イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ラツィオ州 > ブラッチャーノ

P1370576
時間を持て余し気味です。


P1370578
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会の横を通りました。


P1370580
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会の向かいに、1632年に建設されたChiesa della Misericordiaがあります。


P1370581
ドゥオーモの拝観とドゥオーモ隣にあるMuseo Diocesanoの入館が残ってます。


P1370583
湖畔に下りてもやることが無さそうです。


P1370585
1泊するには、時間を持て余します。


P1370586
チェントロ・ストーリコ東端の道です。


P1370587
澄み切った快晴だったので、写真を撮るには絶好でした。


P1370588
アントニアッツォ・ロマーノの作品を見ることが出来て満足としよう、と思いました。


P1370589
オルシーニ家の美術品が残されていれば、美術ファンには必訪の町だったことでしょう。


P1370590


P1370591
対岸の町はトレヴィニャーノ・ロマーノです。


P1370593
町役場が二番目に推奨している絶景ポイントからの眺めです。


P1370596
観光案内所で貰った地図に絶景ポイントが2箇所推奨されてます。


P1370597
湖畔の方に道を下ります。


P1370598
残念ながら何もなさそうです。


P1370602
湖畔に行くのを断念して、ドゥオーモに向かいました。


P1370605
ドゥオーモの鐘楼です。


P1370606
この家の前に来たのは、これで三回目です。


P1370610
写真左手前にニャーゴが写ってます。


P1370611
お腹をナデナデしたら喜んでいましたが、カメラを取り出すと起き上がってスタコラサッソと立ち去りました。急に不愛想になったのでビックリ。


P1370615
道の突き当りにドゥオーモがあります。


P1370621
ドゥオーモは相変わらず閉まったまま。


P1370623
Museo Diocesanoも閉まったまま。


P1370622
これでやることがなくなりました。


P1370620
仕方がないので、ドゥオーモの周りを一周します。


P1370626
教会巡りは効率が悪いのです。美術を堪能するには、フィレンツェ、ローマ、ミラノなどの有名美術館に行けば良いのです。


P1370628


P1370631
直ぐに一周出来ました。


P1370630
オルシーニ₌オデスカルキ城の城壁です。


P1370634
残るは1番目の絶景ポイントです。


P1370638
新市街の坂下に絶景ポイントがあります。


P1370639


P1370644
Piazza Saminiati


P1370656
町立病院です。


P1370657
病院ファサードの入り口扉上ルネッタの浮彫


P1370679
病院の下に推奨第1位の絶景ポイントがあります。


P1370658
確かに絶景です。


P1370660
チェントロ・ストーリコの建物が一望できます。


P1370664


P1370669


P1370670


P1370673


P1370690
絶景ポイント近くに教会があります。


P1370692
何と言う教会でしょうか?


P1370693


P1370701
これで見終わりました。


P1370707
翌朝です。ホテルの部屋からの眺めです。


P1370712
この日も晴れでした。


P1370716
次の目的地ヴィテルボに向かいました。
(おわり)

P1370516
ブラッチャーノのチェントロ・ストーリコを巡ります。


P1370517
オルシーニ₌オデスカルキ城がブラッチャーノ湖の南端丘上にありますが、チェントロ・ストーリコは城の南側と東側にあります。城の西側は旧城壁外の新たに出来た集落となってます。


P1370517
この辺はチェントロ・ストーリコの東側に当たります。


P1370518
城壁が見当たりません。城壁を取り壊したという感じではないので、ブラッチャーノには城壁がなかったかもしれません。


P1370520
塔のような家が続いてます。これらの家が城壁の代わりだったかも知れません。


P1370521
ブラッチャーノ湖の北端にトレヴィニャーノ・ロマーノがあります。非常の美しい町なので行きたいと考えてましたが、バスの便が悪いので諦めました。タクシーなら簡単に行けます。


P1370522
チェントロ・ストーリコの東端にやってきました。


P1370523
振り返って撮った写真です。


P1370524
列車とバスでローマから簡単に日帰りできます。


P1370525
チェントロ・ストーリコ外に当たります。


P1370526
独特な色の壁です。


P1370528
チェントロ・ストーリコ東端からの景観です。


P1370527
飲料用貯水池なので、汚染防止のため、湖の船や遊びは厳しく制限されてます。


P1370530
オルシーニ₌オデスカルキ城とドゥオーモの鐘楼です。


P1370531
湖で遊泳することは可能です。


P1370532


P1370536
チェントロ・ストーリコの東端に来たことで満足して、城の方に戻ります。


P1370538
違う道を通ります。


P1370540
暫くイタリアに行っていないので、ブログを書く気力が薄れてます。


P1370541
扉の壁にタイルが張られている家がありました。その意味は?


