イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:トスカーナ州 > グロッセート

P1050788
やがてチェスの対局が始まりました。


P1050737
晴れていたのは嬉しいのですが、気温上昇と高湿気には困りました。


P1050739
日陰のベンチで一休み。


P1050742
グロッセートに来た最大の目的は、マレンマ博物館の入館です。


P1050744
博物館の開館時間まで、ぶらぶら歩きで時間潰しです。


P1050745
狭い城壁内なので、同じ場所に何度も来てしまいます。


P1050746
日陰を選んで歩きました。


P1050749
マレンマ地方観光の醍醐味は、ソヴァーナ、ソラーノ、ピティリアーノです。


P1050750
ピティリアーノへは、グロッセートからバスがあるので、簡単に行けます。


P1050751
ソヴァーナへは、鉄道駅からの直通バスはなくなって、ピティリアーノ発のバスで行くことになったので不便になりました。


P1050753
サンタ・キアーラ教会は、相変わらず扉が閉まっていました。


P1050755
サン・フランチェスコ教会は開いてました。


P1050756
ジュゼッペ・カスッチ(ロッカストラーダ、1877-アルゼンチン、1964)の「聖母子と聖フランチェスコと聖フォルトゥナート」(1927)をじっくり見ました。


P1050757
もう一度拝観しました。


P1050457
マレンマ博物館にやってきました。神学校だった建物です。


P1050458
博物館前の彫像は、「アンドレア・ダ・グロッセート(グロッセート、13世紀前半‐?、?)像」です。
アンドレア・ダ・グロッセートは、散文作家でグロッセートのサン・フランチェスコ教会の修道士でした。当時の作家はラテン語で書くのが普通でしたが、アンドレア・ダ・グロッセートはイタリア語の最初の作家という説があります。


P1050459
マレンマ博物館と簡単に表記しましたが、Museo Archelogico e D' Arte della Maremmaが正式名称です。


P1050455
開館時間がこのように表記されてますが、この日は16:00~19:00のみの開館でした。


P1050797
入館しました。


P1050800
マレンマ博物館については、既に書きました。
ご興味のある方は、次のページをご参照願います。
(前編)
http://luca-signorelli.blog.jp/archives/17823152.html
(後編)
http://luca-signorelli.blog.jp/archives/17826171.html


P1050816


P1050825


P1050830
アレッサンドロ・カソラーニ(メンサノ、1552‐シエナ、1660)の「磔刑」(1583)


P1050844
Maestro dell' Osservanzaの「聖ジローラモ」(左)(1450‐60c)とサーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1406‐1481)の「聖アントニオ・アバーテ」(右)(1450‐60c)


P1050846
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖エリザベッタ」(1601)


P1050869
グイド・ディ・グラツィアーノ通称グイド・ダ・シエナ(シエナ、1230c‐1290c)と工房の「最後の審判」(13世紀)


P1050903
ルドヴィーコ・カルディ通称イル・チゴリ(チゴリ、1559‐ローマ、1613)の「ピエタ」(1599c)


P1050874
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「聖母子」(1370)


P1050885
ジョヴァンニ・ディ・二コラ(シエナとピサ、1326から記録-1363/1365没)の「聖母子」


P1050894
アンドレア・ディ・ニッコロ(シエナ、1440-1514)の「ピエタのキリスト」(15世紀末)


P1050762
外に出ました。


P1050763
次はMuseo di Storia Naturale della Maremmaです。


P1050764
この日は、残念ながら開いていませんでした。


P1050765
特にやることがありません。


P1050766
見たいところは大体見たようです。


P1050767
これならば、昼食でワインを1本空け、ビールを飲んで時間をかけて楽しむべきでした。


P1050768
サン・フランチェスコ教会の鐘楼が見えてます。


P1050769
Piazza Pacciardi
写真左はミゼリコルディア教会です。


P1050772


P1050774
グロッセートのニャーゴ


P1050775
城壁にやってきました。


P1050777
城壁外に出ます。


P1050778
Porta Vecchia


P1050779


P1050780


P1050781
ホテルに戻ることにしました。


P1050990
夕方になると、人出が多くなります。


P1050991
サン・ピエトロ教会が開いていました。


P1050992
拝観しました。


P1050793
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。
(グロッセートの項、おわり)

