イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:エミリア・ロマーニャ州 > フォンタネッラート

P1210203
サンヴィターレ要塞の狭間から見た景観です。


P1210204
軍事機能重視のサンヴィターレ要塞でしたが、16世紀にサンヴィターレ家の邸宅として改造、修復されました。


P1210205
17世紀に建設された煉瓦造りの橋


P1210208
小さな噴水


P1210209
フローラの庭から離れます。


P1210235
次は、1階(日本の2階)です。


P1210236
1階のロッジャは、要塞が開いている時間には一般公開されてます。


P1210216
階段の壁にフレスコ画の痕跡が認められますが、劣化が激しく何が描かれていたのか全く分かりません。


P1210218
ロッジャの出入り口扉上ルネッタ上に描かれたフレスコ画があります。


P1210230
近年、修復されたようで色鮮やかに蘇りました。


P1210223
誰の作品でしょうか?
チェーザレ・バリオーニ(クレモナ、1550c-パルマ、1615)の作品でしょうか? 2階(日本の3階)ロッジャのフレスコ画はチェーザレ・バリオーニによって描かれたようですが、2階のロッジャは非公開で2階に上れないようになっていました。


P1210226
ロッジャの反対側の出入り口の扉上ルネッタにもフレスコ画があります。


P1210227
詳細不知のフレスコ画


P1210221
1階(日本の2階)のロッジャから見た中庭です。


P1210219
要塞内部のガイドツアーの開始時間が迫ってきました。


P1210228
地上階に下ります。


P1210246


P1210252
既に人が集まっていました。


P1210231
この扉前が集合場所となっています。切符売り場で切符を買い、ここで暫く待ちました。
ガイドツアー参加者は約30名で、イタリア語と英語の2班に分かれました。
私は英語班に参加しました。


P1210248
パンフレットが渡されましたが、後で返却することになってます。


P1210249
内部は写真不可でした。
英語班ですが、興味がないので外に出たいとか、パルミジャニーノのフレスコ画がある部屋で、絵画が嫌いなので別の部屋に直ぐに移りたい等を言う人がいて、散々でした。ガイドさんも、それらの意見を無視できなかったようで、私が観たかったパルミジャニーノのフレスコ画は鑑賞どころではありませんでした。困ったことでした。
フォンタネッラート観光の肝腎はパルミジャニーノのフレスコ画ですから、ガイドツアー参加者の一部は何を期待してこの村に来たのでしょうか?
パルミジャニーノのフレスコ画ですが、私の写真は1枚もありません。外部サイトから拝借して、フレスコ画を紹介しておきましょう。


4
南面のフレスコ画
フレスコ画のテーマは、ダイアナ(ディアナ)とアクテオンの物語です。そのため、この部屋は「ダイアナとアクテオンの部屋」と呼ばれてます。

フランス軍と戦ったラヴェンナとパヴィアの戦いで有名なジャン・ガレアッツォ・サンヴィターレ伯爵(フォンタネッラート、1496-パルマ、1550)がパルミジャニーノにこの部屋の装飾を依頼して、1523年から1524年に制作されたマニエリスムのフレスコ画です。
この部屋はジャン・ガレアッツォの妻、パオラ・ゴンザーガ・サンヴィターレ伯爵夫人の化粧室でした。
ジローラモ・フランチェスコ・マリア・マッツォーラ通称パルミジャニーノ(パルマ、1503-カザルマッジョーレ、1540)の代表作です。


5
西面


6
北面


7
東面


9
東面に描かれた女性は、パオラ・ゴンザーガ・サンヴィーターレ伯爵夫人の肖像画と言われてます。
パルミジャニーノが後に描いた作品の聖母のモデルがパオラではないか、という説があります。