P1370543
この狭い道幅では自動車が入れません。


P1370544
道の上が微妙な建て方になってます。


P1370545
無原罪の聖母


P1370547
ドゥオーモは多分開いていないと思いながらも、未練でドゥオーモに向かいます。


P1370548
狭い道を隔てる2つの建物の上部を見て感心しました。


P1370549
この道の左側にドゥオーモがあります。


P1370550
14世紀から16世紀に建設された建物がそっくり残ってます。


P1370552
予想通りドゥオーモは閉まっていました。


P1370553
ジュゼッペ・マッツィーニ広場です。


P1370554
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会を通り過ぎます。


P1370555
日差しが強い快晴の日でしたが、26℃だったのはラッキーでした。


P1370557
鉄道駅に向かいます。


P1370558
雲一つない快晴の中で、城が目立ちます。


P1370559


P1370560
駅は少し高い場所にあります。


P1370561
公演を横切ります。


P1370562
駅に着きました。


P1370563
次の目的地がヴィテルボでした。ヴィテルボに2つの駅がありますが、その2つの駅を結ぶ列車の時刻が分からなかったので、その確認が目的でした。


P1370570
駅の西方に行ってみました。


P1370571
しかし、西の方には特に見所がなさそうでした。


P1370573


P1370574
チェントロ・ストーリコに戻ることにしました。


P1370575
(つづく)

P1370454
大広間です。


P1370455
結婚式などが行われます。有名な俳優の結婚式が行われましたが、離婚、結婚を繰り返しているので、ここで改めて触れるのが馬鹿らしくなります。


P1370457
井戸


P1370478
博物館として公開されている城内は大体見たので、順路とは逆に進んで出口に向かうことにしました。トリッティコの間です。


P1370458
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)のトリッティコです。


P1370459
「磔刑」


P1370460
磔刑されたキリストと聖母と聖マリア・マッダレーナと聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ


P1370464
受胎告知する大天使ガブリエーレ


P1370461
受胎告知される聖母


P1370466
逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」(16世紀)
これらの絵画は、美術品収集家だったバルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)によって収集されたものです。


P1370468
逸名画家作「聖マリア・マッダレーナ」(16世紀)


P1370471
トリッティコの間の天井装飾


P1370472


P1370473


P1370474


P1370475
ウンブリアの工芸家による作品(17世紀)


P1370477
ウンブリアの逸名画家作「聖セバスティアーノ」(16世紀)


P1370479
トリッティコをもう一度見ました。


P1370480
中庭に出ました。


P1370485


P1370481
下の階に向かいます。


P1370482
城の出口は、城の本体部分よりも下の階にあります。


P1370483
階段を下ります。


P1370484


P1370487
下の階の入り口です。


P1370488
中に入りましたが、特筆すべきものがありません。


P1370489
聖母子があります。


P1370491


P1370490
下の階にも井戸があります。


P1370492
庭に出ました。


P1370493
庭から見たブラッチャーノ湖


P1370494


P1370496


P1370497


P1370498


P1370499


P1370500


P1370501
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会の鐘楼です。


P1370502
ジュゼッペ・マッツィーニ広場


P1370504


P1370495
外に出ます。


P1370505


P1370506
(つづく)

P1370401
屋外に出ました。


P1370397
居住部分と異なり、荒々しい造りの軍事要塞と実感します。


P1370398
屋外の一般公開部分はかなり限定されてます。


P1370399


P1370400


P1370402
ブラッチャーノ湖です。


P1370403


P1370406
横9.3㎞、縦8.7㎞、広さ56.5㎢、最新160mあります。


P1370409
ドゥオーモ


P1370410


P1370411


P1370412


P1370413


P1370416


P1370417


P1370419


P1370420
60万年前から4万年前まで、ローマの北西に位置するこの地方は激しい火山活動がありましたが、活動の結果出来た窪地に水が貯まり、湖になったとされてます。
ブラッチャーノ湖が出来た時から、水の流入は地下からの泉なので、水質が大変良いことで知られてます。現在、ブラッチャーノ湖はローマの飲料用貯水池となってます。


