イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:エミリア・ロマーニャ州 > フィデンツァ

P1080872
フィデンツァのサン・ドンニーノ大聖堂の後陣からジュゼッペ・コンフォルティ通りに出ます。


P1080863
ジュゼッペ・コンフォルティ通りに面して、司教館の入り口があります。


P1080862
ここにドゥオーモ付属美術館があります。美術館の名称とは異なり、ドゥオーモにあった作品だけの展示に留まらず、フィデンツァやフィデンツァ周辺の教会から集められた絵画や聖具類が展示されてます。その実態はフィデンツァ司教区の教区美術館Museo Diocesanoに相当すると思います。


P1080548
美術館の入り口です。


P1080547
毎週月曜日が休館です。


P1080801
入館しました。


P1080790
エミリアの逸名画家作「アレッサンドリアの聖カテリーナと聖バルトロメオ」(14世紀初め)
ドゥオーモのクリプタにあったフレスコ画です。


P1080791
エミリアの逸名画家作「玉座の聖母子」(14-15世紀)
フィデンツァのサン・ミケーレ教会にあったフレスコ画です。


P1080793
逸名画家作「竜を退治する聖ジョルジョ」(14世紀)
サン・ジョルジョ教会にあったフレスコ画です。


P1080795
パルマの逸名画家作「パドヴァの聖アントニオ」(18世紀)
フィデンツァのドゥオーモにありました。


P1080797
ジョヴァンニ・バッティスタ・タリアサッキ(ボルゴ・サン・ドンニーノ、1696-カステルボスコ、1737)の「セバステ司教聖ビアージョ」(1730)
フィデンツァのドゥオーモにありました。


P1080799
パルマの逸名画家作「聖ピエトロ・グリソロゴ」(16世紀)
フィデンツァの司教館にありました。


P1080802
ベネデット・アンテーラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c-1230c)の「聖母子」


P1080803
ベネデット・アンテーラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c-1230c)の「柱頭」


P1080804
聖具類


P1080805
ガエターノ・ガンドルフィ(サン・ジョヴァンニ・イン・ペルシチェト、1734-ボローニャ、1808)の「聖心」
フィデンツァのドゥオーモにありました。


P1080807
聖具類


P1080808
ジローラモ・チェナティエンポ(ナポリ、1705?-1744)の「聖アンドレアの殉教」
フィデンツァのドゥオーモにありました。


P1080810
聖具類


P1080811
逸名画家作「ドゥオーモ」(16世紀)


P1080812
貴重品入れ(13-14世紀)


P1080813
詳細不知


P1080815
聖書台(18-19世紀)


P1080816
逸名画家作「教皇ピオ6世の肖像」(19世紀初め)


P1080820
Jon Popac (モルダヴィア、1963-)の「聖ドンニーノ」(2005)


P1080822
ヴィンチェンツォ・カンピ(クレモナ、1535?-1591)の「聖母被昇天と聖ロッコと寄進者」
フィデンツァの旧サン・ピエトロ・イン・コルテ教区教会にありました。


P1080825
ヴィンチェンツォ・カンピ(クレモナ、1535?-1591)の「十字架降下」


P1080827


P1080829
クレモナの逸名画家作「受胎告知」(17世紀初め)


P1080828


P1080831
ジュリオ・カンピ(クレモナ、1507?-1573)の「聖母被昇天」(1560-70)
サン・ミケーレ・アルカンジェロ教会にありました。


P1080834
17世紀の逸名画家作「聖チェチリアに現れた天使」


P1080838
逸名画家作「祈る聖フランチェスコ」(16世紀)


P1080840
ルイージ・ムッシ(ピアチェンツァ、1694-1771)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P1080843
ジョヴァンニ・バッティスタ・タリアサッキ派逸名画家作「聖母子と聖ドメニコ」(18世紀)


P1080847
逸名画家作「聖ジャコモ・マッジョーレと聖ジャコモの弟子たちに顕現する聖母」(18世紀)


P1080849
18世紀の逸名画家作「聖アンセルモ」(1720以降)


P1080851
17世紀の逸名画家作「カルミネの聖母の奇跡」(1648)


P1080854
ジョヴァンニ・アンドレア・デ・フェッラーリ(ジェノヴァ、17世紀活動)に帰属する「十字架降下」


P1080857
ジェノヴァの逸名画家作「ユダの接吻」(17世紀)