P1050678
ホテルに戻って昼寝を小一時間すると。外は晴れていました。


P1050682
今度は傘を持たずに外出です。


P1050683
先ず城壁外を見て回ります。


P1050684
城壁内は狭いので、街の住民の大多数が城壁外に住んでます。


P1050685
パーチェ通りに沿って大きな教会があります。


P1050686
サクロ・クオーレ参事会聖堂 Basilica Minore e Collegiata del Sacro Cuore di Gesuです。


P1050698
1954年から1958年に建設されたネオ・ルネサンス様式の新しい教会です。


P1050689
この聖堂の建設には、グロッセート市民の悲惨な出来事がありました。


P1050688
城壁外の聖堂が建設された場所には小さな遊園地がありましたが、イースター・マンデイの1943年4月26日、大勢の子供たちが遊園地で遊んでいました。空襲警報が出ていなかったので、安心して遊んでいたそうです。ところが、米軍爆撃機一機が何故か遊園地で遊んでいた子供たちを急襲、爆撃によって大勢の子供たちを含む134人が犠牲となりました。
犠牲者の鎮魂のため、建設されたのが、この聖堂です。
犠牲の現場となったところが、この聖堂のクリプタとなってます。


P1050696
遊園地で遊んでいた子供を急襲するなんて普通の神経を持った兵士ならば、多分やらないと思いますが、原爆を投下するくらいですから、米兵にとっては朝飯前の普通の任務だったのでしょう。


P1050690
コンクリートのファサード
建設の経緯を知る第260代教皇ピオ12世(ローマ、1876-カステル・ガンドルフィ、1958 在位:1939-1958)は、直ぐにBasilica Minoreに格付けしました。


P1050693
ファサードの彫刻


P1050694
鐘楼


P1050695
左側壁


P1050691
ファサード前に小さな公園があります。


P1050692
小さな公園前から見たファサード


P1050697
イタリアが親米なのか分かりませんが、原爆を落とされた我が国が米国と同盟とは。


P1050699
咲き誇るブーゲンビリア


P1050700
城壁外の、城壁近くにもう一つ新しい教会があります。


P1050701
この辺は旧市街の北西、城壁外に当たります。


P1050702
Porta Nuovaの近くです。


P1050703
教会の鐘楼が見えてきました。


P1050704
この教会のファサードはローマ通りに面してます。ファサード側に回ります。


P1050705
Chiesa della Medaglia Miracolosa、奇跡のメダル教会とでも訳すのでしょうか?


P1050706
居住者が多くなった城壁外の住民のために、1936年から1937年に建設されたネオ・ロマネスク様式の教会です。


P1050707
入口扉上ルネッタの浮彫は、地元が生んだ彫刻家トロ―メオ・ファケンディ(グロッセート、1905-1970)の「聖母とベアータ・カテリーナ」(1937)です。


P1050708
美術的には、ファサードの浮彫を観れば十分と言えるでしょう。


P1050709
壮大な郵便局の建物


P1050710
昼寝ボケで眠かったので、ここで一服入れました。


P1050711
Villino Pastorelli


P1050712


P1050713
未だ城壁外です。


P1050714
この辺だけ城壁がありません。


P1050715
城壁内に入りました。


P1050716


P1050717


P1050718


P1050719


P1050719


P1050720


P1050732
ダンテ広場です。


P1050726


P1050729
ダンテ広場でチェスが行われるようです。


P1050735


P1050733
(つづく)

P1050576
次はサン・ミケーレ門です。


P1050578
パオルッチ通りを進みます。サン・ミケーレ門は旧市街の南西にあります。


P1050579
ドゥオーモの鐘楼が見えました。


P1050580
小雨が相変わらず降り続いてます。


P1050581
昼を過ぎて、閉まっている店が多くなっています。


P1050583
小さなジョヴァンニ・ヴァレーリ広場を通り過ぎます。


P1050584
マッツィーニ通りからサン・ミケーレ広場に入ります。


P1050585
サン・ミケーレ広場にある「木のオブジェ」です。遠くから見ると木ですが、よーく見ると金属製の木です。金属製の木ではなく、普通の木でも良いと思いました。


P1050586
1819年に建設されたTeatro degli Industriです。


P1050587
サン・ミケーレ門はもう直ぐです。


P1050588
サン・ミケーレ門が見えてきました。


P1050590
城壁の南西に設けられたサン・ミケーレ門です。


P1050591
城壁外に出ました。


P1050596


P1050597
城壁外には見所が乏しいので、城壁内に戻ります。


P1050595
Bastione Molino a Vento


P1050594
公園内の池にイノシシの噴水があります。


P1050592


P1050593


P1050646
ダンテ広場に戻りました。


P1050647
古い建物ですが映画館になってます。


P1050648
ドゥオーモ


P1050649
雨が強くなってきたので柱廊に逃げ込みました。


P1050651
昼食のビールが効いてきました。


P1050652
ここで一服して、トイレをお借りしました。


P1050653
Porta Vecchiaに向かいます。


P1050654
Via San Martino


P1050655
14世紀に遡るPorta Vecchiaです。


P1050658
城壁外に出ました。16世紀後半にメディチ家に拠って城壁の増強整備が行われましたが、その際、14世紀のPorta Vecchiaがそのまま新城壁に組み込まれました。