15
パオラ・ゴンザーガ・サンヴィターレが聖母のモデルという説がある、パルミジャニーノの「長い首の聖母」(1534)です。


8
天井


10


11


12


13


14
キリがないので、この辺にしておきましょう。


P1210250
自分のペースで見ることが出来ないグループツアーが苦手です。


P1210251
物足らないで終わったサンヴィターレ要塞の内部見学でした。


P1210253
外に出ました。
なお、1948年に、サンヴィターレ家が要塞をフォンタネッラート・コムーネに売却しました。


P1210274
ホテルに戻りました。


P1210279
ヴィッラホテルの自室ベランダから見えるサンヴィターレ要塞の時計です。


P1210280
その夜は大人しく寝ました。


P1210281
翌朝です。


P1210283
この日も天気に恵まれました。


P1210284
次の目的地はファエンツァです。


P1210282
バスでパルマに向かい、パルマからファエンツァは快速列車に乗ります。


P1210285
ヴィッラホテルを後にしました。中々良いホテルで、エンジョイ出来ました。


P1210286
私にとって、最後のフォンタネッラートになりました。


P1210287
一度はパルマから往復遠足したいと考えていましたが、その機会に恵まれません。


P1210288


P1210289
グリエルモ・マルコーニ通りです。


P1210290
名残惜しく、振り返りました。


P1210292


P1210293
Porta di Sopraです。


P1210294
門を潜り城壁外に出ました。


P1210297
ロザリオの聖母の聖堂聖域です。


P1210299
(おわり)

P1210071
サンヴィターレ要塞の一般公開時間まで30分となりました。


P1210143
1124年に合意されたルッカとの条約によって、フォンタネッラートの支配者となったオベルト1世パッラヴィチーノ(ブッセート、1080-1148)は、1145年頃に支配地の中心に塔と砦を建設しましたが、それが要塞の起源です。


P1210156
1378年、パヴィア卿で後にミラノ公になったジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ(パヴィア、1351-メレニャーノ、1402)は、グエルフへの忠誠の報酬として、フォンタネッラートを取得しました。
新領主となったジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティは、従来からあった塔と要塞に加えて新しい城の建設を考えるようになり、1386年に建設工事が始まり、1400年頃に新しい城が完成しました。
イタリアの「城」の名称は、大体の場合、最初の呼称がそのまま踏襲されるようです。


P1210258
1404年、ミラノ公ジョヴァンニ・マリア・ヴィスコンティ(ミラノ、1388-アッビアテグラッソ、1412)は、ジベルトとジャンマルティーノのサンヴィターレ兄弟にフォンタネッラートを与えました。
サンヴィターレ家所有となった城は、拡大され、16世紀にほぼ現在の構造になりました。
その後、数度にわたり改造、改修を繰り返しましたが、1878年の修復工事の際、16世紀の姿に復元されました。その復元後の姿が現在の外観となってます。


P1210162
サンヴィターレ要塞入口のファサードです。
要塞の四方からの外観写真を示しておきましょう。


P1210132
南西側


P1200964
西角


P1200964
東角


P1200961
北東側にロッジャがあります。


P1210076
南角


P1200962
北角


P1210172
時計塔の前に橋があります。


P1210158
創建以来、堀に架かる橋は跳ね橋でしたが、17世紀初めに煉瓦造りの橋に変更されました。


P1210257


P1210173
要塞の中に入ります。


P1210168
入口塔に時計があります。現在の時計はオリジナルの17世紀のものではなく、1997年に復元されたものです。


P1210169
時計塔に向かって右側です。


P1210167
橋を渡ります。


P1210176
橋上から見た要塞外の景観


P1210177
入り口前にある説明板


P1210178
入口アーチの壁にフレスコ画があります。


P1210179
紋章のフレスコ画です。


P1210180
写真のほぼ中央にサンヴィターレ家の紋章があります。


P1210181


P1210182


P1200967


P1210183


P1200966
中庭に入ります。


P1210184
中庭です。


P1210211
要塞の建物は、Palazzo Comunaleとして使用されてます。


P1210214
切符売り場の入り口です。


P1210215


P1210185


P1210186
三階建てでロッジャがあります。


P1210188
地上階のロッジャ


P1210189
ガイドツアーの前に、適当に見て回りました。


P1210190
「フローラの庭」です。


P1210191


P1210193
狭間から見たサンタ・クローチェ教会です。


P1210194


P1210195
サンタ・マリア・アッスンタ祈祷所です。


P1210199
19世紀に造られた光学室です。


P1210200
(つづく)