P1080860
アントニオ・ラゴーリ通称イル・ジェノヴェシーノ(1652-1690活動記録)に帰属する「岩から水を導くモーゼ」
これで終わりです。


P1080865
外に出ました。
(この項 おわり)

ベネデット・アンテーラミで有名なフィデンツァのドゥオーモです。
P1080879
カヴール通りを左折してジュゼッペ・コンフォルティ通りに入ると、直ぐにドゥオーモが見えます。


P1080868
後陣と鐘楼を見ながらファサードの方に回ります。


P1080485
フィデンツァのドゥオーモ、サン・ドンニーノ司教座教会 Cattedrale di San Donninoです。フィデンツァ司教区の司教座が置かれてます。


P1080483
フィデンツァの聖ドンニーノ(パルマ、?-フィデンツァ、304)は、西ローマ帝国のマクシミアヌス皇帝の王室管理官を務めていましたが、禁教とされていたキリスト教に入信したことで、皇帝の怒りを買い、逃亡しました。ピアチェンツァ郊外で捕らえられ、フィデンツァ城壁外を流れるスティローネ川の川岸で斬首されました。
伝説に拠れば、聖ドンニーノは、斬首された自分の首を拾い、現在、ドゥオーモがある場所まで首を運んで置いたという奇跡が起きました。
聖ドンニーノの聖遺物を祀るために、フィデンツァの住民が小さな祈祷所を建てましたが、それが前身とされてます。


P1080958
5世紀頃、小さな祈祷所は整備拡充され、初期キリスト教会となりましたが、ローマに向かう巡礼者が立ち寄る場所となり、建物が増築されました。


P1080484
1117年に起きた地震によって建物が完全に崩落してしまいました。そのため、再建されることになり、地震直後に創建され、12世紀末または13世紀初頭に完成したロマネスク様式の建物が現在のものとなってます。


P1080761
ファサードは、ベネデット・アンテーラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c-1230c)の設計によって12世紀に建設されましたが、未完成のまま現在に至ってます。


P1080759
ファサードの彫刻が最大の見所です。ベネデット・アンテーラミと工房の弟子によって、1178年から1196年に彫刻が制作されたと言われてます。


P1080533
聖ドンニーノの物語


P1080534


P1080535


P1080536


P1080537


P1080538


P1080539


P1080540


P1080531
ベネデット・アンテーラミの作品


P1080532
ベネデット・アンテーラミの作品


P1080541
身廊外壁


P1080872


P1080542
鐘楼


P1080543


P1080544


P1080864


P1080873
こちらにあるのは複製で、本物は付属美術館にあります。


P1080875
ファサード側から中に入ります。


P1080487
中に入りました。


P1080489
三廊式、ラテン十字形、ロマネスク様式の内部です。


P1080488
ベネデット・アンテーラミと工房による作品は中には少ない。


P1080490
交差ヴォールト


P1080491
右側廊


P1080492
詳細不知


P1080493
詳細不知


P1080495
詳細不知


P1080497
ジョヴァンニ・バッティスタ・タリアサッキ(ボルゴ・サン・ドンニーノ、1696-カステルボスコ、1737)の「聖アアンドレア・アヴェッリーノの死」(1731)


P1080500


P1080501


P1080503


P1080504
ファサードの裏


P1080505
主祭壇


P1080506
後陣のフレスコ画(13世紀)とアンテーラミ工房による彫刻(12世紀)


P1080507
クリプタに下りました。


P1080508
斬首された自分の首を持つ聖ドンニーノ


P1080509
聖ドンニーノの聖遺物が入ってます。


P1080510
クリプタ天井のフレスコ画(11世紀)
内陣に戻ります。


P1080512
フランチェスコ・ルッキ(ボルゴ・サン・ドンニーノ、1585-1630)の「最後の晩餐」


P1080770
アンドレア・マイナルディ通称イル・キアヴェギーノ(クレモナ、1550c-1617)の作品


P1080516
磔刑像(15世紀)と聖母と聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ(17世紀)


P1080518
フェルディナンド・ガッリ・ダ・ビビエーナ(ボローニャ、1657-1743)の作品


P1080519


P1080521
左側廊


P1080523
ビアージョ・マルティーニ(パルマ、1761-1840)の「無原罪の聖母とサレスの聖フランチェスコと聖ルイージ・ゴンザーガ」


P1080526
詳細不知


P1080527
ステンダリオの聖母子


P1080785


P1080769
詳細不知


P1080775
ジャコモ・ポナッツィ・デ・ピッツァマーリの「聖母子」(15世紀)


