イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ピエモンテ州 > イヴレア

P1340139
パレストロ通りの中ほど、写真左に広場があります。


P1340239
オッティネッティ広場です。広場の奥からパレストロ通り方向を写した写真です。


P1340141
広場の三方を囲んで建っているサンタ・キアーラ修道院だった建物です。


P1340143
旧サンタ・キアーラ修道院の建物にイヴレア市立美術館 Museo Civico "Pier Francesco Garda"があります。


P1340149
旧修道院の柱廊に入りました。


P1340150
市立美術館は他の建物にありましたが、ピエル・アレッサンドロ・ガルダが収集した日本関係を含む東洋美術部門などを含む展示拡大を目的に、旧サンタ・キアーラ修道院の建物に市立美術館が2014年1月にオープンしました。


P1340151
柱廊のルネッタ上に僅かに残されたフレスコ画がありますが、痛みが激しく、何が描かれていたのかさえ分からない状態です。


P1340159
ピエモンテの逸名彫刻家作「聖マリア・マッダレーナ」(15世紀末-16世紀初頭)
初めは絵画、彫刻部門です。展示の中核は、イヴレアの富豪ルチア・グエルパ(1908-2003)の遺言によってイヴレア市に寄贈されたクロッフ・コレクションです。


P1340161
木彫り像「聖母子」(詳細不明)


P1340162
フランドル出身のジョルジョ・コッリーノ(1499と1506に活動記録)の「マギの礼拝」(1493)


P1340237
逸名画家作「聖母戴冠」(14世紀)


P1340166
ジョヴァンニ・マルティーノ・スパンツォッティ(カザーレ・モンフェッラート、1455c-キヴァッソ、1526/1528)の「マギの礼拝」(15世紀末)


P1340169
ジョヴァンニ・マルティーノ・スパンツォッティ(カザーレ・モンフェッラート、1455c-キヴァッソ、1526/1528)の「玉座の聖母子」(15世紀末)


P1340171
逸名彫刻家作「ニコデモ」(15世紀末-16世紀初頭)


P1340174
ジョヴァンニ・デル・ビオンド(プラートヴェッキオ、1356-フィレンツェ、1399)の「磔刑」(14世紀後半)


P1340178
ネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1419-1492)の「聖母子と2天使」(15世紀中頃)


P1340183
フランスのカラヴァッジェスキ逸名画家、またはニコラス・レニエ―ル(モブージュ、1591-ヴェネツィア、1667)の枠組み(Cerchia)による「聖セバスティアーノ」(17世紀中頃)


P1340186
ジョルジョ・デ・キリコ(ギリシャ、ヴォロス、1888-ローマ、1978)の「桃」
この美術館で人気が高い作品です。


P1340188
ここで展示されている絵画、彫刻を遺贈したルチア・グエルパ(1908-2003)の書斎です。彼女の家の書斎をここに移設したのです。


P1340189
逸名画家作「山小屋」(19世紀中頃)
作品左下にドメニコ・モレッリの署名があるので、かっては、ドメニコ・モレッリ(ナポリ、1823-1901)の帰属作品とされていましたが、否定されてます。(署名が偽物と断定されたそうです)


P1340191
フィリッポ・パリッツィ(ヴァスト、1818-ナポリ、1899)の「家畜」(19世紀第4四半世紀)


P1340195
アンニーバレ・カラッチ(ボローニャ、1560-ローマ、1609)の「男の肖像」(1590-1600)
アンニーバレ・カラッチの代表作の一つがここにあります。これを見るためにイヴレアに来るのです。


P1340213
エウジェニオ・ガイズ(トリノ、1861-1938)の「沼」(1920c)


P1340215
ジョヴァンニ・カッパ・レゴラ(トリノ、1887-ヴェルバニア、1980)の「風景画」(1927)


P1340217
フィラデルフォ・シーマ(レヴィリアーニ、1849-フィレンツェ、1923)の「傲慢」(1878c)


P1340197
次は東洋美術部門です。
ピエル・アレッサンドロ・ガルダ(イヴレア、1791‐サモーネ、1880)が収集した約500点の作品を、1874年にイヴレア市に寄贈しました。この美術館の名称の由来になってます。