P1050659


P1050657
城壁外に広い駐車場があります。


P1050656
城壁内に戻りました。


P1050662
Via San Martino


P1050663
城壁が殆ど残されているのが確認出来ました。


P1050664


P1050665
Via dell Unione


P1050666
ドゥオーモ広場に出ます。


P1050667
狭い城壁内なので、どうしても同じ場所に何回も来てしまいます。


P1050670
ダンテ広場に立つローマ時代の柱 Colonna Romana e Monumennto a Canaponeです。


P1050671
雨の中をあちこち行くのが嫌になってきました。


P1050672
Corso Giosue Carducci


P1050673
ホテルに戻って昼寝をすることにしました。

P1050674
サン・ピエトロ教会を通り過ぎます。


P1050676
(つづく)

P1050566
Strada Ginoriです。


P1050567
古い建物が建ち並んでます。次はサン・フランチェスコ教会修道院ですが、Strada Ginoriの突き当りに教会があります。


P1050569
Piazza Indipendennzaに出ました。


P1050570
サン・フランチェスコ教会修道院の鐘楼です。


P1050571
グロッセート病院の井戸が広場にあります。


P1050758
1465年に造られたPozzo di Santa Maria della Scala di Sienaです。


P1050572
共和国広場は、以前、サン・フランチェスコ広場と呼ばれていました。


P1050573
サン・フランチェスコ教会を見ます。


P1050414
10世紀に建設されたサン・フォルトゥナート教会が前身です。


P1050446
1188年、時の教皇クレメンテ3世(第174代教皇)(ローマ、1121-1191 在位:1187-1191)は、サン・フォルトゥナート教会をグロッセート司教に寄贈しました。


P1050415
12世紀末に教会はベネデット会の所有となりましたが、1220年、ベネデット会修道士は教会を去ることになり、フランチェスコ会に建物を売却しました。売却を機に、教会名称がサン・フランチェスコ教会と改称されました。


P1050416
新たに所有者となったフランチェスコ会修道士は、教会修道院を再建することにし、1231年から1289年に再建された建物が現在の姿の原形となってます。


P1050574
1859年から1865年にかけてサン・ロレンツォ大聖堂の修復工事が行われましたが、その工事期間中、司教座がサン・フランチェスコ教会に臨時に置かれました。
1949年から教区教会 Parrocchiaになりました。


P1050575
ファサード横にある聖フランチェスコの記念碑


P1050759
13世紀に建設された、オリジナルの鐘楼は、17世紀頃、落雷によって倒壊してしまいました。現在の鐘楼は、1926年に再建されたものです。


P1050448
教会の入り口です。


P1050447
入口上ルネッタのフレスコ画は、ジュゼッペ・カスッチ(ロッカストラーダ、1877-アルゼンチン、1964)の「聖母子と聖フランチェスコと聖フォルトゥナート」(1927)です。


P1050417
中に入りました。


P1050443
見るに値する作品が幾つかあります。


P1050444
単廊式


P1050445
木組みの天井


P1050418
ピントゥリッキオ派のシエナの逸名画家の作品(1510c)です。


P1050419
14世紀のシエナ派逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」(14世紀)


P1050421
逸名画家作「聖クリストフォロ」(14世紀)


P1050420
後陣と主祭壇


P1050422
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(シエナ、1255c-1318/1319)の「彩色磔刑像」(1289c)
この磔刑像は歴史的にドゥッチョの作品と言われてきました。


P1050423
しかし、近年になってグイド・ディ・グラツィアーノ(シエナ、1278-1302記録)の作品であるとの別説が出されています。


P1050425
15世紀の逸名画家作「聖フランチェスコと聖ベルナルディーノ」


P1050426
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、?-1348c)の領域(Ambito di)の「聖母子」


P1050440
フランチェスコ・クゥッラディ(フィレンツェ、1570-1661)の「受胎告知」(1615)


P1050427
翼廊の礼拝堂


P1050428
かなり新しそうなフレスコ画です。


P1050429
フレスコ画の制作者や制作された時代等の詳細が分かりません。


P1050430
キオストロ回廊に出ました。


P1050432
修道院と教会を連絡する回廊の壁にフレスコ画があることが多いですが、ここにはないようです。


P1050433
1590年に造られたPozzo della Bufaraです。


P1050434
回廊にある作品を観ます。


P1050435
彩釉テラコッタの聖母子


P1050436
大天使聖ミケーレ


P1050437
キリストの鞭打ち


P1050431
教会経由で外に出ます。


P1050438
もう一度ドゥッチョの彩色磔刑像を見ました。


P1050439
主祭壇前から見た出入口方向


P1050755
外に出ました。
(つづく)