P1370422


P1370423


P1370426


P1370427


P1370428


P1370429


P1370430


P1370431


P1370432


P1370433


P1370434


P1370435


P1370436


P1370437


P1370438


P1370439


P1370442


P1370443


P1370444
厨房です。


P1370445


P1370446


P1370447


P1370448
ダクト


P1370449


P1370450


P1370451


P1370452


P1370453
(つづく)

P1370350
次の部屋です。


P1370348
Sala di Isabellaです。
パオロ・ジョルダーノ1世オルシーニ(ブラッチャーノ、1541-サロー、1585)と1558年に結婚したイサベッラ・デ・メディチ(フィレンツェ、1542-1576)の寝室です。


P1370349
イサベッラ・デ・メディチのベッド


P1370343
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)?の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1370347
ポッライオーロ?の作品


P1370352
一旦ベランダに出ます。


P1370354
11月4日広場、サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会が見えました。


P1370357
上の階に向かいます。


P1370358
次の部屋です。


P1370364
シチリア・スタイルのベッドが置かれているので、Sala dei Letto Sicilianoと呼ばれてます。


P1370359
トスカーナ・ラツィオの逸名画家作「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタと聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖ジュゼッペ」(17世紀)


P1370361


P1370363
トスカーナ・ラツィオの逸名画家作「善きサマリア人」(17世紀)


P1370365
Sala Goticaです。
バルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)の指示によって、15世紀のゴシック様式を模倣したネオ・ゴシック様式で統一された部屋です。


P1370366
ヘラクレスの間です。


P1370367
武器が展示されてます。


P1370368
ピサネッロ派の逸名画家によるフレスコ画


P1370369


P1370370


P1370371


P1370372
次の部屋です。


P1370373
武器庫です。


P1370374


P1370377


P1370378
武器庫のフレスコ画


P1370379


P1370376


P1370380


P1370381
次の部屋です。


P1370387
Sala della Scienceです。


P1370382
フレスコ画一杯のSala delle Scienceです。


P1370383
フレスコ画のテーマは一般教養、ミューズ、惑星の寓意画です。


P1370384


P1370385


P1370386
天井の装飾


P1370388
次の部屋です。


P1370390
Sala del Bobolaccio


P1370389
Sala del Bobolaccio天井の装飾


P1370391
次の部屋です。


P1370396
Sala Etrusca


P1370392
Sala Etrusca天井の装飾


P1370394
詳細不知


P1370395
(つづく)

P1370288
次はSala del Tritticoです。


P1370295
部屋の名称の由来は、アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)のトリッティコがあるからです。
このトリッティコは、オルガンの蓋に描かれた受胎告知と内側に描かれた磔刑から成ってます。


P1370306
最近の研究によって、アントニアッツォ・ロマーノの作品と、その帰属が確定されました。


P1370293
部屋の天井の装飾


P1370298
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「磔刑」


P1370302
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「受胎告知される聖母」


P1370303
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「受胎告知する大天使ガブリエーレ」


P1370304
バルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)がトリッティコをこの部屋に置くことを決めたそうです。


P1370290
ウンブリアの逸名画家作「聖セバスティアーノ」(16世紀)


P1370292
逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」(16世紀)


P1370307
次の部屋です。


P1370318
ピサネッロの帰属作品があるので、Sala del Pisanelloと呼ばれてます。


P1370308
ピサネッロ(ピサ又はヴェローナ、390c-ナポリ、1455c)に帰属するフレスコ画


P1370309
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370310
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370319
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370312
フランドルの逸名画家作「オデスカルキ家の男の肖像」