P1080777


P1080782
詳細不知


P1080781


P1080784


P1080530
もう一度後陣を見ました。


P1080772
外に出ます。


P1080788
(この項 終わり)

P1080761
ドゥオーモです。


P1080762
聖堂内に入りました。


P1080777
ドゥオーモについては、項を改めて詳しく触れます。


P1080783
フィデンツァに来た甲斐がありました。


P1080787
次はドゥオーモ美術館です。


P1080549
司教館の一角に美術館があります。


P1080548
美術館の入り口です。


P1080793
入館しました。


P1080801
ドゥオーモ美術館については、項を改めて詳しく触れます。


P1080864
外に出ました。


P1080871
午前中だけでフィデンツァで見たかったものは大体見終わったようです。


P1080873
複製の彫刻です。本物はドゥオーモ美術館で見たようです。


P1080874
正午を過ぎたばかりにも拘らず人出が急に少なくなりました。


P1080875
ホテル併設のレストランで昼食を食べることにしました。


P1080876
何の実でしょうか?


P1080878
消火栓?


P1080880
時間が余って困りました。


P1080893
昼食後、ほろ酔い気分で散歩です。映画館とは思えない建物です。


P1080894
グランディ広場です。


P1080895
城壁は取り壊されてありませんが、城壁外を歩きます。


P1080897
奇妙なモニュメント


P1080898
教会です。


P1080899
サンティ・ファウスティーノ・エ・ジョヴィータ教区教会です。


P1080901
12世紀末から13世紀初頭に、現在地に建設されたロマネスク様式のサンタントニオ・アバーテ教会が前身です。建物が劣化したので、1580年に取り壊され、1599年から1608年に再建された二代目の建物が現在の姿です。
17世紀、別の場所にあったサンティ・ファウスティーノ・エ・ジョヴィータ教区教会が取り壊されることになり、サンタトニオ・アバーテ教会と合体することになりました。と言うことで、2つの教会名が今でも使用されてますが、正式名は格上の教区教会の方になっているようです。


P1080904
ファサードがありません。


P1080905
エミリア街道は、この辺でVia Zaniと呼ばれてます。


P1080906
左折して塔がある建物を見ます。


P1080907
写真右に塔がある建物が写ってます。


P1080908
300年に渡ってフィデンティ―ナ家の住居だった、16世紀第4四半世紀に建設されたPalazzo Arzaghiです。


P1080909
長らく修復工事が行われてます。


P1080911
サン・ピエトロ教区教会に向かいます。


P1080912
サン・ピエトロ教区教会の鐘楼と後陣が見えてます。


P1080913
この時は併設の修道院が見るのが目的でした。


P1080915
写真左がサン・ピエトロ修道院です。


P1080916
修道院の入り口


P1080917
修道院は既に閉鎖されてます。


P1080918
キオストロ回廊です。残念ながらフレスコ画の痕跡さえも残されてません。


P1080919
回廊の壁にフレスコ画があったそうですが、余りにも劣化しているので、修復の際に全て塗り潰されたそうです。


P1080920
回廊から見える鐘楼です。


P1080921
サン・ピエトロ広場に出ました。
フィデンツァを見尽くしたので、ホテルに戻って昼寝しました。


P1080927
(おわり)

P1080706
次はサン・ジョルジョ祈祷所です。


P1080707
サン・ジョルジョ祈祷所にやってきました。入口の写真をご覧になればお分かりのように現役の宗教施設ではありません。


P1080708
囚人用の小さな病院の隣に、1314年に建設された囚人用の礼拝堂が前身です。1443年、教会として拡充されました。
市域の拡張に伴い、城塞が教会近くに築かれることになり、1575年にファサードが取り壊されてしまいました。
16世紀末になると、フィデンツァはスペインの支配下に置かれるようになりましたが、スペイン王フェリペ3世の命令によって、建設されたばかりの城塞が解体されましたが、それに伴い、教会は元の姿に改装されました。その後、教会に常駐する聖職者がいなくなったので、祈祷所に格下げされました。