P1210233
ホテルの自室ベランダでの昼寝を終わって、再び外に出ました。


P1210171
サンヴィターレ伯爵家の厩舎だった建物です。現在、個人所有で部外者立ち入り禁止です。


P1210066
強烈な日差しでした。


P1210067
午後になって、観光客の姿を見かけるようになりました。恐らくサンヴィターレ要塞の一般公開の時間に合わせて、この町に来たのでしょう。


P1210072
しかし、要塞の公開時間まで、あと1時間半ほどありました。


P1210073
時間潰しのため、城壁外に出て見て回ることにしました。


P1210075
旧市街を東から北に、さらに西の方角に回ることにしました。


P1210076
旧市街の中心に要塞があります。要塞を囲む道を回ってから外に出ます。


P1210077
写真右はサンヴィターレ伯爵家の旧厩舎のロッジャです。


P1210078
町一番の目抜き通りであるグリエルモ・マルコーニ通りです。


P1210079
グリエルモ・マルコーニ通りの突き当りはPorta di Sopraです。


P1210080
Porta di Sopraを潜ります。


P1210082
門を潜って旧市街の外に出ました。


P1210083
緑深い一角を進みます。


P1210084
旧市街を取り囲む道路がありますが、方角や場所によって名称が変わり、東ではローマ通りと呼ばれてます。


P1210085
城壁に見えますが、旧サン・ジュゼッペ修道院の塀です。


P1210086
フォンタネッラートは、パルマのベッドタウンになっているようで、個人住宅が並んでます。


P1210088
郊外の普通の住宅地なので、観光的な見所が皆無です。


P1210089
サンティ通りです。


P1210090
旧サン・ジュゼッペ修道院の先にベアータ・ヴェルジネ・ロザリオ聖堂聖域の鐘楼とクーポラが見えます。


P1210093
サン・ジュゼッペ修道院の教会がベアータ・ヴェルジネ・デル・サント・ロザリオ聖堂聖域です。


P1210091
カドゥーティ・ディ・チェファロニア通りです。


P1210094
広大な牧草地に出ました。


P1210102
牧草地の一角に馬が放牧されてました。


P1210104
馬は、暑さに弱い筈ですが、暑さを気にせずに一心不乱に草を食んでいました。


P1210095
牧草地を越えると妙な場所に出ました。


P1210096
フォンタネッラート墓地です。


P1210098
一応墓地に入ってみました。


P1210105
北に向かって進みました。


P1210106
一旦ローマ通りに戻ります。


P1210107
泊っているヴィッラホテルの裏門です。


P1210108
道の木陰が有難かった。


P1210110
旧市街の北方に広大な公園があります。


P1210112
旧市街を一周する通りで、この辺ではトリアッティ通りと呼ばれてます。


P1210113
ヴェッツォーニ通りへと通りの名称が変わります。


P1210117
これ以上通りを歩いても見どころが無さそうです。


P1210118
サンヴィターレ要塞の公開時間まで時間がありますが、旧市街に戻ることにしました。


P1210128
写真右の建物の先を右折します。


P1210140
小さな公園がありますが、その公園にライオン像があります。


P1210129
水飲み場の上にライオンが横たわってます。


P1210141
ライオン像がある理由が分かりません。


P1210139
ライオン像を越えれば、サンタ・マリア・アッスンタ祈祷所の後陣に出ます。


P1210142
(つづく)