P1370313
フランドルの逸名画家作「オデスカルキ家の女の肖像」


P1370314
制作者情報不知の「第240代教皇インノチェンツォ11世・オデスカルキ(コモ、1611-ローマ、1689 教皇在位:1676-1689)の肖像」


P1370316
詳細不知


P1370317
詳細不知


P1370320
次はSale del Cesariです。


P1370321
部屋の名称の由来は、ユリウス・カエサルの彫像があるからです。


P1370323
ローマ皇帝の彫像が置かれてます。


P1370325


P1370326
カエサルの間に、アントニアッツォ・ロマーノの長大なフレスコ画(横約12m)があります。


P1370322
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「ジェンティーレ・ヴィルジニオ・オルシーニとピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチの1487年の邂逅」


P1370324
ジェンティーレ・ヴィルジニオ・オルシーニ(ブラッチャーノ、1445c-ナポリ、1497)は、この城を拡大整備増強をした傭兵隊長です。
ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(愚昧なピエロ)(フィレンツェ、1472-カステルフォルテ、1503)は、ロレンツォ・イル・マニーフィコの長男でしたが、その綽名の通り愚か者で有名です。


P1370329
次の部屋です。


P1370338
Sala Orsiniです。


P1370328
部屋の壁にオルシーニ家の人々の肖像画がありましたが、現在は何故か肖像画が撤去されています。(天井下の壁が空欄になってます)


P1370335
オルシーニ家の紋章


P1370332
オルシーニ・メディチの紋章
1558年、パオロ・ジョルダーノ1世・オルシーニ(ブラッチャーノ、1541-サロー、1585)とイサベッラ・デ・メディチ(フィレンツェ、1542-1576)が結婚してから、この紋章が使用されることになりました。


P1370336
制作者情報不知の「パオロ・ジョルダーノ1世・オルシーニの肖像」


P1370337
制作者情報不知の「イサベッラ・デ・メディチの肖像」


P1370331
制作者情報不知の「パドヴァの聖アントニオ」


P1370334
詳細不知


P1370339
次の部屋です。


P1370341
Sala del Leone


P1370340
(つづく)

P1370258
次はオデスカルキ城博物館です。


P1370259
少し遠回りして11月4日広場経由で城に行きます。


P1370260
11月4日広場に面して建つPalazzo Comunaleです。


P1370261
11月4日広場からCastello Orsini- Odescalchiがよく見えます。


P1370262
Castello Orsini- Odescalchiの塔の下に来ました。


P1370515
オデスカルキ城博物館の開館時間になりました。


P1370514
聖母の目の周囲の描き方に違和感があるタベルナコロです。


P1370513
ブラッチャーノの見所は、何といってもCastello Orsini- Odescalchiでしょう。保存状態が良いことで知られています。


P1370512
ジュゼッペ・マッツィーニ広場です。城の入り口は、この広場の端にあります。


P1370511
サラセン人の攻撃に対する防御として、ブラッチャーノ湖畔の高台に多くの塔が10世紀に建設されました。現在の城の塔は、10世紀に建設された塔が利用されてます。


P1370659
11世紀には、現在の城がある場所と城に隣接する広大な土地がPrefetti di Vico家に売却されました。
同家は、ドイツ出身の貴族で、ローマに住み、ヴィーコ湖とその周囲の土地を所有していました。ブラッチャーノの土地を買収した同家は、10世紀に建設された防御用の塔を組み入れた城を建設しましたが、その城が現在の城の前身です。


P1370661
1234年、Prefetti di Vico家はブラッチャーノの領有権をオルシーニ家に売却しました。1375年からブラッチャーノは教皇の領有地となりました。


P1370510
1419年、ローマの名門コロンナ家出身の第206代教皇マルティーノ5世(ジェナッツァーノ、1368-ローマ、1431 教皇在位:1417-1431)は、ブラッチャーノの領有権がローマの名門貴族オルシーニ家の分家にあることを確認したのです。
現在の城は、傭兵隊長のナポレオーネ・オルシーニ(1420c-1480)とその息子で傭兵隊長のジェンティーレ・ヴィルジニオ・オルシーニ(ブラッチャーノ、1445c-ナポリ、1497)が、万能の芸術家・建築家フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ(シエナ、1439-1501)などを起用して、従来の城を1470年から1485年にかけて拡大整備増強させましたが、現在のルネサンス様式の城は、この増強後の姿となってます。
1696年、オルシーニ家は、コモ出身の貴族リヴィオ・オデスカルキ(コモ、1652-ローマ、1713)に城を売却しました。
1952年から城は博物館として一般公開されるようになりましたが、城を所有するオデスカルキ家は今でも城に居住しています。オデスカルキ家居住部分は非公開となってます。