P1340198
日本関係の展示作品をここで紹介しても、あまり意味がないと思います。


P1340199
東洋美術品約500点のうち、日本のものが大半を占めます。


P1340201


P1340203
皮肉なことに、日本の美術品を見るならば、日本ではなく海外の方が充実していると思います。


P1340204
特にボストン美術館に行くと、日本人の日本文化、芸術に対する軽視を痛感させられます。


P1340212


P1340205
次は考古学部門です。


P1340206
Museo Civicoの定番と言うべき展示物が続きます。何処のコムーネでもほぼ同じような展示物。


P1340207
フレスコ断片


P1340208
ローマ時代のモザイク断片


P1340209


P1340210


P1340211


P1340219


P1340222


P1340224


P1340225


P1340227


P1340228


P1340230


P1340231


P1340233


P1340153


P1340154


P1340155


P1340156


P1340157


P1340158


P1340238
外に出ました。

P1340239
雨が強くなってきたので、これ以上あちこち歩く気がしなくなりました。


P1340240
市立美術館の時計が止まっていました。イタリアでは、駅の時計が狂っていることがあります。


P1340241
天気が良ければ、モーツァルト音楽会館に行きたかったけれど断念。


P1340243
先ほど拝観したサン・サルヴァトーレ教会です。


P1340244
雨天にも拘らず、夕方になるに従って人出が増えてきました。


P1340245
街一番の目抜き通りのパレストロ通りです。


P1340246
通りの先にサントゥルデリーコ教会が見えてきました。


P1340248
サンタ・マルタ広場です。


P1340247
サンタ・マルタ広場に面して建っている旧サンタ・マルタ教会です。
15世紀後半に建設されたサンタ・マルタ祈祷所が前身です。現在の建物は16世紀末に再建された二代目です。
1975年、教会としての機能が停止され、イヴレア市の所有となりました。その後、内部が改修され、現在は会議室等に使用されてます。


P1340249
パレストロ通りを進みます。


P1340250
少し遠回りになりますが、この道を進めばドゥオーモに行くことが出来ます。


P1340251
時計は午後4時過ぎを示していましたが、冬時間のままの時計表示でした。7月4日なので、実際は午後5時過ぎでした。


P1340252
サントゥルデリーコ教会です。ここも既に拝観しました。


P1340253
来た時と同じ道を通るのは気が利かないけれど、雨が嫌なので、その辺は仕方ない。


P1340254
パレストロ通りを更に進みます。


P1340256
サンタ・クローチェ教会です。ファサードの3点の彫刻が見物です。


P1340255
1616年から1622年に建設されました。


P1340257
中にフレスコ画があります。


P1340260
ファサードのピエタ


P1340261
父なる神


P1340262
既に活動を停止した旧教会で、建物は市所有となっており、展示場、会議室などに利用されてます。


P1340263
パレストロ通りに戻りました。


P1340265
靴下はぐっしょりと濡れ、靴の中はぐしゃぐしゃでした。


P1340267
道を下ってカヴール通りに出ます。


P1340266
トンネルの中で、雨に濡れた服をハンカチで拭いましたが、焼け石に水の状態でした。


P1340268
カヴール通りを横切る地下道を通って、カヴール通りの川沿いの歩道に出ます。


P1340272
カヴール通りの川沿いの歩道です。


P1340270
歩道から見たドーラ・バルテア川です。


P1340269
歩道から見た市庁舎の時計塔


P1340273
川を渡れば、ホテルはもう直ぐです。


P1340274
サン・マウリツィオ教会の鐘楼が見えましたが、行く気が起きません。


P1340275
風がなかったのがせめても救いでした。雨に加えて強風では敵いません。


P1340276
水量を増して流れが速くなったドーラ・バルテア川です。


P1340277


P1340278
この年は冷夏で、天気が悪かった。


P1340279
カヴール通りを少し進んで、左折してドーラ・バルテア川に架かる橋を渡ります。


P1340280
サン・マウリツィオ教会が見えてます。


P1340281
鉄道橋


P1340282
滝に来ました。


P1340283
サン・グラート教会の鐘楼です。


P1340284
橋を渡りました。


P1340285
駅に通じるCorso Costantino Nigraに入りました。


P1340287
雨で散々でしたが、ほぼ目的を果たした街歩きでした。


P1340291
泊まる必要がなかったかもしれません。


P1340293
ホテルに戻りました。
(おわり)

