、この場所にサンタ・スザンナ教会が建設されました。アッシジのサン・フランチェスコ聖堂と同じ構造の上教会と下教会にするため、サンタ・スザンナ教会の上に1251年から1253年に建設されたのがロマネスク様式のサン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂の上教会です。サンタ・スザンナ教会は聖堂の下教会となって、呼称されなくなりました。
同時に聖堂の横に広大な修道院が建設されました。


412
丘下の谷のこの場所は、地盤が弱い上に地下を流れる川があったようで、地滑りや地震によって建物は大きな被害を受けました。活動を停止して、大掛かりな改造、修復工事が何度も行われました。


p1111
聖堂のファサードは、18世紀以前に崩落していました。
現在のファサードは、建築家ピエトロ・アンジェリーニ(リピ、1892-ペルージャ、1985)の設計によって、1926年に完成した再建されたものです。


p1108
再建の設計に際して、ピエトロ・アンジェリーニは、ベネデット・ボンフィーリ(ペルージャ、1420-1496)によって描かれた「慈悲の聖母のゴンファローネ」(1464)から崩落したファサードの形状を知ったとされてます。


p1113
ファサードが描かれてないような気がしますが・・・・・


p1115
ピエトロ・アンジェリーニによる大修復工事にも拘らず、1968年に屋根が崩落してしまいました。
この写真は1980年頃に撮られましたが、ご覧のように聖堂内部は荒廃する一方だったそうです。


413
1990年に漸く修復工事が開始され、徐々に修復が進みましたが、それの束の間の1997年の大地震によって、またもや大被害を受けてしまいました。
21世紀になって、修復作業がさらに本格化されて、2015年頃から文化イベント会場として建物が使用されてます。


p1114
修復工事完了後の後陣だった場所


p1112
コンサートが行われていた時の写真


p1116
サン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂は美術品の宝庫でした。
ナポレオンのイタリア侵攻の際、ウンブリアで没収された美術品の三分の一がサン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂からだったとされてます。
ラッファエッロ、ペルジーノ、ピントゥリッキオなど多くの作品が失われました。フランスに持ち去られた作品の返還交渉が行われましたが、多くは戻されず、今なおフランスの美術館で展示されてます。返還交渉でペルージャに戻されず、何とヴァティカンの所有になった傑作があります。
このラッファエッロの「オッティの祭壇画」もそのうちの一つです。


p1117
ペルジーノの「キリストの復活」
サン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂にありましたが、ナポレオン軍によって没収されました。その後の返還交渉で、ヴァティカン絵画館所蔵となりました。
また、国立ウンブリア美術館でサン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂にあった作品が幾つか展示されてます。


417
こちらは、サン・フランチェスコ・アル・プラート修道院だった所で、20世紀初頭からピエトロ・ヴァンヌッチ美術アカデミーとなってます。


418
ピエトロ・ヴァンヌッチ美術アカデミーが所有する作品が美術館として一般公開されてますが、この日は休館日でした。


419
サン・フランチェスコ・アル・プラート修道院の鐘楼です。


416
広大なサン・フランチェスコ・アル・プラート修道院聖堂でした。


420
サン・ルカ教会です。


422
1320年頃、マルタ騎士団によって建設されました。


p1118
現在の建物は16世紀に再建された二代目となるものです。


421
しかし、経時劣化したので、1973年に復元修復されました。今なおマルタ騎士団によって管理されてますが、扉が開くことは年に数回のようです。


423
サン・ルカ教会の隣にマドンナ・デッラ・ルーチェ教会があります。


426
2つの教会は、サン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂から近い距離にあります。


p1119
1513年から1519年に建設されたマドンナ・デッラ・ルーチェ教会は、今も現役?の教会です。


424
マドンナ・デッラ・ルーチェ教会の横にあるアーチは、エトルリア時代のPorta Trasimenaの名残だそうです。


425
この辺は教会が多い場所です。


427
サンタ・テレーザ・デリ・スカルツィ教会です。


428
14世紀、洗足カラメル会によって創建され、1718年に完成したサンタ・テレーザ・デリ・スカルツィ教会です。


429
現在は、ヤハフェの僕が所有してます。


p1120
教会としては一般公開されていないようです。
美術品の見所が数点あります。


p1121
アントン・マリア・ガルビの「アンニーバレ・カッラッチ作『十字架降下』の複製画」


p1123
ジョヴァンニ・フランチェスコ・バッソッティ(ペルージャ、1600-1665)の「受胎告知」(17世紀)


p1122
カルロ・ランパレッリ・ダ・スペッロ(ウンブリア、1716-1727消息)の「聖テレーザに顕現する聖母子」(18世紀)


p1124
それにしても見所が多いペルージャです。


430
旧サンタ・テレーザ・デリ・スカルツィ教会は修復工事中でした。


p1125
次はサンティ・ステファノ・エ・ヴェレンティーノ教会です。


431
ちょっと見ただけでは、教会とは分からない建物です。


p1126
1163年に建設され、14世紀に拡大されたサンティ・ステファノ・エ・ヴァレンティーノ教会です。


432
私の知る限り、扉が開いていたことがありません。


p1127
サンティ・ステファノ・エ・ヴァレンティーノ教会の鐘楼


433
(つづく)

p1081
引き続きサン・ベルナルディーノ礼拝堂ファサードの浮彫です。


p1082
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)によって、1457年から1462年にかけて制作されたファサードの装飾です。


p1083


p1084


p1085


p1086


p1087


p1088


p1089


p1090


p1091


p1092


p1093


p1094


p1095


p1096


p1097


p1098


p1099


p1100


p1101


p1102


p1103


p1104


p1105
ファサードはこれで終わりです。


396
サン・ベルナルディーノ礼拝堂の中に入りました。


p1106
交差ヴォールトの簡素な造りです。


p1107
4世紀中頃の祭壇です。


397
オラツィオ・アルファーニ(ペルージャ、1510-ローマ、1583)の「慈悲の聖母」(1464)


p1108
ゴンファローネなので、裏面にも描かれていると思います。


399
オラツィオ・アルファーニ(ペルージャ、1510-ローマ、1583)の「ラッファエッロ作『バリオーニの祭壇画(1507)』のコピー画」
この作品がここにある理由がよく分かりません。
ラッファエッロの「バリオーニの祭壇画」は、サン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂バリオーニ礼拝堂にありましたが、1607年、第233代教皇パオロ5世(本名カミッロ・ボルゲーゼ)(ローマ、1552-1621)の命によって、秘かにローマに運ばれました。そうして、甥で美術収集家で名高いシピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿(ローマ、1577-1633)に秘かに与えて、ボルゲーゼ家の収集物となったのです。シピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿は、美術品の収集に熱心になる余り悪辣な方法を用いたことが知られてます。
オラツィオ・アルファーニは、ラッファエッロ作品がサン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂にあった時にコピー画を制作したのでしょう。
なお、バリオーニ家は、ペルージャの有力貴族で、サン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂に家族礼拝堂を所持していました。


P2230601
ラッファエッロの「バリオーニの祭壇画」は、現在、ボルゲーゼ美術館で展示されてます。


P2230673


P2230674
何処にあったのか、については触れてません。教皇がローマに移送することを命令し、秘かに甥に与えた後ろめたさがあるのでしょう。


P2230675
このような背景を知ると、美術鑑賞がより一層楽しくなります。
少し脱線しました。


401
次の礼拝堂は、サン・ベルナルディーノ礼拝堂とは関係がありません。


402
Oratorio dei Santi Andrea e Bernardino o della Giustiziaです。
残念ながら中に入ることが出来ません。


403
主祭壇画は、ガエターノ・ラピス通称イル・カッラッチェット(カーリ、1706-ローマ、1773)の「聖母子と聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖アンドレアと聖ベルナルディーノ」


405
沢山の作品があります。


410
展示されている作品の案内板が完備されてますが、中に入れない。


407


409
マルチェッロ・レオパルディ(ポテンツァ・ピチェ―ナ、1750-ローマ、1795)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの斬首」(1787)


408
外に出ます。
(つづく)

002
この日の朝もホテル前で放送してました。


366
やることは毎日大体同じです。美術館、博物館、教会に行くと共に歴史的建造物を見て回ります。


367
違うのは、この日は鑑賞日だったことです。私の場合、美術館などで作品写真を撮ることと、作品鑑賞は両立しないのです。小規模なMuseo Civicoなどでは、両立しますが、ペルージャの美術館は展示作品が多くて、全展示作品の写真を撮ることで精一杯、疲れてしまうので鑑賞どころではなくなるのです。


368


369
このオブジェには参りました。


373
前日も、この日も普通の平日でしたが、混雑してました。


374
前日よりも混んでました。


375
この日もドゥオーモの中に入りました。


376
何も敷かないで座るのは、土足で家の中に入る習慣があるからでしょうか。


377
ヨーロッパは日本よりも不潔ですね。近世まで、ホテルにトイレがないので、宿泊客はオマルにしたり、ホテル前で大小便したのですから。宮殿にもトイレがないので、貴婦人は裾が地面を引きずるドレスを着たまま庭で大小便してから、宮殿に出入りしていたそうです。ドレスの裾は大小便でぐちゃぐちゃ。


378
コロナがヨーロッパで大流行するのは、土足で家の中に入るからと思ってます。


379
11月4日広場です。広場や通りの名称に〇月〇日というのがありますが、覚えるのが難しいし、混同してしまうので非常に困ってます。


380
モリアッキ広場です。


381
次の予定は、サン・ベルナルディーノ礼拝堂です。道を下ってサン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂に向かいます。


382
サン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂が見えてきました。


383
サン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂の横、写真左にある建物が、目的のサン・ベルナルディーノ礼拝堂 Oratorio di San Bernardinoです。
オラトリオは、祈祷所とか小礼拝堂という意味ですが、隣接するサン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂の一部なので、この場合、礼拝堂と訳すのが良いと思いました。


385
シエナの聖ベルナルディーノに捧げる礼拝堂です。


p1067
シエナの聖ベルナルディーノ(マッサ・マリッティマ、1380-ラクイラ、1444)は、Ordine dei Frati Minori(フランチェスコ修道会)所属のシエナ司教でしたが、15世紀前半、度々ペルージャに来て、サン・フランチェスコ・アル・プラート聖堂前の広場で説教を行いました。
その説教は、ペルージャ市と市民に大きな影響を与え、市当局の法令改革に資することが大でした。


p1068
聖ベルナルディーノの死後6年の1450年、第208代教皇ニッコロ5世(サルザーナ、1397-ローマ、1455 在位:1447-1455)によって、聖ベルナルディーノは列聖されました。
それを機に、ペルージャのOrdine dei Frati Minoriは、聖ベルナルディーノに捧げる礼拝堂建設を決めました。
建物の設計に際して、レオン・バッティスタ・アルベルティ(ジェノヴァ、1404-ローマ、1472)の設計によって建設されたマントヴァのサンタンドレア聖堂を模したと言われてます。
そうして、1451年に創建され、1452年に完成したサン・ベルナルディーノ礼拝堂です。1452年に奉献式が執り行われました。