P1050522
Via D' Azeglioです。


P1050523
雨がしつこく降ってます。


P1050524
メンシーニ広場を通り過ぎます。


P1050525
次はミゼリコルディア教会です。


P1050526
Piazza Martiri d' Istriaに入りました。


P1050532
広場に建っているのがミゼリコルディア教会です。


P1050527
12世紀中頃に、現在地に建設された病院別館がありましたが、その別館に設けられたサン・ロレンツォ礼拝堂が前身です。
程なく、病院別館と小礼拝堂はテンプル騎士団に寄贈され、13世紀に同騎士団によってサン・ロレンツォ教会が建設されました。


P1050528
1312年、テンプル騎士団はサン・ロレンツォ教会を放棄しました。教会は衰退しましたが、ミゼリコルディ同信会によって細々と維持されました。1844年、経時劣化によって建物が危険になったので解体され、1854年に再建された建物が現在の姿となってます。


P1050529
ガリバルディ通りを城壁に向かって進みます。


P1050533
城壁前にいかめしい建物が建ってます。


P1050535
Casa Circondariale


P1050538
刑務所です。


P1050537
何か監視されている気がしましたが、刑務所なので当然です。観光客には不向きな刑務所ですが、城に行くには、この前を通るのが普通です。


P1050536
刑務所の警備員の屯所でしょうか?


P1050534
刑務所は城壁内に建ってます。


P1050539
Cassero Seneseに向かいます。


P1050540
Cassero Seneseです。14世紀にシエナ共和国によって建設された城です。


P1050541
1565年、トスカーナ大公コジモ1世・デ・メディチ(フィレンツェ、1519-1574)に拠って城壁の整備拡張が行われましたが、その際、城は城壁に囲まれた要塞の要塞として新城壁に組み込まれました。
Bastione Fortezzaと呼ばれてます。


P1050547
Cassero Seneseの入り口です。


P1050548
入口扉上のメディチ家の紋章


P1050546
Cassero Seneseに観光案内所が設けられてます。観光案内所で地図を頂戴するとともにMuseo、教会の開く時間を確認しました。


P1050543
城の中に入りました。


P1050542
城の中庭はコンサート会場になっていました。


P1050544
観光案内所と中庭以外には入ることが出来ないようになっていました。


P1050545
Cassero Seneseから外に出ます。


P1050549
Cassero Seneseの周囲を見て回ることにしました。


P1050550
高い壁のCassero Seneseです。


P1050551


P1050552
写真左がCassero Seneseの壁、写真右は市域の城壁です。


P1050553


P1050554


P1050555
城壁外に出ました。


P1050557
1565年から1593年に築かれた城壁です。


P1050558
Cassero Seneseです。


P1050560
城壁外から見たCassero Seneseです。


P1050556
城壁内に戻ります。


P1050561


P1050562
Cassero Seneseの入り口を通り過ぎます。


P1050563
Piazza Martiri d' Istriaに戻ります。


P1050565
ミゼリコルディア教会が見えます。


P1050564
このレストランで昼食を食べました。
(つづく)

引き続きドゥオーモです。
P1050628
クーポラです。


P1050627
クーポラの四隅に四福音書記者が描かれてます。


P1050629
聖マルコ


P1050630
アントニオ・ギーニ・ダ・パオロ(ルッカ?、?-シエナ、1478以前没)の洗礼盤(1470-1474)


P1050631
アントニオ・ギーニの傑作とされてます。


P1050632
グロッセートの紋章


P1050494
イラーリオ・カソラーニ(シエナ、1588-1661)の「天上の聖母子と聖人たち」(1630)


P1050635
ヴェントゥーラ・サリンベーニ(シエナ、1568-1613)の「キリストの勝利と聖ロレンツォと聖カルロ・ボッロメオ」(17世紀初頭)


P1050637
傑作とされている聖人たちのステンドグラス


P1050639


P1050609
「祈るキリスト」のイコン


P1050488
ジローラモ・ディ・べンヴェヌート(シエナ、1470-1524)の作品


P1050621
主祭壇前から見た出入口方向


P1050496
外に出る前に、もう一度聖堂内部を見回しました。


P1050497
外に出ました。


P1050507
1870年から1873年に建設されたPalazzo Comunaleです。


P1050521
市庁舎が建設される前には、この場所に古いサン・ジョヴァンニ・デコッラート教会の建物がありました。教会は18世紀末に機能を停止しましたが、建物は倉庫として使用されていました。市庁舎を建設するために旧教会の建物は解体されたのです。