P1340077
次はサン・サルヴァトーレ教会です。


P1340078
カステッロとドゥオーモがあった旧市街高地から道を下ります。


P1340079
ホテル学校のフェルディナンド・プラートです。観光立国のイタリアでは、ホテル学校が人気です。


P1340080
Via Madre Antonia Vernaを進みます。


P1340081
サン・ジュゼッペ祈祷所です。それにしても現代的な建物なので、驚きます。


P1340083
更に道を下ります。


P1340085
突き当りを右折すると、直ぐに広場があります。


P1340086
Piazza del Teatro
広場の名称は劇場があるからです。


P1340087
イヴレア市立劇場です。


P1340088
1833年から1834年に建設されたTeatro Civico "Giuseppe Giacosa"です。


P1340090
この場所にサンタゴスティーノ修道院があったそうです。


P1340089
ファサードに描かれたイヴレアの紋章


P1340091
雨が降り続いてました。劇場の直ぐ傍にサン・サルヴァトーレ教会があります。


P1340092
サン・サルヴァトーレ教会です。


P1340136
15世紀後半に創建され、16世紀中頃に完成しました。奉献式は1582年に行われたそうです。


P1340095
道幅が狭いので、正面からのファサード全体の写真がうまく撮れません。


P1340096
毎日開くようです。


P1340098
中に入りました。


P1340100
単廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1340099
雨天なので、薄暗い内部でした。


P1340101
天井にフレスコ画が描かれてます。


P1340102
主祭壇


P1340103
後陣にフレスコ画が描かれてます。


P1340104
主祭壇画は、17世紀のピエモンテの逸名画家による「受難のキリストと聖人たち」


P1340105


P1340108
詳細不知
この教会の作品についての詳細が分かりません。


P1340112
ロレートの聖母礼拝堂


P1340113
詳細不知のステンドグラス


P1340115
詳細不知


P1340120
詳細不知


P1340122
詳細不知


P1340127
詳細不知


P1340132
詳細不知


P1340130
ファサード裏にオルガンがあります。


P1340134
外に出ました。


P1340138


P1340137
次は市立美術館です。


P1340140
市立美術館がある広場です。写真左奥に市立美術館があります。


P1340142
市立美術館です。


P1340205
入館しました。


P1340165
市立美術館に付いては、項を改めて詳しく触れます。


P1340238
市立美術館から外に出たら、豪雨でした。
(つづく)

引き続きドゥオーモです。
P1340025
左側廊にある礼拝堂です。


P1330967
サン・サヴィーノ礼拝堂です。


P1330972
クラウディオ・フランチェスコ・ボーモント(トリノ、1694-1766)の「聖母子と聖サヴィーノと聖ベッソと聖テゴーロ」(18世紀)


P1330975
カルロ・フランチェスコ・コグロッシ(トレヴィーリオ、1749-1789)の「聖サヴィーノの殉教」


P1330977
サン・サヴィーノ礼拝堂の天井画は、カルロ・フランチェスコ・コグロッシ(トレヴィーリオ、1749-1789)の「昇天したキリスト」


P1330981
カルロ・フランチェスコ・コグロッシ(トレヴィーリオ、1749-1789)の「聖ベッソの殉教」


P1330983
制作者情報不知の「聖母被昇天」


P1330986
グイド・レーニ作品のコピー画でしょうね。


P1330992
詳細不知


P1330995



P1330998
ジョヴァンニ・パレッラ司教(1437-1479)の墓


P1330999


P1340001


P1340002


P1340004
制作者情報不知の「キリストの洗礼」(18世紀)


P1340005
旧洗礼盤?