P2730612
ご参考までにマントヴァのサンタンドレア聖堂ファサードの写真を載せておきます。


p1069
サン・ベルナルディーノ礼拝堂の最大の見所はファサードの装飾です。


386
ファサードの装飾は、アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)
によって、1457年から1462年に行われました。これは、アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの代表作の一つです。


387
ルネッタ上の聖ベルナルディーノ


389


390


391


392


393


394
浮彫の詳細を見ます。


p1070
祈るキリストと2天使


p1071
聖ベルナルディーノと音楽天使


p1072


p1080
入口扉上の浮彫を見ます。


p1073


p1074


p1075


p1076


p1077


p1078


p1079
(つづく)

引き続きサン・ドメニコ聖堂です。
p1039
1476年に制作された聖歌隊席です。


p1040
1498年に制作された交唱聖歌集を置く台


p1041
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)の「誓いの聖母の祭壇 Altar della Madonna del Voto」(1459)


p1042
テラコッタ彫刻は、アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの作品です。聖母子がありますが、誓いの聖母と呼ばれてます。


p1043
誓いの聖母のテラコッタ彫刻の背後にフレスコ画があります。この部分には、ベルナルド・ディ・ジローラモ・ロッセッリ(1530-1560c活動)によって1534年に制作されたフレスコ画があったそうです。経時劣化が酷く全て塗り潰されて、その上に1869年にドメニコ・ブルスキ(ペルージャ、1840-ローマ、1910)によって描き直された「音楽天使たちと天使たち」です。


p1044
彫刻は、アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)の「大天使ガブリエーレ」(1459)
フレスコ画は、ベルナルド・ディ・ジローラモ・ロッセッリ(1530-1560c活動)の「ダヴィデ」


p1045
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)の「大天使ガブリエーレ」(1459)


p1046
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)の「聖母」(1459)
ベルナルド・ディ・ジローラモ・ロッセッリ(1530-1560c活動)の「預言者イザヤ」


p1047
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)の「聖母」(1459)


p1048
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(1459)


p1049
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)の「聖ロレンツォ」(1459)


p1050
アレッサンドロ・アルガルディ(ボローニャ、1598-ローマ、1654)の「エリザベッタ・カントゥッチ・デ・コリスの墓」(1648)


p1051
アレッサンドロ・アルガルディ(ボローニャ、1598-ローマ、1654)の「エリザベッタ・カントゥッチ・デ・コリスの胸像」(1648)


p1052
ドメニコ・グイディ(カッラーラ、1625-ローマ、1701)の「アレッサンドロ・ベニンカーザの墓」(1694)


p1053
ドメニコ・グイディ(カッラーラ、1625-ローマ、1701)の「アレッサンドロ・ベニンカーザ(1649-1694)の胸像」(1694)


p1054
ウルバーノ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1426-シエナ、1504)に帰属する「ベネデット・グイダロッティの記念碑」


p1055


p1056
ヴァレリオ・チョーリ(セッティニャーノ、1529-フィレンツェ、1599)の「ダンティ家の墓」


p1057
ヴァレリオ・チョーリ(セッティニャーノ、1529-フィレンツェ、1599)の「彫刻家ヴィンチェンツォ・ダンティの胸像」


p1058
ヴィンチェンツォ・ダンティ(パル―じゃ、1530-1576)の「法律家グリエルモ・ポンターノの記念碑」(1555)


p1059


p1060


p1061
ロレンツォ・マイターニ(シエナ、1275以前-オルヴィエート、1330)の「教皇ベネデット11世の墓」


p1062


p1063


p1064


p1065


p1066
サン・ドメニコ聖堂はこれで終わりです。


834
すっかり夕方になりました。


835
1297年から1326年に建設されたサンテルコラーノ(聖エルコラーノ)教会です。


836
サンテルコラーノ教会の扉が閉まっていました。


837
Arco di Sant’Ercolanoです。紀元前3世紀後半に築かれたエトルリアの城壁にあった7つの出入口のうちの一つです。


838
Arco di Sant’Ercolanoの上にイタリア広場があります。


P1720325
急に雨が降り始めました。


P1720326
大した降りではなく、夕日が差してました。


P1720338
虹が出てきました。


P1720341


P1720342


P1720329
先ほどまで拝観していたサン・ドメニコ聖堂です。


P1720332


P1720328
サン・ピエトロ修道院聖堂の鐘楼


P1720343
この日はこれで終わりです。
(つづく)

814
ジャン二コラ・ディ・パオロの作品です。


p1016
ジャン二コラ・ディ・パオロ(チッタ・デッラ・ピエーヴェ、1478-ペルージャ、1544)の「1494年のゴンファローネ」


815
詳細不知


816
制作者不詳の「ピエタ」


817
制作者不詳のフレスコ画(18世紀)


p1017
次は礼拝堂に描かれたフレスコ画です。


793
Presbiterio天井のフレスコ画です。


p1018
逸名画家によって1410年頃に制作されたフレスコ画です。描かれているのはドメニコ会の聖人たちです。


p1019
ドメニコ会聖人(1410c)


p1020
ドメニコ会聖人(1410c)


p1021
ベネデット・ディ・ビンドのフレスコ画がある礼拝堂です。


810
保存状態が良くありません。


809
ベネデット・ディ・ビンド(カスティリオーネ・ディ・ヴァルドルチャ、1380/1385-ペルージャ、1417)に帰属フレスコ画で、1415年頃に制作されました。


796



808


p1022


p1023


p1024


p1025


p1026


797
次の礼拝堂です。


p1027
14世紀から15世紀にかけて描かれたフレスコ画です。聖母子が3つあります。


p1028
明らかに制作者が異なります。


p1029


p1030


798


799


800


801


802


p1031


p1032


p1033


p1034


p1035


p1036
礼拝堂天井のフレスコ画は、アッレグレット・ヌーツィ(ファブリアーノ、1315-1373)によって描かれた四福音書記者です。


p1038


p1037
(つづく)

011
次はサン・ドメニコ聖堂です。


p1001
聖堂の歴史については、(その34 国立博物館)に既に触れましたが、幾つか補足しておきます。


832
聖堂はジョヴァンニ・ピサーノ(ピサ、1248c-シエナ、1315c)の設計と言われてます。


606
ドメニコ会出身の第194代教皇ベネデット11世(トレヴィーゾ?、1240-ペルージャ、1304 教皇在位:1303-1304)は、コロンナ家との確執を避けて、教皇選出直後にペルージャに避難しました。
ペルージャに到着すると、サン・ドメニコ聖堂の建設を強く推進し、1304年に創建されました。
しかし、教皇は直ぐに急死してしまいました。毒殺説もあります。


767
ベネデット11世の墓はサン・ドメニコ聖堂にあります。墓のある右翼廊にベネデット11世博物館が2019年にオープンしたそうですが、博物館に未だ行ったことがありません。


833
ファサード前の階段が17世紀に追加されました。


p1002
1961年、第261代教皇ジョヴァンニ23世(ソット・イル・モンテ、1881-ヴェティカン、1963)によってBasilica Minoreに格付けされました。


769
聖堂内に入りました。


771
三廊式、バロック様式の内部です。建設された当初は、外観と同じくゴシック様式の内部でした。


770
1862年から1879年と、1999年から2009年に行われた二度の改修を経て、すっかり新しく見えるようになった内部です。


772
最初にPresbiterioを見ます。


795
主祭壇と後陣


p1011
ピエトロ・カラット―リ(ペルージャ、1703-1762)によって、1740年頃に制作された主祭壇


794
15世紀の見事なステンドグラスが見所です。頭頂部は1759年に制作されたもので重要性が薄れます。


p1014
高さ23メートル、横8.5メートルのステンドグラスです。


p1003
ステンドグラスの原画は、マリオット・ディ・ナルド(フィレンツェ、1365c-1424)とバルトロメオ・ディ・ピエトロ(1410から活動記録-1437没)によるものです。


p1004
ステンドグラスは1411年(確定)に制作されました。


p1005


p1006


p1007
次に祭壇画を見て回ります。
この聖堂はかって美術品の宝庫でしたが、ナポレオンのイタリア侵攻に伴い、多くの傑作がフランスに持ち去られ、ナポレオンの失脚後の返還交渉にも拘らず、奪われた作品の殆どが戻されずに現在に至ってます。
それでも、サン・ドメニコ聖堂には多くの見るべき作品があります。


774
プラウティッリ・ネッリ(フィレンツェ、1524-1588)の「無原罪の聖母」


776
ジュゼッペ・ラウダ―ティ(ペルージャ、1672-1718以降没)の「シエナの聖カテリーナの神秘な結婚」


p1008
ジュゼッペ・ラウダ―ティはカルロ・マラッタの弟子です。


777
ジュゼッペ・ラウダ―ティ(ペルージャ、1672-1718以降没)の「象徴的にキリストと結婚するリマの聖ローザ」


p1009
リマの聖ローザはドメニコ会の修道女です。


780
詳細不知


781
詳細不知


782
詳細不知


783
オルガンとその下にある祭壇画が見所です。


p1013
1638年から1641年に製造されたオルガン


812
オルガンの下にある祭壇画


p1012
ジョヴァンニ・ランフランコ(パルマ、1582-ローマ、1647)の「天上の聖母子と聖ドメニコとシエナの聖カテリーナ」(1647)


784
詳細不知


785
詳細不知


803
詳細不知


804
詳細不知


805
プラウティッリ・ネッリ(フィレンツェ、1524-1588)の「聖霊降臨」


p1015


807
詳細不知
(つづく)

768
サン・ドメニコ聖堂の拝観を後回しにして、ウンブリア国立考古学博物館に入館します。


819
国立考古学博物館は、サン・ドメニコ修道院だった建物にあります。


p110041
博物館の前に、サン・ドメニコ修道院教会について触れておきましょう。


820
門を潜りキオストロに出ました。


821
この場所には、5世紀に建設されたサント・ステファノ・デル・カステッラーレ教区教会がありました。
一方、13世紀前半に建設されたペルージャのサン・ドメニコ教会は、別の場所にありました。
しかし、既に13世紀前半には宗教活動と政治の両面で、サン・ドメニコ修道会がペルージャにおける重要性が増大しており、、修道会とペルージャ当局の双方から、サン・ドメニコ修道院教会のより大きな建物の必要性が高まり、その場所としてサント・ステファノ・デル・カステッラーレ教区教会が建っている場所が選ばれました。