P1200937
作品帰属が分からない祭壇画が殆どでしたが、それらの質はかなり高いと思った聖堂聖域でした。


P1200930
この辺で11月4日通りと通りの名称が変わります。


P1210041
病院の入り口です。


P1210042
Centro Cardinal Ferrari(病院名)です。


P1210043
パルマ県における主要病院の一つです。


P1210046
病院の庭からSantuario Basilicaの鐘楼が見えます。


P1210047
聖堂聖域の先は観光向きではありません。


P1210048
旧市街を外れると緑溢れる町です。


P1210049
公園の先にサンタ・クローチェ教会の鐘楼が見えました。


P1210050
昼前にやっておくことがありました。


P1210056
この日の翌朝、バスでパルマに戻るので、バスの切符をバールで事前に買いました。


P1210057
バスの停留所と時刻を確認しました。バスの停留所が交差点の四か所にあるので、確かめないと・・・・・


P1210058
バスは始発ではなく、乗客は少ないと聞いていたので、これで安心です。


P1210053
この辺で、通りの名称が11月4日通りからヴィットリオ・ヴェネト通りに変わります。


P1210052
あちこち歩いても退屈なだけです。


P1210054
19世紀に建設されたPalazzo Jacopo Sanvitaleです。


P1210055
Palazzo Jacopo Sanvitaleの前にある戦没者追悼のモニュメント


P1210059
旧城壁内に戻ることにしました。


P1210060
直ぐに門が見えてきます。


P1210061
旧市街の入り口 Porta di Sopraです。


P1200944
門の横の建物


P1200978
門の横は花一杯でした。


P1210063
門を潜りました。


P1200975
旧市街の中から見たPorta di Sopraです。


P1200976
門の外方向です。


P1200974
グリエルモ・マルコーニ通りから見たPorta di Sopraです。


P1210064
グリエルモ・マルコーニ通りです。


P1200946
Rocca Sanvitaleに向かいます。


P1200947
観光客の姿が見えません。


P1200948
日帰りの観光客が殆どのようです。


P1200949
要塞の周囲をじっくりと見て回ることにしました。


P1200950


P1200951


P1200952


P1200953


P1200954


P1200955


P1200956


P1200957


P1200958


P1200961


P1200962


P1200964
そろそろ昼食時です。


P1210068
ホテルに戻ります。


P1210065
ホテル併設のレストランで昼食を食べました。実は、このヴィッラ・ホテルのフル・ボード(1泊3食付き)を予約していたのです。フォンタネッラートなどの小さな町に宿泊する場合、意外に夕食を食べる所を探すことが大変なことがあります。


P1210275
自室に戻って休息です。


P1210276
涼しくて心地よかった。


P1210277
ヴィッラホテルの森です。
(つづく)

P1210297
聖なるロザリオの聖母の聖堂聖域 Santuario Basilica della Beata Vergine del Santo Rosarioの広場の前に門があります。


P1200923
教会の敷地内に入りました。


P1200922
教会前広場の北側に20世紀前半に建設された長い柱廊があります。


P1200924
長い柱廊に入ってみました。


P1210266
この場所に14世紀に建てられたサン・ジュゼッペ祈祷所がありましたが、15世紀末に祈祷所を取り壊し、その上に修道院と教会を新設することになり、修道院は1512年に完成しました。


P1200932
教会は1514年に完成しました。


P1200981
教会は巡礼地になったので、17世紀前半には修道院教会は手狭になりました。最初の建物を取り壊して、1641年から1660年に再建されたバロック様式の建物が現在の姿の原形です。


P1210272
写真左の煉瓦色の建物よりも奥が1672年着工、1700年頃完成した修道院です。


P1200934
ネオ・バロック様式の現ファサードは、ランベルト・フザーニ(パルマ、1877-1966)の設計によって1913年から1920年にかけて建設されました。


P1210267
ファサードの彫刻


P1210269


P1210271


P1210039
後陣と鐘楼


P1210044
クーポラと鐘楼


P1200933
ファサードの下部に柱廊があります。


P1200931
1903年、第257代教皇ピオ10世紀(在位:1903年-1914年)によってBasilica Minoreに格付けされました。


P1200982
聖堂内に入りました。


P1200985
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1200984
左右に4つづつの礼拝堂があります。


P1200983
ピエトロ・ルビーニ(パルマ、1700-1765)によって1731年に描かれた天井フレスコ画


P1200988
床の文様


P1200987
主祭壇


P1200990
制作者情報不知の「ドメニコ会聖人たち」(18世紀初め)


P1200995
ピエトロ・ルビーニ(パルマ、1700-1765)の「聖パオロと聖トマス・アクィナスと聖ピエトロ」


P1210001
制作者情報不知の「ソリアーノの聖ドメニコの出現」(1666)


P1210002
ファサード裏にあるオルガン


P1210003
制作者情報不知の「聖ジュゼッペ」(19世紀)


P1210004
詳細不知


P1210005


P1210006


P1210007


P1210008


P1210010


P1210012
ロザリオの聖母の礼拝堂


P1210014


P1210015


P1210017
制作者情報不知の「磔刑像」(1663)


P1210018


P1210019


P1210020
詳細不知


P1210021
詳細不知


P1210024
制作者情報不知の「割礼」(1663)


P1210025
制作者情報不知の「聖ジャチントの奇跡」(1669)


P1210028
制作者情報不知の「聖ライモンドの奇跡」(1669)


P1210033


P1210034


P1200927
外に出ました。
(つづく)

フォンタネッラートは、人口7,061人(2018年12月31日現在)のエミリア・ロマーニャ州パルマ県にあるコムーネで、「イタリアの最も美しい村」にリストアップされてます。
町周辺は、パルミジャーノ・レッジャーノの名産地です。
P1190997
前泊地は、エミリア・ロマーニャ州のグアルティエーリでした。