P1050479
ドゥオーモ広場を後にしました。


P1050499
ドゥオーモ広場からダンテ広場に入りました。


P1050503
ダンテ広場中央に立つのは、ルイージ・マギ(アシャーノ、1804-フィレンツェ、1871)の「レオポルド2世の記念碑」(1846)です。


P1050476
「カナポーネの記念碑」とも呼ばれてます。


P1050477
ロレンツォ・ポルチャッティ(カナ、1864-グロッセート、1928)の設計によって、1900年から1903年に建設されたPalazzo Aldobrandeschiです。


P1050506
現在、県庁舎として使用されてます。


P1050475
Palazzo Aldobrandeschiが建っている場所には、Palazzo Pretorioがありました。1898年、グロッセート市民は劣化したPalazzo Pretorioの修復を行って県庁舎として使用することを求めました。しかし、その願いは叶わず、1899年に解体され、その跡地にPalazzo Aldobrandeschiが新築されたのです。


P1050500


P1050501
ダンテ広場の南側にある建物です。


P1050498
ダンテ広場には古い建物が建ち並んでます。これらと調和させるために、Palazzo Aldobrandeschiが古風な造りにされたと言われてます。


P1050508
ダンテ広場を後にして、マニン通りを進みます。


P1050509
ジョベルティ広場へと進みます。


P1050511
ジョベルティ広場から振り返るとドゥオーモが見えました。


P1050510
ジョベルティ広場から南門に向かいます。


P1050512
南門を潜って城壁外に出ます。


P1050513
グロッセートに最初の城壁は12世紀に完成しました。
現在の城壁は、市域の拡大と防御力向上のために、トスカーナ大公コジモ1世・デ・メディチ(フィレンツェ、1519-1574)の命によって、1565年から1593年に建造されました。


P1050516
城壁はほぼ完全な形で残されてます。


P1050514
城壁外に設けられたParco Giochiです。


P1050515
城壁内に戻ります。


P1050517
城壁内に泊まるなら、このホテルがお勧めです。


P1050518
マッツィーニ通り


P1050519
Piazza Maestri del Lavaroにレストラン併設のホテルがあります。


P1050520
(つづく)

P1050721
Corso Giosue Carducciから広場に差し掛かるとドゥオーモが見えてきます。


P1050792
ドゥオーモ広場に入りました。


P1050722
ドゥオーモ広場に建つ、グロッセート司教区の司教座教会 Cattedrale di San Lorenzoです。


P1050724
現在、ドゥオーモが建っている場所にローマ時代初期に建設された壮大な神殿がありました。392年、テオドシウス帝によってキリスト教会が国教として認められると、神殿はサンタ・マリア・アッスンタ教会と呼称される初期キリスト教会に改修転用されるようになりました。この初期キリスト教会が現在のドゥオーモの前身です。


P1050473
グロッセートが属していた司教区司教座は12世紀前半までグロッセートの北10kmにあるロッゼレにありましたが、1138年、第164代教皇インノチェンツォ2世(ローマ、?-1143 在位:1130-1143)はグロッセートに司教座を移して、ローマ時代の神殿を転用したサンタ・マリア・アッスンタ教会の建物を取り壊して、その上に新しい建物を建設して司教座教会にすることを決定しました。


P1050790
そうして、当時の一流建築家ソッツォ・ディ・ルスティキーノが起用され、ソッツォの設計、工事監督によって、1294年に創建され、1302年に完成した建物が現在の姿の原形となってます。
14世紀初めに奉献式が執り行われ、それを機に聖ロレンツォ司教座教会と改称されました。


P1050725
再建された建物のファサードは、1338年から1340年に建設されましたが、19世紀初めには経時劣化によって一部危険となったので、1840年から1845年にかけて、現在の赤と白の大理石を組み合わせて改修工事が行われました。
現在のファサードは、この改修後の姿であり、少し新しく見えます。


P1050600
バラ窓


P1050601
16世紀に追加されたランタン


P1050602
四福音書記者の彫刻は、アゴスティーノ・ディ・ジョヴァンニ(シエナ、1285c-1347c)とその息子ジョヴァンニ・ディ・アゴスティーノ(シエナ、1310-1348)によって1320年から1340年に制作されました。
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタの彫刻


P1050603
聖ルカ


P1050604
聖マルコ


P1050605
聖マッテオ


P1050502
ダンテ広場から見た右側外壁


P1050504
サイドポータル上ルネッタの「聖母子」の彫刻は、レオポルド・マッカリ(1850-1894?)によって制作されました。


P1050730
右側壁に描かれた日時計のフレスコ画は、アルナルド・マッザンティ(ミラノ、1939-)によって1983年に制作されました。


P1050668


P1050669


P1050505
グロッセートの紋章


P1050469
1402年に建設された鐘楼です。


P1050471
拝観します。


P1050483
聖堂内に入りました。


P1050485
三廊式、ラテン十字形の聖堂内部です。創建当時のロマネスク・ゴシック様式の構造を維持してますが、その後に行われた修復、改修を経ていて、創建時の姿を想像できません。
現在の姿は、1856年から1865年に行われた改修後のものです。