P1340007


P1340011
詳細不知


P1340014
ピエモンテの逸名画家作「聖ジュゼッペの死」(18世紀)


P1340015


P1340018
詳細不知


P1340028


P1340023
制作者情報不知の「磔刑」


P1340025


P1340026


P1330963
ファサード裏にオルガンがあります。


P1340044
外に出ました。


P1340032
ドゥオーモ広場に面して、もう一つ教会があります。サン・二コラ・ディ・トレンティーノ教会です。


P1340073
次はカステッロです。写真左の塔がカステッロのものです。写真右の鐘楼はドゥオーモのものです。


P1340055
カステッロです。
アオスタ渓谷に通じる道路を支配するために戦略的防御機能を目的に、サヴォイア家のアメデオ6世(シャンベリー、1334-サント・ステファノ・ディ・カンポバッソ、1383)によって、1358年に創建され、アメデオ6世の死後の1395年に完成したカステッロです。


P1340056
高い塀に囲まれてます。


P1340066
サヴォイア家の邸宅として使用されていましたが、外国支配などにより徐々に戦略的機能を失い、17世紀には殆ど使用されなくなったそうです。
1700年から刑務所として使用されるようになりましたが、それに伴い高い塀が築かれました。刑務所が閉鎖されたのは1970年のことでした。


P1340057
4本の塔があります。


P1340068
現在、カステッロは国有資産となってますが、その運営管理はトリノ県に委託されてます。


P1340064
一般公開は、特別な機会に限定されており、通常はカステッロの中に入ることが出来ません。


P1340069
カステッロとドゥオーモは同じ標高に建ってます。


P1340058
司教館です。


P1340059
ドゥオーモ広場からの眺望です。


P1340061
写真左端は市庁舎の時計塔です。


P1340063
何処の教会の後陣と鐘楼でしょうか?


P1340074
雨は小康状態でした。


P1340075
(つづく)

P1330926
写真右がローマ劇場の遺跡です。


P1330924
劇場の壁だった場所です。


P1330929
一見しただけでは、劇場の遺跡とはとても思えません。


P1330925
紀元後1世紀に建設されたそうです。


P1330928
これだけ見ても劇場だったとは想像がつきません。


P1330931
劇場の土台、壁を組み込んだ建物が建ってます。


P1330932
次はドゥオーモです。


P1330927
一旦、道を下ります。


P1330935
長い階段を上ります。ドゥオーモは旧市街の最も高い場所にあります。ドゥオーモ近くにカステッロがあります。


P1330936
階段を上り切った先に門があり。その門を潜ればドゥオーモの身廊横に出ます。


P1330937
イヴレアのドゥオーモ、Cattedrale di Santa Maria Assuntaです。イヴレアには古くから司教座が置かれていました。


P1330938
左翼廊外壁にフレスコ画があります。


P1330939
日時計でしょうか?


P1330940
ファサード側に回ります。


P1330945
教会の歴史は古く、この場所にギリシャ神殿がありましたが、ローマ時代にギリシャ神殿の一部を利用して劇場が建設されました。
4世紀頃、ギリシャ神殿とローマ時代の劇場は初期キリスト教会に転用されました。その初期キリスト教会が現ドゥオーモの前身です。


P1340047
10世紀、当時の司教によって、建物を再建して規模拡大することが決められ、初期キリスト教会が取り壊されました。
そうして、969年に創建され、1005年に完成したロマネスク様式の二代目の建物が、現在のドゥオーモの原形となってます。


P1330944
再建された建物は、13世紀、15世紀、16世紀、18世紀の4回に渡って改修、改造が行われました。


P1340048
創建時のロマネスク様式のファサードは、1516年にブラマンテ・スタイルのルネサンス様式に改造されました。
現在の新古典様式のファサードは1854年の改造工事によるものです。


P1340045
ファサードの装飾を見て行きます。


P1340034
19世紀の柱頭


P1340035
イヴレアの守護聖人の聖サヴィーノ像


P1340036
受胎告知


P1340037
聖パオロ


P1340038
新しい物ばかりで魅力に欠けます。


P1340039


P1340040


P1340042


P1340043


P1340072
12世紀に建設された鐘楼です。


P1340033
扉が開いていたので拝観しました。


P1330949
中に入りました。


P1330951
三廊式、ラテン十字形、後期バロック様式の内部です。


P1330950
改修と改造の結果、古いものが殆ど残されていません。


P1330996
左側廊


P1330997
左側廊から信者席を見たところです。


P1340006
右側廊


P1330952
天井


P1330964
ピエモンテの逸名画家による身廊天井のフレスコ画(18世紀中頃)