P1370503
ジュゼッペ・マッツィーニ広場に切符売り場があります。


P1370508
切符売り場


P1370509
城の入り口扉です。切符を買った人が扉の前に立つと、扉が開くようになってます。それ以外の場合、扉が閉まっているので、休館と誤解する人がいるそうです。


P1370263
城の敷地内に入りました。


P1370264
城には五本の塔があります。


P1370265
城門です。


P1370266
イタリアにあるルネサンス様式軍事建築物の代表作の一つとされてます。


P1370267
1797年、ナポレオン軍の侵攻によって城は接収され、城にあった多くの芸術作品や宝物がフランスに持ち去られ、その殆どが戻されていません。
また、フランス軍は、城をマリーノ・トリオニア伯爵に譲渡しましたが、同伯爵は、1848年、リヴィオ3世・オデスカルキに城を売却し、元の持ち主であるオデスカルキ家に戻ったのです。オデスカルキ家は、自己が所有していた城をフランス軍に無償接収され、金を出して自己所有にしたという、非常に損な取引をしたので、同家の財政状態は悪化してしまいました。


P1370268
庭からのブラッチャーノ湖の景観


P1370269
建物の入り口です。


P1370270
こちらは建物の出口となってます。


P1370272
建物の先でロープが張られていますが、ロープの先はオデスカルキ家の居住部分となっており、非公開、立ち入り禁止となってます。


P1370273
入口の天井のフレスコ画があります。


P1370274
1470年から1485年に、城が増強整備されましたが、その時に描かれたフレスコ画です。


P1370275
最初の部屋に入りました。


P1370277
一般公開される前は書斎として使用されていた部屋です。


P1370282
ペストが流行していたローマから逃れて、1481年、教皇シスト4世・デッラ・ローヴェレがこの城に一時的に滞在したそうです。


P1370276
部屋のフレスコ画は、フェデリーコ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1539-アンコーナ、1609)とタッデオ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1529-ローマ、1566)のズッカリ兄弟によって16世紀第3四半世紀に制作されました。


P1370278


P1370279


P1370280


P1370281


P1370283
次の部屋です。


P1370284
少し小さなベッドが置かれてます。この当時、高貴な人はベッドに完全に横臥するのではなく、頭と背中上部を壁にもたれて寝たそうで、そのためにサイズが小さなベッドが使用されていました。


P1370285


P1370286
男女の肖像画があります。この部屋を使用していた夫婦の肖像画と思いますが、その詳細が分かりません。


P1370287
(つづく)

P1370213
サント・ステファノ・プロトマルティーレ参事会教区教会の最初の建物は1200年頃建設されたと言われてます。


P1370216
ドゥオーモが一日中閉まっていることはない筈と思い、後で来ることにしました。


P1370215
ドゥオーモの横の建物に聖母子のタベルナコロがあります。


P1370212
ドゥオーモはカステッロの城壁外の、コムーネの城壁内に建設されました。


P1370214
カステッロの城壁沿いの道を進みます。


P1370217
こちらの道もロトンダ通りです。


P1370218
ロトンダ通りは、ドゥオーモの前を一周するのです。


P1370219
堅固な造りの建物が建ち並んでます。


P1370220
Piazza Saminiatiです。


P1370203
ロトンダ通りを一周しました。


P1370221
市立博物館の開館時間になりました。


P1370254
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院の入り口です。


P1370255
扉が開いてます。


P1370256
キオストロ回廊への入り口です。


P1370222
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院の中庭です。


P1370224
中庭にある井戸


P1370223
市立博物館の入り口です。


P1370225
入館しました。入館無料でした。


P1370226
クリストフォロ・スタティ(ブラッチャーノ、1556-ローマ、1619)の「ヴィーナスとアドーネ」(1600-10)


P1370227
この作品はクリストフォロの代表作の一つです。


P1370228
噴水の口


P1370229
クリストフォロ・スタティ工房作「Mostra di Fontana」


P1370230
トスカーナの彩釉テラコッタ制作者作「受胎告知」(20世紀)