P1080709
鐘楼
1805年、ナポレオンの抑圧令によって宗教活動が停止となり、以後、建物は倉庫として使用されるようになりました。1944年、第二次世界大戦のドイツ軍の爆撃によって被害を受けましたが、修復されることなく約50年ほど放置されていました。
2002年に修復工事が完成し、現在はフィデンツァ市の展示場などとして使用されてます。
祈祷所内にあったフレスコ画などはドゥオーモ付属美術館に移されてます。


P1080711
ミラーニ通りです。


P1080715
ミラーニ通りを少し進んでから、振り返って撮った写真です。


P1080712
フィデンツァを記述した観光用ガイドブックは多分ないと思います。


P1080713
写真右は16世紀に建設されたオマーティ宮です。


P1080714
駅に向かいます。


P1080718
この日の午後、パルマに行く予定でした。


P1080719
市庁舎です。時計塔があるファサード側とは少し違った感じがします。


P1080720
市庁舎のロッジャ


P1080721
2時間以上あちこち歩き通しだったことになります。


P1080723
パルマで開催中のパルミジャニーノ展に行くつもりでした。ただ、展示されているパルミジャニーノの作品が少ないので、どうしても、という訳ではありませんでした。


P1080722
実は、この日、ゼネスト決行日で、前日夜9時からこの日の午後9時まで鉄道もストが予定されていたのです。


P1080724
グラン・マードレ・ディ・ディオ教区聖域の鐘楼が見えます。


P1080725
フィデンツァ駅にやってきました。


P1080727
やってる、やってる!


P1080726
真面目?にストをやってます。


P1080728
運転されている列車でも150分遅れ!!


P1080731
駅前でバスの運転状況を調べたら、鉄道よりもバスの方が悲惨でした。


P1080733
何処にも行かないで、一日中フィデンツァで過ごすのが無難です。


P1080734
しかし、フィデンツァの見所が多くないし、市域そのものが狭いので、時間潰しが大変そうです。


P1080735
ゼネスト予定日は退屈しそうもない街にいるべきです。


P1080736
前後の旅程から、この日のフィデンツァを変えることが出来なかったのです。


P1080739
写真右はサンタ・マリア・アンヌンツィアータ教会です。


P1080741
お利口さんのワンちゃんたち。
声をかけても、私を一瞥しただけで知らんぷり。


P1080742
1813年に建設された新古典様式のTeatro Girolamo Magnaniです。


P1080745
この日の公演はなしでした。


P1080748
当初、フィデンツァは1泊の予定でしたが、ゼネストのために2泊に予定変更したのです。


P1080749
近年、ゼネストでもフレッチャ系の優等列車は大体運転されてますが、普通列車や快速列車は運休みたいです。


P1080750
グランディ広場です。


P1080751
1世紀頃のPonte Romano(遺跡)


P1080752
サン・ドンニーノ門です。
Signore di Milanoのベルナーボ・ヴィスコンティ(ミラノ、1323-トレッツォ・スッラッダ、1385)の命によって、ジョルジョ・ダ・コモ(フィデンツァ、1364-1366記録)が設計して、1364年から1366年に建設しました。


P1080753
ボッティチェッリ?の複製画?


P1080754
Ponte Romanoの現代版


P1080755
門を潜ってドゥオーモ広場側に出ました。


P1080756
聖母子のタベルナコロ


P1080757
城壁は残されていないようです。


P1080480
門の横に観光案内所があります。


P1080482
知られざる観光名所やお勧め場所の相談に行ったのですが、空振りでした。


P1080481
ドゥオーモ、付属美術館に行き、飲んだくれて寝る、予定が決まりました。


P1080758
(つづく)

P1080639
サン・ミケーレ・アルカンジェロ教会の前にある、1710年から1731年に建設されたPalazzo delle Orsolineです。現在、フィデンツァの文化芸術館として使用されおり、市立図書館などがあります。将来的には、絵画館や博物館も置かれる予定です。


P1080640
ベレニーニ通りを真直ぐ進めばボローニャ、パルマに出ます。


P1080643
エミリア街道は、この辺でベレニーニ通りからVia Martiri della Libertaと呼ばれるようになります。サン・ラッザーロ祈祷所に向かいました。


P1080644
これがサン・ラッザーロ祈祷所とは思わなかったのですが、市庁舎で頂戴した地図を見ても、この付近に教会がないので、やはり目的の祈祷所のようでした。
実は、写真のような新しい建物と思っていなかったのです。