P1190994
列車に乗ってパルマ駅に向かいます。この鉄道はFS本体ではなく、系列子会社の運営だったと思います。


P1200884
普段ならば通学客で混雑する時間帯でしたが、学校が夏休みに入ったので、車内は非常に空いてました。


P1200885
パルマ駅に到着しました。
パルマ駅前からフォンタネッラート行きのバスがありますが、夏休みになったので、昼間の時間帯にはバスがないので、タクシーでフォンタネッラートに向かいました。フォンタネッラートは、パルマの西約25㎞にあります。


P1200892
タクシーで乗車約30分弱で、フォンタネッラートの、この日のお宿前に着きました。写真の赤い建物がこの日のお宿で、レストラン併設のヴィッラです。
フォンタネッラートの宿泊設備は限られていて、真面なのは、ここしかないようです。


P1200893
荷物をお宿に預けて、早速町歩きに出発しました。
この日のお宿は、要塞の向かいという絶好の場所にあります。


P1200886
サンヴィターレ要塞 Rocca Sanvitale、フォンタネッラート城(別称)です。


P1200887
当時、要塞の公開は夏季の午後のみでした。まだ午前中だったので、他の場所を見て回ります。


P1200888
この日は夏至の前日でした。カンカン照りで参りました。


P1200890
要塞は深い堀に囲まれてます。


P1200891
フォンタネッラートにおける美術的な見所は、要塞の中のパルミジャニーノのフレスコ画に尽きます。それをゆっくりと鑑賞するために来た訳です。
結論を言えば、その目的は悲惨なものに終わりました、パルミジャニーノのフレスコ画を見ることはできたのですが、ガイドツアーのみで、次の部屋、次の部屋とガイドから急かされて、ゆっくり鑑賞するどころではなく、見事に時間不足に終わったのです。その上、写真厳禁でした。
その詳しいことは後述します。


P1200894
先ずは教会巡りです。


P1200895
鐘楼が写っている教会に行きます。


P1200896
その奥に、もう一つ教会があります。


P1200897
城壁内に2つの教会があります。


P1200898
写真左端の教会に行きます。


P1200899
サンタ・クローチェ教会です。長い間、教区教会でしたが、今は違います。


P1210144
フォンタネッラート領主ギベルト2世サンヴィターレ伯爵によって、1447年に創建され、1503年に完成したゴシック様式の教会です。


1
左右非対称のファサードです。


P1200901
拝観したかった教会でしたが・・・・・


P1200902
残念! 扉が閉まっていました。


P1200908
サンタ・クローチェ教会の後陣


2
次はサンタ・マリア・アッスンタ祈祷所です。


3
この場所に10世紀頃に建設された小さな礼拝堂がありましたが、15世紀頃には朽ち果てて廃墟になっていました。それを取り壊して、その上に1572年に建設された建物が現在の姿の原形です。1720年にバロック様式に改造され、現在に至ってます。
ここも閉まっていました。


P1200903
ルイージ・サンヴィターレ通りから見たサンヴィターレ要塞です。


P1200904
ルイージ・サンヴィターレ通りです。


P1200905
写真左の黄色の建物はコムナーレ劇場です。


P1200906
1856年、ルイージ・サンヴィターレ伯爵が、この土地を寄贈し、1864年から1866年に建設された新古典様式のコムナーレ劇場です。


P1200907
馬蹄形の劇場で、客席数は174席だそうです。


P1200909
劇場の先に広場があります。


P1200910
ヴェルディ広場です。ヴェルディ・オペラを上演するには、少し小さ過ぎる劇場のように思えます。


P1200911
アパートです。


P1200912
ヴェルディ広場の突き当りはパラッキ通りです。


P1200913
ヴェルディ広場からサンタ・クローチェ教会の鐘楼が見えます。


P1200914
パラッキ通りから見たヴェルディ広場です。写真右端の黄色の建物はコムナーレ劇場です。


P1200915
パラッキ通りを進んで城壁外に出ます。この辺の城壁は19世紀に取り壊されて存在しません。


P1200916
ヴィットリオ・ヴェネト大通りに出ました。


P1200917
病院です。


P1200918
病院前のモニュメント(詳細不知です)


P1200919
緑一杯のヴィットリオ・ヴェネト広場です。


P1200920
この先に教会があります。


P1200921
ベアータ・ヴェルジネ・デル・サント・ロザリオ聖域聖堂のファサードが見えてきました。
(つづく)

↑このページのトップヘ