823
そうして、1304年、サント・ステファノ・デル・カステッラーレ教区教会の建物が取り壊され、その上にゴシック様式のサン・ドメニコ聖堂の建設が始まりました。1632年に完成しました。


824
修道院の建物は、1233年に創建され、1700年まで拡張されました。修道院が先に建設され、聖堂はその後に建設されたのです。


831
キオストロ回廊は、1455年から1579年に建設されました。


826
鐘楼は、1464年から1500年に建設されました。


825
建設された当初、高さ126メートルあった鐘楼ですが、現在の高さは60メートルです。


831
1797年、ナポレオンの抑圧令によって、修道院は閉鎖され、修道士が追放されました。その後、一度も再開されることなく現在に至ってます。


828
ナポレオンによって閉鎖された後、建物はフランス軍に接収され、軍用に使用されました。フランス軍の撤退後、サヴォイア家の所有となり、軍基地と軍用倉庫に転用されるようになりました。イタリア王国成立後は、イタリア国軍の本拠地になりました。
第二次世界大戦後、建物は修復され、1952年にウンブリア国立考古学博物館とウンブリア州立公文書がオープンしました。


822
回廊に遺跡からの発掘物が展示されてます。


829


830


p110043


p110042
回廊の壁ルネッタ上にジョヴァンニ・バッティスタ・ロンバルデッリ(オストラ・ヴェ―テル、1532-ペルージャ、1587)によって、1579年から1582年に制作された「サン・ドメニコの物語」のフレスコ画がありましたが、軍用に転用されている間に劣化が進み、第二次世界大戦後に行われた修復の際に、修復不能と断定され、全て塗り潰されてしまいました。


827
キオストロの古井戸
入館します。


p110062
考古学博物館の展示は、何処も大体同じで区別がつきません。例外は、ポンペイからの発掘物を展示するナポリの国立考古学博物館と思います。


p110061
骨壺です。考古学博物館の定番というべき展示物です。


p110063
石棺


p110064
人間の死に関する展示が多い考古学博物館です。


p110065
古代ギリシャ時代の壺(紀元前600-575)


p110066
古代ギリシャ時代の壺(紀元前600-575)


p110067
古代ギリシャ時代の壺(紀元前425-400)


p110068
ローマ時代の彫像(140-150)


p110069
ローマ時代の彫像(54-69)


p110070
石器


p110071
石器


p110072


p110073
金属製品


p110074
ローマ時代のコイン


p110075
エトルリア時代の彫刻(紀元前350-300)


p110076
骨壺の蓋(紀元前2世紀-紀元前1世紀)


p110077
骨壺の蓋(紀元前150)


p110078
浮彫


p110079
石棺(紀元前510)


p110080
石棺


pp110081
石碑(紀元前3世紀-紀元前2世紀)


p110082
石碑
国立考古学博物館はこの辺で終わりにします。


p110083
(つづく)

引き続きサン・ピエトロ聖堂です。
736
身廊横壁上に描かれた絵画です。


737


738
これらの絵画は、アントニオ・ヴァッシラーキ通称アリエンセ(マロ、1556-ヴェネツィア、1629)、パオロ・ヴェロネーゼ派逸名画家、ティントレット派逸名画家によって、1591年から1611年に制作されましたが、各場面の帰属は明らかになっていないようです。


739
絵画のテーマは、旧約聖書と新約聖書の逸話となってます。


740


741


742


743


744


745


638


746
聖堂内からキオストロに出ました。


750
見所が豊富で大満足でしたが、一部見ることが出来なかった作品があるのが残念です。


p110045
ここでペルジーノによって描かれた「サン・ピエトロのポリッティコ」について触れておきましょう。
サン・ピエトロ聖堂Presbiterioの主祭壇を飾っていたのが、ペルジーノによって1496年から1500年に制作された多翼祭壇画の大作です。
その配置は以上のようになっていました。
1797年、ナポレオン軍のイタリア侵攻に伴い、ペルージャからも多くの作品がフランスに持ち去られましたが、その一つがこの多翼祭壇画でした。
一旦は、ルーブル美術館ですべてのパネルが揃った完全な形で展示されていました。ナポレオンの失脚後、奪われた作品の返却交渉が行われました。
この多翼祭壇画も交渉されましたが、その途中で何故かパネル毎に分解されて、戻されたのはプレデッラの7パネルのみで、分解された主要パネルは今でもフランスの美術館で展示されてます。プレデッラの「聖スコラスティカ」は失われてしまいました。


p110046
キリストの昇天と聖なる父なる神(フランス・リオンの美術館にあります)


p110052
キリストの昇天


p110047
マギの礼拝(フランス、ルーアンの美術館にあります)


p110048
キリストの復活(フランス、ルーアンの美術館にあります)


p110049
キリストの洗礼(フランス、ルーアンの美術館にあります)


p110050
預言者イザヤ(フランス、ナントの美術館にあります)


p110051
預言者ダヴィデ(フランス、ナントの美術館にあります)


p110054
聖エルコラーノ(国立ウンブリア美術館蔵)


p110055
聖コスタンツォ(国立ウンブリア美術館蔵)


p110056
聖マウロ(国立ウンブリア美術館蔵)


p110057
聖ピエトロ・ヴィンチョーリ(国立ウンブリア美術館蔵)


p110058
聖ベネデットのコピー
戻された時、劣化が激しく、返還直後に制作されたコピーです。オリジナルは存在しないようです。


p110059
聖フラヴィアのコピー
聖ベネデットと同じです。


p110060
聖プラチドのコピー


751
少し脱線しました。


752
ナポレオンのイタリア侵攻で、戦利品としてイタリアの傑作を多数奪ったフランス人ですから、ドイツ軍のパリ進軍時に、美術品没収に喜んで応じるべきだったと思います。自国が奪うのは良いが、奪われるのは嫌とは道理が通らない。
このことでフランス人の美術ファンと仲違いして、絶交して今に至ってます。


753
サン・ピエトロ修道院聖堂の建物から外に出ました。


756
次は、サン・ドメニコ聖堂です。


759
Borgo XX Giugno


758
サン・ピエトロ門の先にサン・ドメニコ聖堂の鐘楼が見えました。


760
サン・ピエトロ門を潜ります。


765
カヴール通りです。


766
サン・ドメニコ聖堂に戻ってきました。


p110044
(つづく)

688
オラツィオ・アルファーニ(ペルージャ、1510-ローマ、1583)の「キリストの復活」(1553)


689


691
ジャン・ドメニコ・チェッリーニ(ペルージャ、1609-ローマ、1681)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


692


693
クーポラ


694


695
ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ通称イル・サッソフェッラート(サッソフェッラート、1609-ローマ、1685)の「聖フラヴィアと聖アポッロニアと聖カテリーナ」


696
詳細不知


697
ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ通称イル・サッソフェッラート(サッソフェッラート、1609-ローマ、1685)の「聖マウロと聖母子と聖プラチド」(1678)


698


699
ジャン・ドメニコ・チェッリーニ(ペルージャ、1609-ローマ、1681)の「聖母子」


701


702
セバスティアーノ・デル・ピオンボ派逸名画家作「ピエタ」(1650)


704


p110038
アントニオ・ヴァッシラーキ通称アリエンセ(マロ、1556-ヴェネツィア、1629)の「ベネデット会の勝利」


p110039
逸名彫刻家作「聖プラチド」


637
詳細不知


706


707


709
ヴェントゥーラ・サリンベーニ(シエナ、1568-1613)の「聖グレゴリオ・マーニョ」(1602)


710


712
ヴェントゥーラ・サリンベーニ(シエナ、1568-1613)の「ダヴィデ」(1602)


713


715
チェーザレ・セルメイ(チッタ・デッラ・ピエーヴェ、1581c-アッシジ、1668)の「聖マウロの奇跡」(1648)


716


717
ジャチント・ジミニャーニ(ピストイア、1606-ローマ、1681)の「コロンナの奇跡」(1679)


719


721
フランチェスコ・アッピアーニ(アンコーナ、1704-ペルージャ、1792)の「聖スコラスティカ」(1751)


722


724
オラツィオ・アルファーニ(ペルージャ、1510-ローマ、1583)の「聖母被昇天」


725


727
ウンブリア派逸名画家作「玉座の聖母子と聖マリア・マッダレーナと聖セバスティアーノ」


728


731
オラツィオ・アルファーニ(ペルージャ、1510-ローマ、1583)の「聖ピエトロの奇跡」(1556)


732


729


730


733
身廊の横壁上部に絵画が沢山あります。


734
これらの絵画は、アントニオ・ヴァッシラーキ通称アリエンセ(ミロ、1556-ヴェネツィア、1629)、パオロ・ヴェロネーゼ派逸名画家、ティントレット派逸名画家によって、1591年から1611年に制作されたもので、テーマは旧約聖書、新約聖書から取られてます。


736
(つづく)

636
聖堂内に入りました。


p110035
三廊式、ロマネスク様式の内部です。


p110036
非常に見所が豊富です。ペルージャでは、国立ウンブリア美術館、大聖堂付属美術館に次いで美術的に重要です。


639
壁の殆どが装飾されてます。


643
左側廊天井


p110037
身廊天井


640
ジャチント・ジミニャーニ(ピストイア、1606-ローマ、1681)の「聖ベネデットの物語」(1677)


644
ジャチント・ジミニャーニ(ピストイア、1606-ローマ、1681)の「聖プラチドを救う聖マウロ」(1677)


645



646
フランチェスコ・アッピア―ニ(アンコーナ、1704-ペルージャ、1792)の「聖ピエトロ・ヴィンチョーリ・アバーテ」(1751)


647



648
ベネデット・ボンフィーリ(ペルージャ、1420-1496)に帰属する「ピエタ」


650
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・テデスコ(ピサ、1386以前生まれ-パレルモ、1402c)に帰属する「磔刑」


651
ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ通称イル・サッソフェッラート(サッソフェッラート、1609-ローマ、1685)の「受胎告知」


653



655
オラツィオ・アルファーニ(ペルージャ、1510-ローマ、1583)の「聖母被昇天」


656



658
エウセビオ・ダ・サン・ジョルジョ(ペルージャ、1470c-ローマ、1583)の「マギの礼拝」(1508)


659



660
こちらの礼拝堂が閉鎖されていたのでガックリです。


661
傑作が6点あるので、心残りでした。


662
ジョルジョ・ヴァザーリの「カナの結婚」など3作品、ロ・スパーニャレットなどの作品があります。


663
ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ通称イル・サッソフェッラート(サッソフェッラート、1609-ローマ、1685)の「ユディト」


665



668
ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ通称イル・サッソフェッラート(サッソフェッラート、1609-ローマ、1685)の「十字架降下」


669



671
ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ通称イル・サッソフェッラート(サッソフェッラート、1609-ローマ、1685)の「聖母子」