P1370233
アンドレア・デッラ・ロッビア作品の複製のようです。


P1370236
ジローラモ・トロッパ(ロッケッテ、1636-ローマ、1710)の「ヴィッラノーヴァの聖トンマーゾの施し」(17世紀後半)


P1370237


P1370239
アウレリオ・テンペローニの「ダンテの肖像」(1873)


P1370240
アウレリオ・テンペローニという彫刻家については全く知りません。


P1370241
市立博物館は2006年4月1日に開館しました。


P1370242
展示室は全部で5室あります。


P1370243
ローマ時代の彫刻


P1370244


P1370245


P1370246


P1370247
キリストの頭像


P1370248


P1370249


P1370250
ソフィア・ローザ・カテリーナ・ブラニカ・オデスカルキの肖像(19世紀後半)
制作者は不明のようです。


P1370251
ソフィア・ローザは、ヨーロッパ有数の富裕者だったローザ・ポルカの娘であり、ロシア女帝カテリーナ二世の孫でした。1841年、リヴィオ3世オデスカルキと結婚しましたが、当時豊かでなかったオデスカルキ家は、ソフィア・ローザが持参した莫大な資産によって財政状態が回復したと言われてます。


P1370252


P1370253
キオストロ回廊から見た旧修道院の建物


P1370257
外に出ました。
(つづく)

P1370150
ジョルダーノ・オルシーニ枢機卿(ローマ、1360/1370-1438)の指示によって、1436年から1450年に建設されたルネサンス様式のサンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会です。
建物が完成間近になると、第207代教皇エウジェニオ4世(ヴェネツィア、1383-ローマ、1447 教皇在位:1431-1447)はサンタゴスティーノ修道会に建物を与えることを決めました。建物が完成すると同会修道士が定住し、サンタゴスティーノ会の修道院教会となりました。


P1370193
鐘楼は、16世紀に創建され17世紀初頭に完成しました。


P1370149
1628年から1630年に、建築家オラツィオ・トゥッリアーニ(ブラッチャーノ、1578-ローマ、1657)の設計によって増築されましたが、現在の姿はこの増築後のものです。


P1370154
内部は1998年から2003年に大掛かりな修復工事が行われました。
修道院は閉鎖されて、その建物は、現在、市立博物館として使用されてます。


P1370155
中に入りました。


P1370157
単廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1370156
1998年から2003年に行われた修復によって、塗装し直された壁です。


P1370158
天井の装飾


P1370159
ジョヴァンニ・フランチェスコ・トッリアーニ(1625-1699)の「聖母子」(1692-96)


P1370169
主祭壇と後陣


P1370172
ジョヴァンニ・フランチェスコ・トッリアーニ(1625-1699)による装飾(1692-96)


P1370175


P1370179
ジョヴァンニ・フランチェスコ・トッリアーニ(1625-1699)の「聖アゴスティーノ」と「聖モニカ」(1692-96)


P1370173
ポーランド出身の画家タッデオ・クンツェ(ポーランド、1727-ローマ、1793)の主祭壇画「聖母被昇天」(18世紀第4四半世紀)