P1050484
身廊中央通路から見た右側廊方向


P1050481
聖堂の構造図


P1050495
左側廊


P1050487
右側廊


P1050620
主祭壇と後陣


P1050610
主祭壇は、ジョヴァンニ・アントニオ・マッゾ―リ(1639-1714)によって1692年に制作されました。


P1050493
彩色磔刑像が必見です。


P1050612
ロレンツォ・ディ・ピエトロ通称イル・ヴェッキエッタ(シエナ、1410-1480)に帰属する「彩色磔刑像」(15世紀後半)


P1050613
マドンナ・デッレ・グラツィエ礼拝堂です。


P1050615
マッテオ・ディ・ジョヴァンニ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1430-シエナ、1495)の「聖母と天使たち」(1470)


P1050616
サン・ロレンツォ礼拝堂です。


P1050617
詳細不知の「羊飼いの礼拝」


P1050623
かなり出来が良いと思います。


P1050624
詳細不知


P1050625
十字架の礼拝堂です。


P1050490
制作者情報不知の「木製磔刑像」(15世紀)


P1050491
詳細不知の礼拝堂
(つづく)

P1050998
グロッセート駅に到着しました。


P1050681
グロッセートは、人口82,378人(2019年12月31日現在)のトスカーナ州グロッセート県の県都です。マレンマ地方の中心都市です。


P1050677
グロッセート鉄道駅の駅舎です。


P1050679
駅近くのホテルにチェックインしました。
変わりやすい天気の日で、自室に10分ほどいるうちに雨が降ってきました。


P1050393
俄雨が上がったので、街歩きに出発しました。


P1050394
トリエステ通りを右折します。


P1050395
ローマ通りに入りました。


P1050396
駅から旧市街を囲む城壁まで徒歩5,6分ほどかかります。


P1050397
旧市街はもう直ぐです。


P1050398
Piazza Fratelli Rosselliに面して建つPalazzo del Governoです。


P1050399
Piazza Fratelli Rosselliに面して建つ郵便局の建物です。


P1050400
11月4日通りです。


P1050401
1908年から1913年に建設された、ネオ・ゴシック様式のVillino Pastorelliです。


P1050402
グロッセートで活躍した建築家ロレンツォ・ポルチャッティ(カナ、1864-グロッセート、1928)の傑作とされているVillino Pastorelliです。


P1050403
城壁が見えました。


P1050404
1925年から1939年に建設されたCasa del Fascioと時計塔です。マレンマ地方ファシズムの中心地でした。


P1050405
グロッセートの城壁は、殆ど無傷で残っている城壁の稀な例の一つです。


P1050406
城壁内に入りました。ここにあった城壁は、1939年から1941年に取り壊されました。


P1050407
1912年にBanca Monte dei Paschi di Sienaが建設したPalazzo del Monte dei Paschi di Sienaです。


P1050408
Corso Giosue Carducciを進みます。


P1050409
写真左の建物は、1911年に建設されたPalazzo del Genio Civileです。


P1050410
Corso Giosue Carducciに面して建つ、ロマネスク様式のサン・ピエトロ教会です。


P1050411
9世紀に遡るグロッセート最古の教会です。1188年に文書に、教会の存在が初めて記載されたそうです。


1
サン・ピエトロ教会の後陣です。


P1050412
P1050412
サン・ピエトロ教会の後方に建っているのは、1634年に建設されたルネサンス様式のサンタ・キアーラ教会です。現在はビギ教会と呼ばれることが多いようです。


P1050413
サンタ・キアーラ教会は、Via Vinzaglioに面して建ってます。


P1050454
サンタ・キアーラ教会から見たサン・ピエトロ教会の後陣です。


P1050414
サン・フランチェスコ教会です。拝観は後でゆっくりすることにしました。


P1050456
マレンマ博物館は午後に入館することに。


P1050460
街の中心ドゥオーモ広場に向かいます。


P1050461
Corso Giosue Carducciに戻りました。


P1050462
Palazzo del Genio Civileのフレスコ装飾を見ます。


P1050463


P1050464


P1050465
Corso Giosue Carducciを更に進みます。


P1050466
城壁内を縦貫するメイン通りです。


P1050467
写真左は市庁舎です。


P1050477
街の中心ドゥオーモ広場にやってきました。


P1050472
ドゥオーモです。
(つづく)

P1050888
シエナの無名画家の「玉座の聖母子」(14世紀末)


P1050890
ヴェッキエッタ工房の「聖アンドレア」(15世紀)