1
古いサン・ラッザーロ祈祷所の写真です。(外部サイトから拝借しました)
この付近に、11世紀に建設されたハンセン病の病院があり、その病院付属の祈りの場としてサン・ラッザーロ祈祷所が設けられました。


P1080645
その後、幾度となく再建されました。
ハンセン病の病院は1915年に取り壊されましたが、祈祷所の建物はそのまま存続されました。しかし、ハンセン病に対する差別や偏見は日本もイタリアも同じだったようで、住民が祈りに訪れることはあまりなかったようです。


P1080647
後陣と鐘楼
1978年、設計案がコンペで決まり、1982年に完成した建物です。
以上の経緯は後から知りました。この時は取り壊される前の建物内にあったフレスコ画を見るために来たのでした。


P1080648
先ほど来た道を戻ります。


P1080649
グラン・マードレ・ディ・ディオ教区聖域の鐘楼とクーポラが見えます。


P1080650
グラン・マードレ・ディ・ディオ教区聖域の横の建物は、パルマ公爵、ピアチェンツァ公爵フランチェスコ・ファルネーゼ(パルマ、1678-ピアチェンツァ、1727)によって、イエズス会の大学として1697年に建設されたPalazzo Collegio dei Gesuitiです。


P1080651
1806年、ナポレオンの抑圧令によって大学は閉鎖され、1809年からホスピスとして使用されていました。現在は、フィデンツァ市の所有となっており、市の各種サービス基地になってます。


P1080652
Via Costa側のPalazzo delle Orsolineです。


P1080654
サン・ジュゼッペ教会に向かいました。


P1080655
水道局です。


P1080656
1978年に再建されたChiesa di San Giuseppe Lavoratoreです。予習が不完全でした、このような新しい教会とは想定外でした。


P1080658
扉が閉まっていました。見るべき価値がない作品ばかりです。


P1080659
市域が狭いフィデンツァです。


P1080660
5月24日通りです。


P1080661
ザンペッラ祈祷所に向かいます。


P1080662
13世紀にフランチェスコ会によって建設されたザンペッラ祈祷所です。


P1080675
伝説に拠れば、1215年、フィデンツァを訪れた聖フランチェスコが奇跡を起こし、それに感謝したフランチェスコ会修道士とフィデンツァの信者たちによって建設されたと言われてます。


P1080676
フィデンツァにおけるフランチェスコ会の活動拠点になってます。
1994年、火災によって大きな被害を受け、その後に大修復されました。


P1080665
ファサードの新しい浮彫


P1080664
扉が開いていたので拝観することにしました。


P1080666
オラトリオの中に入りました。


P1080667
火事の後に描かれたものでしょう。
ご訪問


P1080668
祈る聖母


P1080669
後陣


P1080670
岩窟の聖母


P1080671
聖母の教育


P1080672
聖痕を受ける聖フランチェスコ


P1080673
祭壇前から見た出入口方向


P1080677
外に出ました。


P1080678
次はサン・ピエトロ教区教会ですが、既に鐘楼が見えます。


P1080679
サン・ピエトロ教区教会の後陣と鐘楼です。


P1080680
ファサード側に回ります。


P1080683
サン・ピエトロ・アポストリ教区教会です。


P1080681
ベネデット会によって11-12世紀に建設された教会です。1144年に記録にサン・ピエトロ・アポストリ教会の存在が初めて記載されたそうです。
1588年、教会はアゴスティーノ会に譲渡されました。


P1080682
譲渡を受けたアゴスティーノ会は、古い建物を取り壊して、その上に再建すること決め、1603年に創建され、1613年に完成した二代目の建物が現在の姿です。


2
17世紀終わりに修道院が増設されました。教会のファサードに向かって左側が旧修道院になります。


P1080685
中に入りました。


P1080688
三廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1080687
右側廊


P1080686
祭壇画などを見て回りましたが、この教会内の作品帰属が分かりません。


P1080692
この教会における見所の作品です。


P1080697


P1080698


P1080699


P1080700


P1080702


P1080703


P1080705
外に出ました。
(つづく)

P1080574
サンタ・マリア・アンヌンツィアータ教会からフィデンツァ駅が見えます。


P1080571
12世紀に建設されたサンタ・マリア・アンヌンツィアータ教会です。1230年の記録に初めて記載されているそうです。


P1080573
14世紀末に拡張されましたが、15世紀中頃に教会の隣に病院が建設されると、教会訪問者が増え手狭になったので、初代の建物が取り壊され、その上に1517年に再建されました。