672



673
ジャン・バティスト・ウィカー(リール、1762-ローマ、1834)の「聖ピエトロ」


675
15世紀の逸名画家作「ピエタ」(1469)


676



678
ルドヴィーコ・カッラッチ(ボローニャ、1555-1619)の「園のキリスト」


679



680
ジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエーリ通称イル・グエルチーノ(チェント、1591-ボローニャ、1666)の「聖パオロ」


682



683
683
Presbiterioのフレスコ画


684
ジョヴァンニ・バッティスタ・ロンバルデッリ(オストラ・ヴェ―テレ、1532-ペルージャ、1587)の「聖パオロの回心」(1586)


685
ジョヴァンニ・バッティスタ・ロンバルデッリ(オストラ・ヴェ―テレ、1532-ペルージャ、1587)の「天国のカギを聖ピエトロに託すキリスト」(1586)


686


687
(つづく)

610
カヴール通りを進みます。


611
サン・ピエトロ門が見えてきました。写真左奥に教会があります。


612
サンタ・マリア・ディ・コッレ教会です。


615
教会の歴史は1216年に遡るそうです。1303年の文書に、この場所に同名の礼拝堂の存在が記載されてます。


614
14世紀後半、最初の礼拝堂を組み込んで教会が建設され、教区教会となりました。


613
1957年に宗教活動が停止され、現在、Auditorium Marianum "Frescobaldi"となってます。


616
サンタ・マリア・ディ・コッレ修道院だった建物は宗教音楽学校になってます。


617
修道院入り口にあるフレスコ画


618
サン・ピエトロ門です。ロマーナ門とも呼ばれてます。


619
市域の拡大によって、13世紀に新しい城壁が築かれましたが、ローマに向かう道の門として14世紀に築かれたサン・ピエトロ門です。
城壁内のファサードは、14世紀当時の外観を保持しているそうです。


620
城壁内ファサードのフレスコ画「ロザリオの聖母と聖ドメニコと聖フランチェスコ」(1817)
私には制作者が分かりません。


762
サン・ピエトロ門のアーチに描かれた「慈悲の聖母」のフレスコ画(詳細不知)


764
門の内側


763
サン・ピエトロ門を潜って城壁外に出ました。


761
サン・ピエトロ門の城壁外ファサードは、アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418-ペルージャ、1481c)とポリドーロ・ダ・ステファノによって、1475年から1480年に建設されました。アルベルティの影響を受けた門です。


621
写真左の建物は、サン・ピエトロ門に隣接しています。


622
サン・ピエトロ聖堂の鐘楼が写ってます。


623
Borgo XX Giugno


624
サン・ピエトロ門とサン・ピエトロ聖堂の真ん中辺りにあるマドンナ・ディ・ブラッチョ教会です。


p110027
1497年に建設されましたが、1782年、Borgo XX Giugnoの道路拡張によって身廊が半分に縮小されてしまいました。


p110028
中に、ティベリオ・ラニエーリ・ディ・ディオタッレヴィ(アッシジ、1470c-1524)の「聖母子」のフレスコ画があります。


625
現在でも活動をしている教会です。


626
サン・ピエトロ聖堂に向かいます。


p110030
聖堂の歴史は古く、4世紀の初期キリスト教会に遡ると言われてます。
この場所に、ペルージャ最初の司教座教会がありましたが、それを取り壊して、996年に建設されたサン・ピエトロ修道院が現在の姿の原形です。その修道院は、1002年に文書に初めて記載されているそうです。修道院内の教会が1398年に拡大されました。


757
1591年、建築家ヴァレンティーノ・マルテッリ(ペルージャ、1550c-1630)の設計、工事監督によって改造拡張工事が着工され、その30年後に完成した建物が現在の姿になってます。


754
教会には、この入り口からキオストロに出て、キオストロ回廊を経由して中に入ります。


755
Basilica Minoreに格付けされてます。


629
キオストロに出ました。
サン・ピエトロ修道院は、ナポレオン軍のイタリア侵攻に伴う抑圧令によって、1799年に閉鎖され、フランス軍に接収されて軍用施設に転用されました。その後、民間倉庫として使用されましたが、イタリア王国の成立後は軍施設になりました。
1887年、ペルージャ市の所有となりました。現在は、ペルージャ大学の農業・食品・環境科学部の学舎になってます。


630
鐘楼


p110029
1463年から1468年に建設された、この鐘楼は非常に目立ちます。


631
キオストロ回廊です。


633
回廊の壁の一角にフレスコ画があります。


634
残されているのはこれだけのようです。


p110031
受胎告知


p110032
14世紀に制作されたフレスコ画の制作者などの詳細が分からないようです。


p110033


632
回廊から聖堂内に入れます。


747
案内板があるので迷うことはないと思います。


748
鐘楼の下の聖堂の入り口があります。


749
この下に入り口があります。


p110034
聖堂の入り口です。閉まってますが隣の扉が開いてます。
入口扉上ルネッタにフレスコ画があります。


635
ジャン二コラ・ディ・パオロ(ペルージャ、1460c-1544)に帰属する「聖母子と二天使」
(つづく)

p110014
コッレージョ・デル・カンビオの公判の間の続きです。


p110015
ペルジーノのフレスコ画です。


p110016


p110017


p110018


p110019


p110020


581
両替商が使用した金銀のギルド公認錘です。これを基準にして持ち込まれた金銀の重量を量っていました。


582
次は、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ礼拝堂です。


567
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ礼拝堂です。1506年から1509年に礼拝堂に改造されました。両替商ギルドの礼拝堂ではなく、プリオーリ宮の礼拝堂だったと思います。


568
「聖ジョヴァンニ・バッティスタの誕生」
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ礼拝堂は、フレスコ画で装飾されてます。


569
「キリストの洗礼」
礼拝堂のフレスコ画は、ジャン二コラ・ディ・パオロ(ペルージャ、1460c-1544)によって1513年から1529年に制作されました。非常にゆっくりと制作されたフレスコ画ですが、その理由はフレスコ画制作費の支払いが遅れたからのようです。
ジャン二コラ・ディ・パオロは、ペルジーノの弟子でしたが、初期の頃はペルジーノの協力者として制作に参加することが多かったそうです。後にラッファエッロの影響を強く受けた画風に転じました。


570
「聖ジョヴァンニ・バッティスタの斬首」


571
「サロメ」


572
「ご訪問」


573


574


575


576


577


578


579


580


372
ゆっくりと鑑賞できました。


599
コッレージョ・デル・カンビオは、それ程人気がないようで、大体空いてます。


600
イタリア人好みのヘンテコなモニュメントがありました。


p110021
次は、商人組合の間、コッレージョ・デッラ・メルカンツィアです。


p110022
プリオーリ宮の国立ウンブリア美術館入り口の横、11月4日広場寄りにあります。


p110023
Museoとして一般公開されてますが、コッレージョ・デル・カンビオとは別料金となってます。


p110024
四つの基本的美徳、正義、不屈、慎重、節制


p110025
北欧の職人によって14世紀に制作された四角形の装飾


p110026
商人組合の間は、1390年にこの場所に置かれるようになりました。


601
次は、サン・ピエトロ聖堂です。


602
サン・ピエトロ聖堂は城壁外にあります。


603
サンタ・クローチェ門を潜ります。


604
カヴール通りに出ました。


605
サン・ドメニコ聖堂です。


607
サン・ドメニコ聖堂の扉が開いてましたが、夕方遅くまで開いているので拝観を後回しにしました。


608
サン・ドメニコ聖堂を通り過ぎます。


609
(つづく)

374
Corso Pietro Vannucciに面したプリオーリ宮のイタリア広場方向の端にコッレージョ・デル・カンビオがあります。


370
Nibile Collegio del Cambioです。


371
ペルージャにおける最強ギルドの一つである両替商ギルドの本部が置かれていました。


p110002
入り口横にある銘板
プリオーリ宮の一部に両替商ギルドの本部が置かれることになり、1452年から1457年に改造されました。


p110001
美術的な見所は、公判の間に描かれたペルジーノのフレスコ画とサン・ジョヴァンニ・バッティスタ礼拝堂に描かれたジャン二コラ・ディ・パオロのフレスコ画です。


560
Museoとして一般公開されてます。入館しました。


p110003
最初は、公判の間 Sala delle Udienzaです。
両替商ギルドにとって最重要なことは金銭的な訴訟でした。この部屋で、金銭的な民事訴訟の公判、判決が行われました。


p110004
公判の間は、ピエトロ・ディ・クリストフォロ・ヴァンヌッチ通称ピエトロ・ペルジーノまたはイル・ペルジーノ(チッタ・デッラ・ピエーヴェ、1448c-フォンティニャーノ、1523)によって、1498年から1500年に制作されたフレスコ画で装飾されてます。


566
羊飼いの礼拝


p110005


561
古代の戦士などの有名人


p110008


562
ペルジーノは自画像を描き込んでます。


p110007
ペルジーノの自画像


586
古代の有名人


p110006


563
キリストの変容


p110009


564


565
預言者たち


p110010


585
ベネデット・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1442-フィレンツェ、1497)の「正義の黄金のテラコッタ」(1492)
木彫り彫刻は、ドメニコ・デル・タッソ(フィレンツェ、1440-1508)の作品(1491-1493)です。


587


588


589


590
アントニオ・ベンチヴェンニ・ダ・メルカデッロ(14世紀後半-15世紀前半活動)の寄せ木細工(1501)


583
アントニオ・ベンチヴェンニ・ダ・メルカデッロの寄せ木細工(1501)


584
アントニオ・ベンチヴェンニ・ダ・メルカデッロの寄せ木細工(1501)


591


592


593


594


595


596


597


598
ドメニコ・デル・タッソ(フィレンツェ、1440-1508)の作品(1491-1493)


p110011


p110012


p110013
(つづく)

468


P2330353


P2330358


469


P2330357


470


P2330408


472


P2330402
詳細不明


475


P2330399


P2330400


P2330395


476


478


479


481


482


483


484


486


487


532
詳細不明


P2330421


P2330424


P2330427


P2330431


P2330433


P2330436


P2330438


P2330441


P2320996
美術館から外に出ました。


P2320994
キオストロを通って外に出ます。


554
薄暗い館内から広場に出ると、強烈な日差しで目がチカチカしました。


555
Fontana Maggiore


556


557


553
プリオーリ宮を見ます。


558
次は、プリオーリ宮のコッレージョ・デル・カンビオと商人組合の間です。


559
(つづく)

446


P2330236


P2330238


447


P2330240


P2330241


449


P2330269


P2330273


452


P2330192


514


454


537


456


497


498


458


493


459


P2330291


P2330256


461


488


489


490


462


463


491


464


P2330337


P2330338


465


P2330341


P2330343


466


P2330346


P2330347


467


P2330349


P2330351
(つづく)