P1050892
ピエトロ・ディ・ドメニコ(シエナ、1457‐1502)の「ピエタのキリストと2聖人」


P1050894
アンドレア・ディ・ニッコロ(シエナ、1440‐1514c)の「ピエタのキリスト」(15世紀末)


P1050896
フィレンツェ派無名画家の「聖母子と聖オノフリオ」(15世紀後半)


P1050898
フィレンツェ派無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(15世紀)


P1050900
トスカーナの無名画家の「聖母子とシエナの聖カテリーナとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(16世紀初め)


P1050903
チゴリの「ピエタ」(1599c)


P1050905
ジローラモ・ディ・べンヴェヌート(シエナ、1470‐1524)の「聖母子と聖ジローラモとシエナの聖ベルナルディーノ」(16世紀初め)


P1050907



P1050908
ネロッチョ・ディ・バルトロメオ・ランディ工房の「聖母子とマグダラのマリアと聖ジローラモ」(15世紀末)


P1050910
サセッタ(シエナ、1423‐1450記録)の「聖母子」(1440‐50c)


P1050912
硝子板に反射するので別方向から撮ってみました。


P1050914
サーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1406‐1481)と工房の「聖母子」(15世紀後半)


P1050916
シエナの無名彫刻家の「聖フランチェスコ」(16世紀)


P1050918
トスカーナの無名彫刻家の「聖フランチェスコ」(16‐17世紀)


P1050920
バルトロメオ・ネローニ(シエナ、1505‐1571)の「ピエタ」
この作品を含めて四部作になってます。以下3点もバルトロメオの作品です。


P1050921
「聖ゲラルド」


P1050922
「祈る聖母」


P1050923
「聖フランチェスコ」


P1050925
17世紀の無名画家の「アンドレア・デル・サルト作『聖家族』のコピー画」


P1050927
16世紀のトスカーナの無名画家の「聖母子とシエナの聖カテリーナと聖ルチア」


P1050930
セバスティアーノ・フェッリ工房の「聖母子ととアレッサンドリアの聖カテリーナと聖カルロ・ボッロメオ」(17世紀前半)


P1050934
ジョヴァン・バッティスタ・パッジ(ジェノヴァ、1554‐1627)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」


P1050935
シエナの無名画家の「斬首された洗礼者聖ジョヴァンニの首」(17世紀末‐18世紀初め)
この作品を含めて四連画となってます。以下3点の写真も同じ画家の作品です。


P1050936
「砂漠の洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1050937
「ピエタのキリスト」


P1050938
「聖母と四信者」


P1050940
17世紀の無名画家の「チゴリ作『聖ステファノの殉教』のコピー画」


P1050942


P1050943


P1050946
ジャチント・ジミニャーノ(ピストイア、1606‐ローマ、1681)の「カルミネの聖母と聖人たち」(1648)


P1050947
シエナの無名画家の「フランチェスコ・ヴァンニ作『シエナの聖カテリーナ』のコピー画」(17世紀)
以下3点も同じ画家によるフランチェスコ・ヴァンニ作品の複製画です。


P1050948
「大天使聖ミケーレ」


P1050949
「ピエタのキリスト」


P1050950
「聖母被昇天と二信者」


P1050952
シエナの無名画家の「ジャコッベを祝福するイサク」(17世紀末)


P1050954
制作者不明の「磔刑」(18世紀)


P1050956
小作品が数点あります。


P1050957
ジョヴァンニ・アントニオ・マッツォーリ(シエナ、1639‐1714)の「キリストの復活」(1692)


P1050959
トッマーゾ・レーディ(シエナ、1602‐1657)の「父なる神」(1648‐49)


P1050961
バルトロメオ・マッツォーリ(シエナ、1674‐1748)の「天使」(1708‐09)


P1050963
ジョヴァンニ・アントニオ・マッツォーリの「ケルビーニ」(1708‐09)


P1050965
法衣


P1050966


P1050967
聖具類


P1050968


P1050969
彩色楽譜


P1050970


P1050971


P1050972


P1050973
考古学部門展示が混在しています。


P1050974
ライオン像は教会にあったものでしょう。


P1050975
場違いのような展示物です。


P1050976


P1050977


P1050978
アントニオ・サルヴェッティ(コッレ・ディ・ヴァル・デルザ、1854‐1931)の「アントニオ・カンペッリの肖像」
アントニオ・カンペッリはこの博物館の館長です。


P1050980
制作者不明の「聖母子」(15‐16世紀)


P1050988
ロレンツォ・ディ・クリストファノ・ルスティーチ(シエナ、1596‐1638)の「磔刑」(1627)


P1050724
中々見応えがありました。


P1050990
(おわり)