P1080572
17世紀にバロック様式に改造されました。1778年に隣にあった病院が閉鎖されるに伴って、信者が減少したので一部縮小された建物が現在の姿です。


P1080575
中に入りました。単廊式、バロック様式の内部です。


P1080578
詳細不知


P1080579
フランチェスコ・スカラムッツァ(シッサ、1803-パルマ、1886)の「グラツィエの聖母」


P1080580
主祭壇


P1080589
アントニオ・マリア・フォルマイアローリ(1679-1731)の後陣フレスコ画


P1080582


P1080583
制作者情報不知の「キリストの洗礼」


P1080584
16世紀のフレスコ画


P1080585
制作者情報不知の「斬首された聖ドンニーノ」


P1080586
詳細不知


P1080587
主祭壇前から見た出入口方向


P1080588
無原罪の聖母のステンドグラス


P1080591
外に出ました。


P1080593
ベレニーニ通りを東方向に進みます。


P1080594
直ぐに2つの教会が見えてきます。2つの教会は隣り合ってます。


P1080595
写真手前がサン・ミケーレ・アルカンジェロ教会、その向こうがグラン・マードレ・ディ・ディオ教区聖域です。


P1080596
サン・ミケーレ・アルカンジェロ教会です。
巡礼者のための病院に隣接して、1181年に建設されたサン・ミケーレ・アルカンジェロ礼拝堂が前身です。


P1080598
1528年に礼拝堂は解体され、1533年から1537年に建設されたルネサンス様式の教会が現在の姿の原形です。現在のファサードは1893年に再建されたものです。


P1080597
鐘楼


P1080599
後陣


P1080600
1806年、ナポレオンの抑圧令によって教会は閉鎖されましたが、ナポレオンの失脚後に活動が再開されました。


P1080601
1944年、第二次世界大戦のドイツ軍の爆撃によって、大きな被害を受けたので、教会活動が停止されました。その後、活動が停止されたまま現在に至ってます。
建物は修復され、現在はフィデンツァ市の文化センターになってます。
また、サン・ミケーレ・アルカンジェロ教会の機能は、1948年に隣接するグラン・マードレ・ディ・ディオ教区聖域に移管されました。


P1080602
サン・ミケーレ・アルカンジェロ教会後陣の先にグラン・マードレ・ディ・ディオ教区聖域が見えます。


P1080603
グラン・マードレ・ディ・ディオ教区聖域の鐘楼です。


P1080607
イエズス会のSantuario della Gran Madre di Dioです。


P1080608
パルマ公爵、ピアチェンツァ公爵のフランチェスコ・ファルネーゼ(パルマ、1678-ピアチェンツァ、1727)の指示によって1710年から1722年にかけて建設されたバロック様式、イエズス会の教会です。


P1080611
前述のように、1948年からサン・ミケーレ・アルカンジェロ教会の機能も担うようになりました。
1957年に教区聖域に格付けされました。


P1080606
クーポラと鐘楼


P1080605
側壁外観


P1080612
中に入りました。


P1080614
変形三廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1080613
装飾が少なく地味な感じがします。


P1080618
主祭壇


P1080619
聖歌隊席


P1080622
詳細不知のイコン


P1080631
詳細不知


P1080633
ジュゼッペ・バリビエーリ(ヴェローナ、1777-1838)の「ご誕生」


P1080615
ジュゼッペ・モローニ(クレモナ、1888-ローマ、1959)の「キリストの洗礼」


P1080624
ラティーノ・バリッリ(パルマ、1883-1961)の「ピエタと1944年に爆撃されたサン・ミケーレ・アルカンジェロ教会」(1956)


P1080617
制作者情報不知の「ご訪問」(16世紀)


P1080623
詳細不知


P1080626


P1080627
詳細不知


P1080630
詳細不知


P1080629
何処かで見たような・・・・・


P1080632
詳細不知


P1080635
制作者情報不知の「天上の聖母子と聖人たち」(16世紀)


P1080636
詳細不知の「聖母子」


P1080637


P1080638


P1080621
主祭壇前から見た出入口方向


P1080610
外に出ました。
(つづく)