P1330953


P1330960
ピエモンテの逸名画家によるクーポラの装飾(18世紀中頃)


P1330958
主祭壇と後陣


P1330954
18世紀半ばに再制作された主祭壇


P1330962
主祭壇画は、カルロ・フランチェスコ・コグロッシ(トレヴィーリオ、1749-1789)の「聖母被昇天」


P1330966
後陣は立ち入り禁止なので、写真がうまく撮れません。これもカルロ・フランチェスコ・コグロッシ(トレヴィーリオ、1749-1789)の作品です。
(つづく)

P1330853
Piazza Ferruccio Nazionaleの端向こうに教会があります。


P1330855
Chiesa di Sant' Ulderico、聖ウルデリーコ教会です。


P1330916
971年に創建されましたが、完成後100年以内に取り壊されました。その理由は不明です。


P1330910
11世紀前半にロマネスク様式で再建されました。18世紀に現在の姿に改造されました。


P1330857
ファサードの右側が少し奇妙に見えると思います。
18世紀に行われた改造の際、11世紀前半に建設された鐘楼がファサードに組み込まれたのです。その際、鐘楼の上部はファサードの高さに合わせるべく切り取られたそうです。


P1330917
ファサード最上部の彫刻は、エンリコ・カルマッシ(ラ・スペツィア、1897-トリノ、1975)の「聖ウルデリーコ像」です。


P1330911
アリッツァート・ケッキーニの「救世主」(1973)


P1330912
この辺は18世紀のものです。


P1330913
組み込まれた鐘楼以外に古いものがありません。


P1330858
拝観します。


P1330859
中に入りました。


P1330861
単廊式です。18世紀にバロック様式に改造された内部です。


P1330860
フレスコ画、祭壇画がありますが、比較的新しいものが殆どです。


P1330862
主祭壇と後陣


P1330863
1766年に制作された主祭壇


P1330866


P1330864
ジョヴァンニ・シルヴェストロ・ディ・モンタナ―ロ(モンタナ―ロ、1860-トリノ、1958)によって制作された後陣のフレスコ画


P1330865
ピエトロ・フィエッタ・ディ・イヴレア(イヴレア、1883-1960)によるクーポラのフレスコ画


P1330872
ジョヴァンニ・ストルノ―ネ(イヴレア、1848-1917)の原画による浮彫「聖ウルデリーコの奇跡」(1897)


P1330877
主祭壇は、ピエモンテの逸名画家作「三位一体と聖母と聖人たち」(18世紀)


P1330881
ジョヴァンニ・ストルノ―ネ(イヴレア、1848-1917)の「救世主」(1898)


P1330884
ジョヴァンニ・ストルノ―ネ(イヴレア、1848-1917)の「無原罪の聖母」(1898)


P1330888
セバスティアーノ・コンカ(ガエータ、1680-ナポリ、1764)の「ご誕生」


P1330890
18世紀前半のピエモンテの逸名画家作「聖フランチェスコ・ザビエルに顕現する聖母子」(1730c)


P1330893


P1330894


P1330899
ジョヴァンニ・ストルノ―ネ(イヴレア、1848-1917)の「聖母の教育」


P1330900
ジョヴァンニ・ストルノ―ネ(イヴレア、1848-1917)の「ご訪問」


P1330902


P1330868


P1330904
ファサード裏のステンドグラス


P1330867
主祭壇前から見た出入口方向


P1330915
外に出ました。


P1330918
パレストロ通りを進みます。


P1330919


P1330920
次はローマ時代に建設されたローマ劇場の遺跡です。


P1330921
この道を真直ぐ進めばローマ劇場に出ます。


P1330922


P1330923
(つづく)

イヴレアは、人口23,442人(2018年12月31日現在)のピエモンテ州トリノ県にあるコムーネで、ドーラ・バルテア川と5つの湖から成る絶景が見所です。
紀元前10世紀頃に遡る歴史ある街です。ローマ時代には、アルプスを越えて侵入する異民族に対する砦として発展しました。また、19世紀以降、オリベッティの城下町として有名です。
P1330805
キヴァッソ駅からイヴレア駅行普通列車でイヴレアに向かいました。