419


549


551


420


552


422


P2330125


P2330124


424


P2330162


P2330165


426


P2330171


P2330174


428


522


431


P2330198


P2330200


433


512


435


509


510


437


P2330206


508


438


P2330213


P2330215


439


P2330211


441


P2330243


P2330261


443


P2330265


502


444


504
(つづく)

380
次は、サン・ロレンツォ大聖堂付属美術館です。


383
サン・ロレンツォ大聖堂身廊に向かって左側に付属美術館の入り口があります。


384
ドゥオーモを飾っていたルカ・シニョレッリの作品があるので、ペルージャに来れば必ず入館します。


386
キオストロに出ます。


385
聖堂内は今でも見所満載ですが、古い主な作品の多くは付属美術館で展示されてます。


387
展示作品の殆どはドゥオーモにあったものですが、他の場所にあった作品もごく一部展示されてます。


388
キオストロ回廊も見逃せません。


389
回廊にドゥオーモの初代の建物の柱や彫刻などが展示されてます。


390


391


393
入館しました。


394
展示物が何時も同じとは限りません。


395


396


397


398
逸名画家作「祈る聖母」(15世紀)


399
詳細不明


400


401


402


403
フォロの遺跡です。大聖堂は、エトルリア時代とローマ時代のフォロの遺跡の上に建設されました。


404


405


406


407


P2330051


408


P2330072


409


P2330086


540


541


411


538


539


544


545


415


547


542


543
(つづく)

166
Via Maesta della Volte


167
15世紀に建設されたアーチです。


168
アーチの下にあるピエトロ・アンジェリーニの「Fontana di Via Maesta delle Volte」


170
モラッキ広場です。


169
モラッキ広場に面して建つPalazzo Manzoniです。アウレリ家が1681年から1703年に建設した邸宅です。


172
現在、ペルージャ大学の人文関係の学舎として使用されてます。


171
あちこち動いて、足が重くなってきました。


173
日が傾いてきました。


174
アーチに戻りました。


175
疲労を感じたので、この日はこれで終わりにしました。


176
大学生が未だ屯してました。


177
プリオーリ宮の見学は翌日に回します。


178
ホテルに向かいます。


006
朝になりました。


007
快晴になりました。


008
サン・ドメニコ教会が見えます。(写真左)


011
サン・ドメニコ教会は必訪です。


012
遠くサン・ピエトロ教会の鐘楼が見えます。(写真右)


009
サンタンナ駅が見えます。


010


013
サンタ・ジュリアーナ修道院教会が見えます。


014


015


001
早い時間なので観光客がいません。


002
イタリア広場


003


004
何回も泊まったことがあるロゼッタです。


005
今回のお宿です。朝食が高過ぎて困惑。


018
イタリア広場横で、何やら放送中でした。


016
ホテルに戻って朝食です。


017
午前中はホテルで色々なことをやりました。


369
午後になって外出しました。


370
この日は人出が多かった。


371
先ず国立ウンブリア美術館です。


372
私の場合、ペルージャに来る最大の目的は国立ウンブリア美術館に入館することです。


373


374
入館しました。


375
国立ウンブリア美術館のこの時の様子は省略します。


376
美術館から外に出ました。


377
11月4日広場です。


379
プリオーリ宮


380
Fontana Maggiore


378
(つづく)

124
サン・セヴェーロ礼拝堂から外に出ました。


126
この先に行きたいと思いましたが、ドゥオーモで待ち合わせがあるので断念。


127
古い建物ばかりが建ってます。


128
ラッファエッロ広場に面して建っている建物です。


130
道を下ってドゥオーモに向かいます。


131
崖崩れの危険がありそうな一画を通り過ぎます。


p130522
ルネサンス関係の団体と一緒に中に入ります。写真不可ですが、この時は撮ることが出来ました。


132
聖堂内に入りました。
ペルージャ=チッタ・デッラ・ピエーヴェ大司教区の大司教座が置かれているサン・ロレンツォ大聖堂です。


153
エトルリア時代とローマ時代のフォロがあった場所に936年から1060年に最初の建物が建設されました。
1300年頃、最初の建物が経時劣化したので、建物の再建が決められました。そうして、1345年に創建され、1490年に完成したゴシック様式の二代目の建物が現在の姿になってます。1569年に奉献式が執り行われました。


p130523
ドゥオーモにあった主な作品は、隣接する大聖堂付属美術館に移されてます。


p130524
サン・ロレンツォ大聖堂の構造図です。
三廊式、ラテン十字形、ゴシック様式の内部です。


154
華やかな感じがする内部です。


p130528
Presbiterio


152
Presbiterioは立ち入り禁止でした。


p130525
主祭壇


p130526
天井の殆どがフレスコ画で覆われてます。


p130527
フランチェスコ・アッビアーニ(アンコーナ、1704-ペルージャ、1792)、ヴィンチェンツォ・モノッティ、ヴァレンティーノ・カラット―リなどによって18世紀に制作されたフレスコ画です。


149
7,8人の画家がフレスコ画制作に参画しましたが、場面毎の作品帰属は不明のようです。


150


151


141
火事によって痛みが激しいフレスコ画


p130529
サン・ベルナルディーノ礼拝堂です。


136
サン・ベルナルディーノ礼拝堂の祭壇画


p130530
フェデリーコ・バロッチ(ウルビーノ、1535-1612)の「十字架降下」(1569)


p130532
洗礼堂礼拝堂です。


p130531
洗礼盤


138
詳細不知


143
オラツィオ・アルファーニ(ペルージャ、1510-ローマ、1583)の「聖セバスティアーノの殉教」(1572)


p130533
サント・ステファノ礼拝堂です。


145
サント・ステファノ礼拝堂の祭壇画


p130534
ジョヴァンニ・バリオーネ(ローマ、1566-1643)の「聖ステファノの殉教」


p130535
左側廊の礼拝堂


148
礼拝堂の祭壇画


p130536
詳細不知


p130537
ゴンファローネ礼拝堂です。


156
ベルト・ディ・ジョヴァンニ(ペルージャ、1475-1529)の「ゴンファローネの祭壇画」(1526)


157


160
フランチェスコ・アッビアーニ(アンコーナ、1704-ペルージャ、1792)の「天上の聖母と聖人たち」(1740)


p130538


163
イッポリート・ボルゲーゼ(シジッロ、1568-1627)の「聖母被昇天」(1620)


p130539


164
グループで行くと、写真の数が限られてしまいます。


165
外に出ました。
(つづく)

109
国立ウンブリア美術館から外に出ました。


073
展示作品があまり変わらない方に属する国立美術館でした。


074
チェーザ・ファーニ通り


075
ドゥオーモは、この時間閉まってます。


076
Fontana Maggiore


077
プリオーリ宮です。


078
大司教館です。


079
11月4日広場です。


080
Corso Pietro Vannucci


081
この日は4月23日でしたが、観光客がかなり少なかったと思いました。


082
プリオーリ宮の見学は、この日の翌日にしました。


083
学生の憩いの場になっているドゥオーモ前の階段です。


084
ドゥオーモのファサード前を通り過ぎます。


085
次はサン・セヴェーロ礼拝堂に行く予定でしたが、Museoとして一般公開されている礼拝堂は未だ昼休み中でした。


086
サン・セヴェーロ礼拝堂美術館が開く時間まで、暫く時間潰しをしました。


087
バルトロ通りを下ります。


088
バルトロ通りのアーチに向かって進みます。


089
アーチの先にサン・フォルトゥナート教会の鐘楼が見えます。


090
アーチ下のタベルナコロがあります。


091
潜ったアーチを振り返って撮った写真です。


092
Arco Etrusco o di Augustoに出ました。紀元前3世紀後半に建設されました。


093
エトルリア時代、8つの門が築かれましたが、そのうちの一つです。現存するのはこれを含めて2つの門です。


097
紀元前40年頃、アウグストゥスがペルージャを包囲したので、別名アウグストクス門とも呼ばれてます。


096
門を潜るとウリッセ・ロッキ通りに出ます。


094
門外に建っているサン・フォルトゥナート教会です。


099
チェーザレ・バッティスティ通りから見た景観です。


100
サン・セヴェーロ礼拝堂美術館の開館時間が迫ってきました。


101
開館日とされている日でも閉まっていたことがありました。


113
イタリアでは、突発的臨時休館は頻繁に起きます。


114
案内標識があるので、道に迷うことなくサン・セヴェーロ礼拝堂美術館に行くことが出来ます。


115
次を左折すれば、サン・セヴェーロ教会に出ます。


116
サン・セヴェーロ教会です。


125
教会と修道院は15世紀に建設されました。現在の新古典様式のサン・セヴェーロ教会の建物は1758年に再建されたものです。


117
教会横に修道院だった建物です。建物の扉が開いていたのでホッとしました。


123
この中に美術館として公開されているサン・セヴェーロ礼拝堂があります。


120
中に入りました。


p130514
あるのは、これだけです。


p130520
上部がラッファエッロ・サンツィオ(ウルビーノ、1483-ローマ、1520)によって1505年から1508年に描かれました。
下部は、ペルジーノ(チッタ・デッラ・ピエーヴェ、1448-フォンティニャーノ、1523)によって1521年に描かれました。
師弟によって描かれた珍しいフレスコ画です。
ラッファエッロに注文されましたが、ローマで多忙を極めていたため、ペルージャに来る機会が遠のき未完のまま放置されてしまいました。
1520年、ラッファエッロが没してしまったので、フレスコ画の完成が不可能となりました。師匠のペルジーノに完成が依頼されたのです。
ニッチの「聖母子」のテラコッタは、15世紀後半にトスカーナの逸名工房によって制作されたものです。
現存するフレスコ画は、オリジナルからかなり欠落していると言われてます。


p130515
ラッファエッロによって描かれた上部


p130516
三位一体


p130517
ラッファエッロの聖人たち


p130518
ペルジーノの聖人たち(聖スコラスティカ、聖ジローラモ、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ)


p130519
ペルジーノの聖人たち(聖グレゴリオ・マーニョ、聖ボニファチョ、聖マルタ)


121
ラッファエッロ像(制作者不知)が置かれてます。


p130521
(つづく)

P1720079


P1720081


P1720082


P1720085


P1720086


P1720087


P1720089


P1720092


P1720093


P1720096


P1720097


P1720100


P1720101


P1720102


P1720104


P1720106


P1720107


P1720109


P1720110


P1720112


P1720113


P1720115
先ほどまで修復作業をやっていた女性が中座しました。


P1720117


P1720119


P1720121


P1720123


P1720125


P1720126


P1720128


P1720129


P1720131


P1720132


P1720134


P1720135


P1720136


P1720137


P1720139


P1720140


P1720141


P1720143


P1720144


P1720145


P1720146


P1720147


P1720149


P1720150


P1720151


P1720152
2013年4月の国立ウンブリア美術館はこれで終わりです。
(つづく)