フィデンツァは、人口27,041人(2018年12月31日現在)のエミリア=ロマーニャ州パルマ県にあるコムーネです。街の起源は、紀元前41年にエミリア街道に置かれたローマ軍の駐屯地で、当時はFidentiaと呼ばれていました。中世の頃、恐らく10世紀頃にボルゴ・サン・ドンニーノと改称されました。現在のフィデンツァに改称されたのは1927年で、初代の名称に由来してます。
ピアチェンツァとパルマのほぼ中間にあるので、ピアチェンツァ、パルマ間の係争地となりました。その後、ピアチェンツァ、パルマと同じようにファルネーゼ家の支配下に置かれるようになりました。
P1080138
フィデンツァ駅に到着しました。この日、日没後に到着しましたが、その時に撮った写真がないので、別の機会の昼間に撮った写真を掲載します。


P1080473
フィデンツァ駅の駅舎です。


P1080556
この日のお宿に向かいます。


P1080557
市庁舎近くの、街の中心にあるホテルです。レストランを併設している、と言うよりも寧ろレストランがホテルを併設していると言った方が実態を表してます。


P1080950
チェックインを済ませて、早速外出しました。


P1080947
市庁舎です。


P1080948
カヴール通りです。


P1080949
市庁舎が面しているガリバルディ広場を境に通りの名称が変わって、こちらはベレニーニ通りです。


P1080951
カヴール通り、ベレニーニ通りは共にエミリア通り、旧エミリア街道になります。街の中心を過ぎると、通りの名称がエミリア通りに変わります。


P1080953
ドゥオーモに向かいます。ホテルから徒歩数分の至近にドゥオーモがあります。


P1080954
ドゥオーモの後陣です。


P1080955
フィデンツァに来た目的はドゥオーモに尽きます。ファサード側に回ります。


P1080956
ドゥオーモのファサードです。


P1080957
ファサードが修復工事中という情報があったので、安心しました。


P1080959
向かって右の扉の向こうに明かりが灯りました。念のため、右扉に行ってみましたが、やはり閉まっていました。この時間ならば、閉まっているのが当然です。


P1080960
拝観は翌日に出来ます。特にロマネスク様式の教会に興味があるわけではありませんが、フィデンツァのドゥオーモは格別です。


P1080961
鐘楼


P1080963
大聖堂付属美術館の入り口です。


P1080962
マンゾーニ通りです。ドゥオーモのファサードを見ただけで、この日は満足しました。


P1080964
取り敢えず、もうやることがありません。


P1080965
ホテルに戻ることにしました。


P1080952
店のショーウインドウを見て歩きます。


P1080967
夕食はホテル併設のレストランを予約してました。


P1080966
小さな街なので、見所が多いとは言えません。


P1080968
僅か15分ほどの夕べの散策でした。


P1080888


P1080889


P1080890


P1080891
美味しい夕食でした。


P1080559
翌朝です。


P1080560
晴れてます。


P1080561
旧市街の西郊外にポー川の支流スティローネ川が流れてますが、中世の頃までは、ドゥオーモから市庁舎が面しているガリバルディ広場に流れていました。ガリバルディ広場の端にある、この水路はその名残です。


P1080562
初代の市庁舎の建物は1273年から1354年に建設されましたが、1527年にスペインとフランス軍に破壊され、ゴシック様式の建物が1570年に再建されました。現在のファサードは、二代目のものを模して1875年に再建されました。


P1080563
ガリバルディ広場が街の中心でしょう。


P1080564
市庁舎前に立っているのは、1884年に制作されたジュゼッペ・ガリバルディのオベリスクです。


P1080565
市庁舎でフィデンツァの地図を頂戴しました。


P1080566
市庁舎の壁にあるジュゼッペ・マッツィーニの記念碑です。カヴール、ガリバルディ、マッツィ―ニはイタリア統一の三傑と言われてます。


P1080567
こちらはルイージ・ムシーニの記念碑です。
ルイージ・ムシーニ(ブッセート、1843-パルマ、1903)は社会主義政治家です。ルイージが生まれると直ぐに、ルイージの両親はボルゴ・サン・ドンニーノに引っ越しました。ルイージは地元出身の政治家として尊敬されてます。


P1080568
市庁舎の中庭


P1080569
市庁舎からベレニーニ通りに出ました。


P1080570
ベレニーニ通りに面したサンタ・マリア・アンヌンツィアータ教区教会です。
(つづく)

↑このページのトップヘ