P1370171


P1370178
制作者情報不知の「磔刑」


P1370185
ジュゼッペ・トーリの「聖ジュゼッペの死」
ジュゼッペ・トーリは、アゴスティーノ会修道士で、タッデオ・クンツェの弟子でした。


P1370187
ジュゼッペ・トーリの「聖モニカに顕現するキリスト」


P1370166


P1370167
ジュゼッペ・トーリの「聖母子と聖アゴスティーノと聖モニカ」


P1370163


P1370164
ジュゼッペ・トーリの「聖体拝領を授ける聖母」


P1370160
制作者情報不知の「貧者に施しをする聖アゴスティーノ」


P1370174
主祭壇前から見た出入口方向


P1370189
外に出ました。


P1370190
見所が多そうな通りです。


P1370153
隣にある市立博物館に入館したいと思いましたが、開館時間まで15分ほどありました。


P1370194
15分ほどの時間潰しに出発しました。


P1370196
城は博物館として一般公開されてますが、この時間は開いていません。


P1370197
多分開いている筈のドゥオーモに行くことにしました。


P1370198
城の下の道を行きます。


P1370199
見上げると塔が聳えているのを目にしました。


P1370200
ジュゼッペ・マッツィーニ広場です。


P1370201
ロトンダ通りです。


P1370202
この辺の堅固な家は、オルシーニ家が町の防御を考えて造らせたそうです。


P1370204
ロトンダ通りを進みます。


P1370205
アーチの先にドゥオーモがあります。


P1370206


P1370207
ブラッチャーノのドゥオーモです。


P1370208
ドゥオーモの扉が閉まっているとは予想外でした。


P1370210
サント・ステファノ・プロトマルティーレ参事会教会です。


P1370209
(つづく)

P1370114
前泊地はローマでした。普通列車に乗車してブラッチャーノに向かいました。


P1370565
ブラッチャーノ駅に到着しました。


P1370566
ローマ~カプラニカ~ヴィテルボを結ぶ鉄道を利用すれば、簡単にブラッチャーノに行くことが出来ます。


P1370567
ブラッチャーノ駅の駅舎です。


P1370568
この日のお宿に向かいます。


P1370115
ブラッチャーノは、人口18,897人(2020年1月1日現在)のラツィオ州ローマ県にあるコムーネです。


P1370569
ブラッチャーノ湖を見下ろす丘上と湖畔にある町で、その丘上に、ローマの大貴族オルシーニ家の城塞があることで知られてます。


P1370116
写真左がAlbergo della Postaで、この日のお宿です。


P1370702
午前中の到着にも拘らず、部屋に入ることが出来ました。
部屋の中に植物画が数点ありました。


P1370703
イギリスで盛んな植物画です。


P1370704
全部バラを描いたものです。


P1370705
このお宿のオーナーがバラ好きということが分かりました。


P1370117
部屋で一服してから外に出ました。マッジョ広場です。


P1370118
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会の拝観は後程にしました。


P1370119
プリンチペ・デ・ナポリ通りです。


P1370123
町の中心、11月4日広場です。


P1370124
11月4日広場にある、17世紀に造られた噴水です。


P1370120
町役場です。


P1370125
町役場の前にあるのは、二度の世界大戦で戦死した、町出身兵士の慰霊碑です。


P1370122
1619年から1636年に建設されたPalazzo Comunaleです。
Palazzo Comunaleの左右の建物は、教皇インノチェンツォ11世の甥で、ブラッチャーノ公爵、Principe del Sacro Romano Imperoのリヴィオ・オデスカルキ(コモ、1652-ローマ、1713)が学校、穀倉、劇場として建てさせたものです。


P1370121
11月4日広場に面して教会があります。


P1370126
Chiesa della Visitazioneです。オルシーニ公爵が建築家オラツィオ・トゥッリアーニ(ブラッチャーノ、1578-ローマ、1657)を起用して1641年に建設された教会修道院です。
貧しいクレア修道会の女子修道院の一部として使用されましたが、ナポレオンの抑圧令によって1800年に修道院が閉鎖されました。


P1370142
ファサードの装飾


P1370127
中に入りました。


P1370130
単廊式の単純な構造の内部です。


P1370128
右側壁


P1370129
19世紀中頃に行われた改修の際に描かれた天井のフレスコ画


P1370138
主祭壇


P1370132
主祭壇画の「ご訪問」(19世紀中頃)
私には制作者などの詳細が分かりません。


P1370137
創建時に描かれたフレスコ画(17世紀中頃)が僅かに残されてます。


P1370139
外に出ました。


P1370140
11月4日広場の先に、Castello Orsini- Odescalchiとサンタ・マリア・ノヴェッラ教会が見えます。


P1370141
写真右奥に売店のような建物は観光案内所です。観光案内所で地図を頂戴しました。


P1370143
ご訪問教会が面している9月20日通りを進みます。


P1370144
9月20日通りを左折してVia Principe di Napoliに入りました。


P1370145
通りを真直ぐ進めば城の下に出ます。


P1370146
ブラッチャーノは欧米人に人気がある観光地ですが、日本人観光客を見かけたことがありません。


P1370147



P1370148
今度はサンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会の拝観です。


P1370151
(つづく)

↑このページのトップヘ