P1720011
第33室のフレスコ画です。


P1720014


P1720016


P1720018


P1720019


P1720022


P1720023


P1720025


P1720027


P1720028


P1720029


P1720030


P1720033


P1720036


P1720037


P1720039


P1720041


P1720042
最後の晩餐


P1720045


P1720047


P1720048


P1720049


P1720051


P1720052


P1720053
ピエトロ・ダ・コルトーナの作品は修復中でした。


P1720056


P1720057


P1720059


P1720060


P1720062


P1720064


P1720065


P1720066


P1720067
第37室に入室します。


P1720069


P1720070


P1720072


P1720073


P1720076


P1720078
(つづく)

P1710953
第31室に入室します。


P1710956


P1710958


P1710960


P1710962


P1710963


P1710964


P1710966


P1710967


P1710968


P1710969


P1710970


P1710972


P1710973


P1710974


P1710976


P1710979


P1710981


P1710984


P1710985


P1710986
第33室に入室します。この辺から部屋番号表示があったりなかったりです。


P1710987
Collezione Martinelli


P1710988
部屋のフレスコ


P1710989


P1710991
Daと書かれてますが、アレッサンドロ・アルガルディ作品のコピー作品(複製品)という意味になります。


P1710992


P1710994


P1710995


P1710996


P1710997


P1710998


P1720001


P1720002


P1720003


P1720004


P1720005


P1720006


P1720007


P1720008


P1720009


P1720010
(つづく)

第28室の続きです。
P1710894


P1710907


P1710895


P1710896


P1710898


P1710900


P1710902


P1710904


P1710906


P1710909


P1710911


P1710912
第29室に入室します。


P1710915


P1710916


P1710918


P1710919


P1710921


P1710923


P1710927


P1710928


P1710929


P1710930


P1710931


P1710932


P1710933


P1710934


P1710936
32室の作品が29室に移されていました。


P1710937


P1710938


P1710940


P1710941


P1710942
第30室に入室します。


P1710944


P1710946


P1710947


P1710948


P1710950


P1710952
(つづく)

引き続き第27室です。
P1710822


P1710824


P1710826


P1710828


P1710829


P1710830


P1710832


P1710842


P1710844


P1710847


P1710849


P1710850


P1710852


P1710853


P1710855


P1710857


P1710858


P1710859


P1710861


P1710863


P1710864


P1710867


P1710868


P1710908
第28室に入室します。


P1710870


P1710871


P1710873


P1710876


P1710877


P1710880


P1710881


P1710883


P1710885


P1710887


P1710889


P1710891


P1710892
(つづく)

第24室の続きです。
P1710743


P1710769


P1710747


P1710749


P1710753


P1710754


P1710757


P1710759


P1710762


P1710763


P1710764


P1710766


P1710767


P1710776


P1710777


P1710779


P1710780


P1710783


P1710785


P1710786
第25室に入室します。


P1710789


P1710790


P1710793


P1710794


P1710796


P1710798


P1710800


P1710802


P1710804


P1710806


P1710807
第26室に入室します。


P1710810


P1710812


P1710813


P1710814


P1710818


P1710819
第27室に入室します。


P1710834


P1710836


P1710839


P1710840
(つづく)

第21室の続きです。
P1710680


P1710681


P1710682


P1710683


P1710684


P1710685
第22室に入室します。


P1710688


P1710689


P1710692


P1710693


P1710695


P1710697


P1710699


P1710701


P1710703
第23室に入室します。


P1710704


P1710707


P1710708


P1710711


P1710713


P1710715


P1710716


P1710717


P1710718


P1710719


P1710720


P1710721


P1710725


P1710726


P1710728


P1710730


P1710732


P1710734


P1710735


P1710737


P1710739


P1710740
第24室に入室します。


P1710770


P1710774


P1710775
(つづく)

第18室の続きです。
P1710624


P1710626


P1710630


P1710631


P1710632


P1710633


P1710634


P1710635

P1710636


P1710637

P1710638


P1710639


P1710640


P1710641
ピエロ・ディ・コジモの作品がなかった!


P1710643


P1710644
第19室に入室します。


P1710646


P1710647


P1710648


P1710649


P1710650


P1710645


P1710651


P1710652
第20室に入室します。


P1710653


P1710654


P1710655


P1710656


P1710657


P1710658


P1710660


P1710661


P1710662
第21室に入室します。


P1710663
フレスコ画が描かれてます。


P1710665


P1710667


P1710670


P1710672


P1710673


P1710675


P1710674


P1710676


P1710677
(つづく)

第18室の続きです。
P1710577
部屋のフレスコ画、天井装飾を見ます。


P1710578
私にはフレスコ画制作者等の詳細が分かりません。


P1710579
天井装飾の詳細も分かりません。


P1710580


P1710582


P1710593


P1710594


P1710595


P1710596


P1710597


P1710598


P1710601


P1710602


P1710603


P1710604


P1710553
ルカ・シニョレッリの作品を見ます。


P1710552


P1710573


P1710549


P1710551


P1710559


P1710562


P1710564


P1710566


P1710567


P1710569


P1710572


P1710575


P1710576


P1710584


P1710585


P1710588


P1710591


P1710592


P1710607


P1710610


P1710614


P1710615


P1710616


P1710617


P1710618


P1710623
(つづく)

第16室の続きです。
P1710478


P1710501


P1710484


P1710485


P1710489


P1710492


P1710494


P1710495


P1710500


P1710503


P1710506


P1710508


P1710509


P1710511


P1710513


P1710543


P1710514


P1710516


P1710517


P1710519


P1710518


P1710520


P1710521


P1710525


P1710528


P1710529


P1710531


P1710532
第17室入室します。


P1710534


P1710535


P1710536


P1710537


P1710538


P1710539


P1710540


P1710541


P1710544


P1710546
第18室に入室します。


P1710547


P1710548


P1710554


P1710553
(つづく)

引き続き第14室です。
P1710393


P1710406


P1710397


P1710399


P1710402


P1710405


P1710407
第15室に入室します。


P1710456


P1710409


P1710411


P1710412


P1710413


P1710433


P1710417


P1710418


P1710421


P1710424


P1710426


P1710427


P1710429


P1710432


P1710434


P1710437


P1710438


P1710440


P1710442


P1710443


P1710447


P1710448


P1710450


P1710453


P1710455


P1710458
第16室に入室します。


P1710462


P1710463


P1710466


P1710467


P1710469


P1710470


P1710474


P1710476
(つづく)

引き続き第11展示室です。
P1710302


P1710304


P1710307
第12室に入室します。


P1710310


P1710312


P1710314


P1710317


P1710320


P1710322


P1710323


P1710325


P1710328


P1710329
第13室に入室します。


P1710331
表裏両面に描かれてます。


P1710337


P1710333


P1710339
両面に描かれてます。


P1710342


P1710344


P1710348


P1710351


P1710353


P1710355


P1710356


P1710357
第14室に入室します。


P1710360


P1710361


P1710363


P1710364


P1710367


P1710370


P1710373


P1710376


P1710379


P1710381


P1710384


P1710387


P1710389


P1710391


P1710392
(つづく)

P1710211
第9室に入室します。


P1710214


P1710215


P1710218


P1710220


P1710221


P1710224


P1710226


P1710228


P1710232


P1710235


P1710237


P1710240


P1710241


P1710245


P1710246


P1710247
第10室に入室します。


P1710248


P1710250


P1710252


P1710254


P1710255


P1710269


P1710258


P1710260


P1710262


P1710263


P1710266


P1710267


P1710270
第11室に入室します。


P1710306
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品の前に誰もいません。


P1710305
独り占めでゆっくりと鑑賞出来ました。


P1710273


P1710301


P1710276


P1710278


P1710281


P1710283


P1710284


P1710287


P1710289


P1710291


P1710294


P1710296


P1710297


P1710298


P1710299


P1710300
(つづく)

第6室の続きです。
P1710132


P1710135


P1710137


P1710138


P1710140


P1710141


P1710142
第7室に入室します。


P1710143


P1710144


P1710147


P1710150


P1710153


P1710154


P1710156


P1710158


P1710161


P1710162


P1710163


P1710166


P1710168


P1710171


P1710173


P1710176


P1710177


P1710181


P1710182
第8室に入室します。


P1710210
第8室の展示作品はベアート・アンジェリコの多翼祭壇画一点だけです。


P1710208


P1710207


P1710183


P1710187


P1710189


P1710190


P1710192


P1710195


P1710197


P1710198


P1710201


P1710203


P1710205


P1710209
(つづく)

P1710047
第5室に入室します。



P1710058


P1710061


P1710062


P1710065


P1710068


P1710069


P1710072


P1710073


P1710075


P1710077


P1710079


P1710080


P1710081


P1710083


P1710085


P1710087


P1710091


P1710094


P1710097


P1710099


P1710101


P1710103


P1710105


P1710106


P1710108


P1710109
第6室に入室します。


P1710110


P1710112


P1710115


P1710116


P1710119


P1710120


P1710122


P1710123


P1710124


P1710125


P1710126


P1710129


P1710130
(つづく)

P1710046
第4室です。


P1700958
表裏両面に描かれてます。


P1700965


P1700959


P1700960


P1700962


P1700968


P1700969


P1700970
表裏両面に描かれてます。


P1700974


P1700973


P1700980


P1700981


P1700983


P1700985


P1700987


P1700989


P1700992


P1700993


P1700995


P1700997


P1700999


P1710002


P1710005


P1710008


P1710011


P1710014


P1710015


P1710017


P1710019


P1710022


P1710024


P1710027


P1710028


P1710030


P1710033


P1710037


P1710038


P1710041


P1710042


P1710045
詳細不明です。作品紹介プレートがありません。
(つづく)

P1700893


P1700894


P1700897


P1700898


P1700901


P1700902


P1700903
第2室に入室します。


P1700904
シエナ派画家の作品が多いようです。


P1700907


P1700908


P1700911


P1700912


P1700913


P1700914


P1700916


P1700917


P1700918


P1700919


P1700921


P1700922


P1700923


P1700924


P1700925


P1700926


P1700927


P1700929


P1700930


P1700932


P1700934


P1700936


P1700937
第3室に入室します。


P1700939


P1700940


P1700941


P1700944


P1700945


P1700948


P1700949
第4室に入室します。


P1700951


P1700952


P1700954
詳細不明です。作品紹介プレートがありません。
(つづく)

065
大満足のバルデスキ美術館でした。


066
プリオーリ宮です。


067
国立ウンブリア美術館に入館します。


068
メインポータル上の彫刻はコピーです。


069
ライオン像


070
柱の彫刻


071


102
プリオーリ宮の中に入りました。


103
国立ウンブリア美術館に入館しました。


104
展示作品については既に取り上げました。


108
これは何でしょうか?