P1050681グロッセートは、人口82,269人(2016年9月30日現在)のトスカーナ州グロッセート県の県都です。トスカーナ州南部とラツィオ州北西部の、いわゆるマレンマ地方の中心都市です。


P1050755
グロッセートのチェントロにあるサン・フランチェスコ教会です。


P1050453
サン・フランチェスコ教会の鐘楼と後陣です。写真右手前に写っている建物に博物館があります。


P1050457
神学校だった建物です。


P1050456
この建物が博物館です。


P1050459
簡単にマレンマ博物館と書きましたが、正式名称は御覧の通りです。マレンマ博物館の芸術部門と教区博物館は一体化して展示されています。


P1050455
紙に記されて開館時間が表示されてますが、このような場合、要注意です。紙にタイプしたものは、変更が簡単ですから。


P1050458
博物館が面している広場にある像は、13世紀の散文作家アンドレア・ダ・グロッセートのものです。


P1050797
入館しました。


P1050798
最初は考古学部門です。


P1050799
ヴォルテッラからキウージまでの遺跡からの発掘物が展示されてます。


P1050800


P1050801
エトルリアの遺跡から発掘物が古いものからほぼ年代順に新しいものへと展示されてます。


P1050802
各地の博物館の考古学部門を見ているうちに、説明文を見なくても大体分かるようになってきました。


P1050803
彫刻断片


P1050804


P1050805


P1050806
エトルリア時代の壺


P1050807
エトルリア関係の紹介はこの辺で終わりにします。


P1050808
次はローマ時代のものです。


P1050809
ローマ時代のものも、古いものからほぼ年代順に展示されています。
誰の頭像か、特定されてません。(紀元前4世紀)


P1050811
ローマ時代の頭像(紀元前1世紀)


P1050813
特定されていない頭像


P1050814
誰なのか、特定されていません。(紀元前1世紀)


P1050816
ゲルマニクス?像(20‐50c)


P1050818
紀元前1世紀


P1050820
ローマ時代の住居


P1050821


P1050822
古代ローマ時代と言っても、約800年の長さです。


P1050823


P1050826



P1050825


P1050827


P1050828
この博物館の考古学部門は非常に充実しています。


P1050829
絵画・彫刻部門の作品紹介に移ります。


P1050830
アレッサンドロ・カソラーリ(メンサーノ、1552‐シエナ、1606)の「磔刑」(1583)


P1050832
アストルフォ・ペトラッツィ(シエナ、1580‐1653)の「光悦の聖ジローラモ」


P1050834
17世紀の無名画家の「祈るキリスト」


P1050836
ベルナルディーノ・メイ(シエナ、1612‐ローマ、1676)の「聖チェチリア」


P1050838
16世紀末の無名画家の「この人を見よ」


P1050840
17世紀の無名画家の「悔悛の聖ジローラモ」


P1050842
17世紀の無名画家の「ドメニコ・ベッカフーミ作『悔悛の聖ジローラモ』のコピー画」


P1050844
左右の制作者が異なります。
向かって左は、Maestro dell'Osservanzaの「聖ジローラモ」(1450‐60c)
向かって右は、サーノ・ディ・ピエトロの「聖アントニオ・アバーテ」


P1050846
サンティ・ディ・ティートの「聖母子と聖エリザベッタと聖ジョヴァンニーノ」(1601)


P1050849
19世紀の無名画家の「聖ロレンツォ」


P1050851
ルイージ・カルツィ(ピストイア、1638‐ローマ、1721)の「聖ピオ5世」(1712)


P1050853
17世紀後半のシエナの無名画家の「キリストの鞭打ち」


P1050855
18世紀の無名画家の「羊飼いの礼拝」


P1050857
18世紀のボローニャ派無名画家の「アガルとイシマエル」


P1050859
18世紀のボローニャ派無名画家の「井戸のレベッカ」


P1050862
シエナの無名画家の「聖母子」(16世紀)


P1050864
17‐18世紀の無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1050866
17‐18世紀の無名画家の「マギの礼拝」


P1050868
16世紀の無名彫刻家の「受胎告知を受ける聖母」


P1050869
グイド・ダ・シエナと工房の「最後の審判」(13世紀)


P1050872
ウゴリーノ・ダ・ネーリオの「大天使聖ミケーレ」(14世紀)


P1050874
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「玉座の聖母子」(1370c)


P1050876
シエナの無名画家の「磔刑」(14世紀前半)


P1050878
シモーネ・マルティーニ工房の「聖母子」(14世紀前半)


P1050881
シエナ派無名画家の「聖母子」(14世紀末‐15世紀初め)


P1050885
ジョヴァンニ・ディ・二コラに帰属する「聖母子」(14世紀)


P1050886
シエナの無名彫刻家の「磔刑」(15世紀初め)
(つづく)


↑このページのトップヘ