P1330806
車中はかなり空いてました。


P1330807
イヴレア駅に到着しました。


P1330809
イヴレア駅の駅舎です。キヴァッソからイヴレアへの列車は定時運転だったのですが、実はキヴァッソ到着が遅れて、予定していた列車に乗れず、一本遅い列車に乗ったのです。


P1330811
駅前広場です。


P1330812
列車の遅れで昼食を食べ損ねたので、駅横のビュッフェで簡単に済ませることにしました。


P1330804
仕方なくジャンクフードを食べました。お腹が空いてましたが、不味くて半分残してしまいました。


P1330810
Corso Costantino Nigraを通って、この日のお宿に向かいました。


P1330814
雨が降り続いてます。


P1330815
イヴレアの旧市街はドーラ・バルテア川の川向うにありますが、この日のお宿は川の手前にあります。
この時、雨はまだ小降りでした。


P1340296
この日のお宿が見えてきました。


P1340294
各国の国旗を掲げている建物が、この日のお宿です。レストランを併設しています。


P1340271
ホテルの自室から見たドーラ・バルテア川です。水量と川の流れの速さが異常です。


P1330818
イタリア人が好きそうな手のオブジェです。
ホテルの部屋で10分ほど過ごしてから街歩きに出発しました。


P1330820
旧市街に向かうべくCorso Costantino Nigraを進みました。


P1330821
突き当りを右折します。


P1330822
普通の道路に見えますが、ドーラ・バルテア川の橋です。


P1330825
橋の上から見たヴェッキオ橋です。


P1330826
ローマ時代の紀元前1世紀に架けられたヴェッキオ橋ですが、この辺は川幅が狭く、流れが急になってます。そのため、大水になると崩壊と再建を何度も繰り返された橋です。
今でも川幅が狭いのですが、1830年から川幅の拡幅工事が行われ、1840年頃に架けなおされたヴェッキオ橋が現在の姿です。


P1330827
ヴェッキオ橋の反対側に架かっている鉄道橋です。


P1330828
鉄道橋の先に旧市街があります。
写真の右方向に駅と、この日のホテルがあります。


P1330829
崖上にサン・マウリツィオ教会があります。


P1330830
崖の途中から滝が流れています。


P1330831
カヴール通りを市庁舎がある中心街に進みます。


P1330832
写っている鐘楼はサン・マウリツィオ教会のものです。


P1330833
元々、この辺の川幅が広いのですが、雨続きのため、川の中州の殆どが水中に没していました。


P1330834
7月初旬でしたが、雨天続きの冷夏でした。


P1330838
先ほど渡ってきたCorso Costantino Nigraの橋です。橋の名前が分かりません。
写っている鐘楼はサン・グラート教会のものです。


P1330835
ペッローネ広場です。


P1330839
広場の名称は、広場の中心にあるエットーレ・ペッローネ・ディ・サン・マルティーノ将軍(トリノ、1789-ノヴァーラ、1849)のモニュメントがあることに由来します。
エットーレ・ペッローネ将軍は政治家、愛国者でした。


P1330836
雨が強くなってきました。


P1330840
カヴール通りを進んで市庁舎がある広場に向かいました。時計塔が写ってますが、市庁舎の時計塔です。


P1330841
雨のため、靴下まで濡れてきました。


P1330842
写真右の緑地はフェッランド広場です。


P1330843
ピエトロ・ルーカ通りの先に教会がありますが、強雨のため拝観する気が失せました。


P1330845
市庁舎に近付くと何故か金融機関の建物が多くなってきます。


P1330847
振り返って撮った写真


P1330849
雨を避けて柱廊を進みました。柱廊が有難いと思いました。


P1330850
ピアーヴェ通りです。通りの先にTempio Valdeseがありますが、拝観する気力が湧きません。


P1330851
Piazza Ferruccio Nazionaleです。


P1330852
広場の名称は、1944年に、この広場で絞首刑されたパルチザンに由来するそうです。


P1330856
Piazza Ferruccio Nazionaleに面して市庁舎が建ってます。


P1330854
市庁舎が建っている場所にデブルゴ病院がありましたが、1750年頃には荒廃して使用されなくなっていました。その病院を取り壊して、1758年から1761年に建設された市庁舎です。


P1330914
(つづく)

↑このページのトップヘ