107
美術館や博物館の展示作品は何時も同じとは限りません。特に展示作品が多い所は、行く度に展示作品が微妙に変わります。
国立ウンブリア美術館に付いては既に取り上げましたが、改めて取り上げるのは展示作品が変わっていたからです。
展示作品の差し替えが行われる理由ですが、限られた展示スペースに比べて所蔵作品が多いこと、修復が必要、長く展示していると作品が劣化する等の理由が挙げられます。
ここで取り上げるのは2013年4月時点の展示作品です。


P1700833
作品画像と美術館の作品プレートの写真を掲載します。余計と思われる私自身の解釈を排除するのが目的です。


P1700836


P1700837


P1700838


P1700840


P1700842


P1700844
作品プレートがありません。


P1700846
第一室に入室します。


P1700848


P1700850


P1700853


P1700858


P1700859


P1700861


P1700864


P1700866


P1700868


P1700871


P1700875


P1700876


P1700879


P1700880


P1700882


P1700884


P1700887


P1700888


P1700889


P1700890


P1700891
(つづく)

1107
次はドゥオーモです。


1109
ドゥオーモを拝観しましたが、写真不可でした。


1108
ドゥオーモのファサード


1116
ルネサンスの特別ツアーで撮ったドゥオーモ内部の写真があるので、何れ紹介させて頂きます。


1110
この建物を見ると、何時も危険ではないの?と思います。


1113
ペルージャは何度も地震に見舞われて、大きな被害を受けたことがあります。大きなお世話か?


1111
Chiesa della Compagnia dell’Orazione e della Buona Morte


1112
ペルージャは非常に見所が豊富です。


1114
ほぼ毎年訪れてました。


1115
鉄道駅から旧市街まで、バスターミナルから旧市街まで、行くのが結構大変です。


1117
夏休み前にも拘らず混雑していました。


1118


1119
Corso Pietro Vannucci


1120
写真左のお店で軽食を食べました。


1157
同じ年の11月です。


1149
薄暗いですが、午前11時頃です。


1150
雨が降り続く寒い日でした。


1151
観光客が殆どいません。


1152
大司教館


1153
Fontana Maggiore


1154
風雨が強くなる一方でした。


1155
美術館を楽しむには全く問題なかった。


1156
傘が役に立たない天候だったので、レストランで食事してから直ぐにホテルに戻って寝ました。このような日もあります。


053
2013年4月です。この時のお宿です。何時も利用するホテルは修復工事のため臨時休館中、もう一つのホテルは恐らく大学関係の会合があるらしく満室でした。ペルージャは観光客に人気ですが、便利な旧市街にあるホテルの収容力が少なく困ることがあります。


049
ホテル自室ベランダからの眺め


050


051


052
ウンブリア特有の特徴ある屋根の家


054
部屋で暫く寛いでから外出しました。


055
エブルネア門です。


056
階段を上ってイタリア広場に出ました。


057
イタリア広場に立つヴィットリオ・エマヌエーレ2世像


058
Palazzo Cesaroni


059
Palazzo della Provincia


060
1716年から1726年に貴族の館として建設されたPalazzo Doniniです。現在、ウンブリア地方議会が置かれてます。


061
Corso Pietro Vannucciです。


063
この日の最初の目的はバルデスキ美術館です。


062
Palazzo Baldeschiです。


064
ご存知の方が少ないように思いますが、Palazzo Baldeschiに美術館があります。
この当時、中は写真不可でした。


p130504
Palazzo Baldeschiは、現在Fondazione Cassa di Risparmio di Perugiaが所有してます。Palazzo Baldeschiの一部が美術館になっており、Fondazione Cassa di Risparmio di Perugiaが保有する約200点の作品が展示されてます。


p130505
Fondazione Cassa di Risparmio di PerugiaのHPから拝借した美術館の写真を載せてます。


p130506
この美術館の展示作品は非常に充実してます。


p130507
ルカ・シニョレッリ、ペルジーノ、ニッコロ・ラルンノ,ピントゥリッキオ、グエルチーノ、ジョヴァンニ・バリオーネ、フェデリーコ・ツッカリ、クリストフォロ・ロンカリなどの作品があります。


p130508
美術ファンなら必訪でしょう。


p130509


p130510


p130511


p130513
近代画、現代画も展示されてます。
(つづく)

コロナ禍に加えて、私自身の老いがあって、2019年4月を最後にイタリアへの旅が出来ない状態が続いてます。そのため、未発表の写真が残り少なくなってきました。(日当たり平均40枚の写真をアップすると、一年で14,600枚の写真が必要となります)
また、皆様があまりご興味を抱かないと思われるコムーネばかりを取り上げることに正直躊躇いがあります。
その様な状況を勘案して、ブログを書くなんて夢想だにしなかった時に撮った写真を載せて、暫く時間稼ぎをしようと思いました。

ペルージャは、人口164,417人(2020年8月31日現在)のウンブリア州ペルージャ県の州都であり、県都です。
1065
ピエロ・デッラ・フランチェスカ、ルカ・シニョレッリ、ペルジーノ、ラッファエッロ・サンツィオ、ピントゥリッキオなどが活動した街ペルージャが大好きです。


1066
強烈な日差しの初夏の日でした。


1067
バスターミナルのパルティジャーニ広場からイタリア広場に向かいます。


1068
エスカレーターを数度乗り継いで地上のイタリア広場に向かいます。


1069
イタリア広場です。広場に面したホテルがこの日のお宿でしたが、当時、ホテルの写真を撮ろうと考えたことがなかったので写真がありません。


1070
1895年から1898年に建設された、新古典様式のPalazzo Cesaroniです。ウンブリア州議会が置かれてます。


1071
澄み切った、いかにもイタリアらしい青空です。


1072
イタリア広場から見たサン・エルコラーノ教会です。


1073
サン・ドメニコ教会が見えます。


1074
イタリア広場に面して建つPalazzo della Provincia 県庁舎です。パオリーナ要塞の跡上に1867年から1873年に建設されました。


1075
Corso Pietro Vannucciをドゥオーモ方向に進みます。


1076
お目当ての国立ウンブリア美術館です。


1078
入館しました。


1079
2010年当時、美術館や博物館の殆どが写真不可だったので、作品写真は一枚もありません。


1077
ドゥオーモに向かいます。


1080
旧市街の中心、11月4日広場です。
ドゥオーモは、当時も今も写真不可です。


1081
広場にあるFontana Maggioreです。


p130503
ニコラ・ピサーノ(ピサ、1220c-1284c)と二コラの息子ジョヴァンニ・ピサーノ(ピサ、1248c-シエナ、1315c)によって1275年から1278年に制作されました。


1082
見所豊富なプリオーリ宮です。


1083
コッレージョ・デル・カンビオは見ませんでした。


1086
大司教館です。


1087


1088


1089
Via Antonio Fratti


1091
ピエトロ・アンジェリーニ(フォルリ、1888-ローマ、1977)のFontana di Via Maesta delle Volte(1928)です。


1092


1094


1095


1102
ジェズ教会です。


1096
ドゥオーモのキオストロです。


1099
ここに大聖堂付属美術館があります。


1097
入館しました。


1098
ドゥオーモです。


1100


1101


1103
観光案内所に行きました。


1104
一休みしました。


1105


1106
人出が多い日でした。
(つづく)

045
ダメ元でサン・サルヴァトーレ参事会教会に行ってみることに。


046
予想通りサン・サルヴァトーレ参事会教会は閉まっていました。一体全体、何時開くんだ、と心の中で悪態をつきました。


047
ところが斜め向かいにあるサンタゴスティーノ教会が開いていました。しめた!


049
喜び勇んでサンタゴスティーノ教会の中には入るとミサの真っ最中でした。ミサが終わる頃を見計らって再び来ることにしました。その時にじっくり拝観すればよいと思いながら。


055
Casa del Mutilato


057
次は、どうしても拝観したいサン・ニコロ教会です。


060
若しや開いているのでは、と淡い期待を抱きながら、少し遠回りをしてサンタ・カテリーナ教会に行くと、この日も扉が閉まっていました。


064
サン・ニコロ教会の身廊に出ました。扉が開いているといいなあ・・・・・


065
ラッキー!! 扉が開いてました。


099
1094年に建設された教区教会です。1120年、ベネデット会の所有となり、更に1434年にアゴスティーノ会の所有になりました。


066
18世紀にファサードが改修され、現在の姿になりました。


067
ルネサンス様式の入り口は15世紀に造られました。


068
中に入りました。


075
単廊式、ラテン十字形、18世紀中頃に改修工事が行われた内部です。


076
右側壁にフォリーニョの宝物の一つと言われている多翼祭壇画があります。


077
バーリの聖二コラ礼拝堂にある、ニッコロ・ディ・リベラトーレ通称ラルンノ別称ニッコロ・アルンノ(フォリーニョ、1430c-1502)の「聖母戴冠の多翼祭壇画」(1492)です。


097
礼拝堂を所有していた、フォリーニョの大商人ミケーレ・ディ・ニコロ・ピッキが没した後、ミケーレの未亡人ブリジーダ・デリ・エルモが1479年にニッコロ・アルンノに注文して、1492年に完成した多翼祭壇画です。
1812年、パリに移され、ルーブル美術館で展示されましたが、返還交渉が行われ、1817年にフォリーニョに戻されたのですが、その際、何と裾絵が無くなっていたのです。現在、この多翼祭壇画の裾絵はルーブル美術館で展示されてます。返還するならば、裾絵だけ盗るなんてケチなことはしないで返すべきと思いますが、それをしない所がフランス人の卑しさです。
各場面を見ておきましょう。


119
上部


120
キリストの復活


121
下部


122
ご誕生


126
向かって左側


123
聖セバスティアーノ、バーリの聖二コラ


125
向かって右側


124
大天使聖ミケーレ、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ


084
主祭壇


085
主祭壇画は、ドメニコ・ルイージ・ヴァレーリ(イエージ、1701-カメリーノ、1760)の「聖母子と聖人たち」


086
カルカントニオ・グレッキ(?、?-シエナ、1648)の「聖母子と聖人たち」


087
バルトロメオ・ディ・トンマーゾ(フォリーニョ、1408-1454)の「天使たちのフレスコ画」


089
逸名画家作「受胎告知」(18世紀)


090
逸名画家作「磔刑」(17世紀)


091
詳細不知


092
マルカントニオ・グレッキ(?、?-シエナ、1648)の「聖ステファノの殉教」(1613)


093
ドメニコ・ルイージ・ヴァレーリ(イエージ、1701-カメリーノ、1760)の「聖母子と聖人たち」(1760)


096
14世紀のフレスコ画


072
詳細不知


073
詳細不知


078
外に出る前にニッコロ・アルンノの傑作をもう一度見ました。


098
外に出ました。


100
観たかった多翼祭壇画をじっくりと鑑賞できて幸せでした。


102
サンタゴスティーノ教会のミサが終わっている時刻になりました。


115
ガックリ!! もう扉が閉まってます。


116
相変わらす閉まったままのサン・サルヴァトーレ参事会教会でした。


104
美術ファンにとって、フォリーニョは見所豊富です。


105
もう少し美術ファンが訪れて良い街です。
(写真は旧サン・アポッリナーレ教会です)


106
(フォリーニョの項、おわり)

246
道路工事完了直後でしょうか?


247
工事前は凸凹で歩くのが大変でしたが、見違えるほど整備されました。


248
次はサン・フランチェスコ教会です。この日のこの時間に扉が開いているというネット情報があったので、わざわざ行くことにしました。


249
アーチの先にサン・フランチェスコ教会があります。


268
ベアータ・アンジェラ聖域とも呼ばれているサン・フランチェスコ教会です。ネット情報通り、扉が開いてました。


270
この地には、1095年に建設されたサン・マッテオ教会がありましたが、13世紀に、サン・マッテオ教会を礼拝堂に組み入れて建設されたサン・フランチェスコ教会です。1796年、新古典様式で再建された三代目(前身のサン・マッテオ教会を含めて)の建物が現在の姿です。


250
中に入りました。


263
単廊式、ラテン十字形、新古典様式の内部です。


252
ベアータ・アンジェラ・ダ・フォリーニョの遺体が安置されてます。


253
ガエターノ・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1734-ボローニャ、1802)の「ベアータ・アンジェラ・ダ・フォリーニョの幻視」


255
ベアータ・アンジェリーナ・ダ・モンテジョーヴェの遺体


256
ガエターノ・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1734-ボローニャ、1802)の「ベアータ・アンジェリーナ・ダ・モンテジョーヴェの幻視」


258
詳細不知の「聖フランチェスコと天使」


260
制作者情報不知の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


259
制作者情報不知の「慈悲の聖母」


261
詳細不知


262
ピエル・アントニオ・メッツァストリス(フォリーニョ、1457-1506消息)の「キリストの逮捕」(1499)


265
修道院のキオストロ回廊に入りたかったけれど、扉が閉まっていました。回廊の壁ルネッタにピエル・アントニオ・メッツァストリスのフレスコ画があります。


266
新しい作品ばかりで興味薄になってしまいます。


251
二代目の建物にあった祭壇画などは何処にあるのでしょうか?市立美術館にはあまり無かったような。


271
サン・フランチェスコ教会から外に出ました。


004
Oratorio della Nunziatellaは相変わらず閉まっていました。


278
次はサン・ジャコモ修道院教会です。


019
サン・ジャコモ教会は閉まっていました。


042
こちらは旧サン・ジャコモ修道院の建物です。


040
修道院中庭回廊への入り口が開いていました。


025
キオストロ回廊に入りました。


024
回廊が二階建てになってます。


035
一階の柱廊は1442年から1452年に建設されました。二階部分は17世紀に追加建設されました。


026
一階柱廊の壁ルネッタにフレスコ画が描かれてます。


027
損傷が激しいフレスコ画です。


028
修復が殆ど行われていないように思いました。


029
フレスコ画の制作者は、ジョヴァン・バッティスタ・ミケリーニ通称イル・フォリニャーテ(フォリーニョ、1604-1655)です。イル・フォリニャーテはグイド・レーニの弟子でした。


031
フレスコ画のテーマは、聖フィリッポ・べニツィの生涯の物語です。


033


034


036


037


030
中庭に小屋がありました。


043
外に出ました。
(つづく)

163
サン・ドメニコ広場も大掛かりな工事が行われていました。


165
サン・ドメニコ教会の扉が珍しく開いていたので、柵の隙間からファサード前に進み中に入ろうとしたら、係員が急に現れて制止されてしまいました。中のフレスコ画が観たいだけと言い張りましたが、一般公開していないと言われて、中に入るのを断念しました。


168
サンタ・マリア・インフラポルタス聖堂も立ち入りが禁止されていました。しかし、その措置は一時的だったようで、この日の翌日は、柵が入り口に行けるように配置されており。扉が開いていたので中に入ることが出来ました。


174
旧城壁外に出ます。


175
市域が拡大される前は、この遊歩道が城壁でした。城壁が取り壊され、道路が作られたのです。市域拡大後の新城壁は、写真左側約200mにあります。


176
旧城壁と新城壁の間に公園があります。少し寒かったけれど、公園のベンチに座って一休みしました。


177
遊歩道が良く整備されてます。


178
赤っぽい方が歩道です。


179
イタリアの地方小都市は何処も大体綺麗です。しかし、大都市ともなると、清潔さに欠けてきます。


180
Oratorio del Crocifissoです。


181
17-18世紀に建設されたオラトリオです。


182
祈祷所の名前の通りで、「磔刑」のフレスコ画があります。内部に見るべき作品がないので、扉が閉まっても痛痒感はありません。


185
ジョストラ(馬上槍試合)の本部が置かれている、18世紀に建設されたPalazzo Brunetti- Candiottiです。


187
扉が開いていたので、Palazzo Brunetti- Candiottiの庭に入ってみました。


188
庭園の先にサン・ニコロ教会が見えます。


189
庭から見たパラッツォです。


190
新古典様式の建物は若干退屈です。


191
道路の向かい側にサン・ドメニコ教会があります。


192
大理石彫刻が冴えません。


198
勿論手掘りの彫刻ですが、コピー作品のようです。


193
庭に置かれた大理石彫刻


194
サン・ドメニコ教会です。


195
サン・ドメニコ教会の後陣です。


196
サン・ドメニコ修道院の鐘楼です。


197
工事中なので、少し汚らしい教会周囲でした。


200
私以外に観光客は誰もいませんでした。


201
12世紀に建設されたサン・トンマーゾ・ディ・チピスキ教会です。


202
18世紀に現在の姿に改修されました。


203
既に機能を停止した旧教会です。中にあった貴重なフレスコ画は、1990年頃に剥がされて他の場所に移されたそうですが、私にはその場所が分かりません。
この当時、フォリーニョのボーイスカウト博物館が置かれていましたが、現在は他の場所に移動しているようです。


205
サン・ニッコロ教会にやってきました。


206
中にどうしても見たかった多翼祭壇画があるので、扉が閉まっていたのは痛手でした。


207
旧市街の中心地を歩きます。


208
トリンチ宮の塔が見えてきました。
この後は、前に紹介したこととほぼ同じなので省略します。


213
さて翌日です。朝早くモンテファルコに行き、午後3時頃フォリーニョに戻ってきました。青空市は午前中に終わるのが普通ですが、土曜日だったせいか、未だ営業中でした。


242
サンタ・マリア・インフラポルタス聖堂に入ることが出来るようになっていました。


221
中のフレスコ画をじっくりと見ました。


216


218


224


226


230


231


232


234


237
非常に良かった!


225


243
外に出ました。


244
サン・ドメニコ教会は何時ものように扉が閉まったままでした。
(つづく)

068
時は遡って2013年2月のフォリーニョです。


069
サン・ジャコモ教会はこの日も扉が閉まっていました。


072
ウンブリアの美術サイトの記述では、この時間は扉が開いている筈でしたが、信じる方がアホでした。フィレンツェ、ローマの教会に関する記述は大体正しいですが、地方となると、その辺の情報は怪しくなります。


073
サン・ジャコモ教会の横を通って城壁外に出ます。


075
18世紀に建設されたCasa di T  Tの後の文字が判読不能でした。ネットで調べましたが、この家に関する記事が見つかりません。


076
旧市街の城壁に沿って北から西へと流れるトピーノ川です。写真左は城壁外になります。


077
写真右側、トピーノ川東岸は堤防が城壁を兼ねてます。


078
この辺は旧市街の北西方向に当たります。


079
城壁内に戻りました。鐘楼はサン・ジャコモ教会のものです。


080
メンターナ通りから右折してドゥオーモの方に向かいます。


081
道路整備工事後なので、綺麗な道路が続きます。


082
ドゥオーモを素通りしました。


113
再度城壁外へと進みます。


116
Porta Romanaです。
1280年から1291年に建設されましたが、経年劣化のため、1871年に再建されました。しかし、第二次世界大戦の爆撃によって灰燼に帰したので、1946年から1948年に再建された三代目の建物が現在の門です。


117
門の横にフォリーニョが生んだ画家ニッコロ・アルンノ像が立ってます。


119
フォリーニョ駅にやってきました。


120
この日の2日後のローマ行きICの切符を買いました。


122
フォリーニョ駅構内にある礼拝所です。祈っている人がいるのでビックリしました。当たり前ですが、祈る人がいるから礼拝堂があるのです。


123
この日の翌日、モンテファルコへの日帰り遠足を予定していたので、バスの発着場と時刻を確認しました。利用客が多いとは言えないフォリーニョ駅でしたが、モンテファルコ行きのバスは駅から少し離れた場所から出発することが分かり、事前確認して良かったと思いました。なお、現在は駅前からバスが発車します。


124
駅で一休みしてから教会巡りに再び出発しました。


125
14世紀に建設されたサンタ・マリア・ディ・べトレム教会修道院の建物です。


126
現在は機能を停止した旧修道院教会です。


128
通りの突き当りにサンタ・カテリーナ修道院があります。


130
元々は病院でしたが、1374年に修道院になりました。


132
中に古いフレスコ画があるので、中に入りたかった。


133
サンタゴスティーノ教会へと進みます。


134
実はサンタ・カテリーナ修道院とサンタゴスティーノ教会は殆ど繋がっているのです。


135
サンタゴスティーノ教会のファサード前は工事中でした。2012から2014年頃にかけて、旧市街内のすべての道路が整備されていました。


136
土曜日の夕べのミサ以外は開いていないようです。しかし、現在は、地震の被害によって閉鎖されているドゥオーモに代わって、臨時の司教座教会になっているので、多分、何時も扉が開いていると思います。


137
「嘆きの聖母」と言われてますが、違うと思います。


138
「ヴェルジネ像」だそうです。


142
扉の彫刻


139
ガリバルディ広場に立つガリバルディ像


140


143
サンタゴスティーノ教会至近にサン・サルヴァトーレ参事会教会があります。


144
見所が豊富な内部ですが、開いていないことが多い教会です。


146
970年創建の古い歴史ある教会です。
一見古そうに見えるファサードですが、14世紀のオリジナルのファサードを模して1889年に再建された、比較的新しいファサードです。


147
1357年に建設された鐘楼が現役です。


149
サン・サルヴァトーレ参事会教会の身廊側外観です。


148
サン・サルヴァトーレ修道院だった建物です。


151
中に一回だけ入ったことがあります。


152
道路工事が終わった通りです。


153
(つづく)

↑このページのトップヘ