イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > オデスカルキ城博物館(ブラッチャーノ)

P1370454
大広間です。


P1370455
結婚式などが行われます。有名な俳優の結婚式が行われましたが、離婚、結婚を繰り返しているので、ここで改めて触れるのが馬鹿らしくなります。


P1370457
井戸


P1370478
博物館として公開されている城内は大体見たので、順路とは逆に進んで出口に向かうことにしました。トリッティコの間です。


P1370458
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)のトリッティコです。


P1370459
「磔刑」


P1370460
磔刑されたキリストと聖母と聖マリア・マッダレーナと聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ


P1370464
受胎告知する大天使ガブリエーレ


P1370461
受胎告知される聖母


P1370466
逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」(16世紀)
これらの絵画は、美術品収集家だったバルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)によって収集されたものです。


P1370468
逸名画家作「聖マリア・マッダレーナ」(16世紀)


P1370471
トリッティコの間の天井装飾


P1370472


P1370473


P1370474


P1370475
ウンブリアの工芸家による作品(17世紀)


P1370477
ウンブリアの逸名画家作「聖セバスティアーノ」(16世紀)


P1370479
トリッティコをもう一度見ました。


P1370480
中庭に出ました。


P1370485


P1370481
下の階に向かいます。


P1370482
城の出口は、城の本体部分よりも下の階にあります。


P1370483
階段を下ります。


P1370484


P1370487
下の階の入り口です。


P1370488
中に入りましたが、特筆すべきものがありません。


P1370489
聖母子があります。


P1370491


P1370490
下の階にも井戸があります。


P1370492
庭に出ました。


P1370493
庭から見たブラッチャーノ湖


P1370494


P1370496


P1370497


P1370498


P1370499


P1370500


P1370501
サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会の鐘楼です。


P1370502
ジュゼッペ・マッツィーニ広場


P1370504


P1370495
外に出ます。


P1370505


P1370506
(つづく)

P1370401
屋外に出ました。


P1370397
居住部分と異なり、荒々しい造りの軍事要塞と実感します。


P1370398
屋外の一般公開部分はかなり限定されてます。


P1370399


P1370400


P1370402
ブラッチャーノ湖です。


P1370403


P1370406
横9.3㎞、縦8.7㎞、広さ56.5㎢、最新160mあります。


P1370409
ドゥオーモ


P1370410


P1370411


P1370412


P1370413


P1370416


P1370417


P1370419


P1370420
60万年前から4万年前まで、ローマの北西に位置するこの地方は激しい火山活動がありましたが、活動の結果出来た窪地に水が貯まり、湖になったとされてます。
ブラッチャーノ湖が出来た時から、水の流入は地下からの泉なので、水質が大変良いことで知られてます。現在、ブラッチャーノ湖はローマの飲料用貯水池となってます。


P1370422


P1370423


P1370426


P1370427


P1370428


P1370429


P1370430


P1370431


P1370432


P1370433


P1370434


P1370435


P1370436


P1370437


P1370438


P1370439


P1370442


P1370443


P1370444
厨房です。


P1370445


P1370446


P1370447


P1370448
ダクト


P1370449


P1370450


P1370451


P1370452


P1370453
(つづく)

P1370350
次の部屋です。


P1370348
Sala di Isabellaです。
パオロ・ジョルダーノ1世オルシーニ(ブラッチャーノ、1541-サロー、1585)と1558年に結婚したイサベッラ・デ・メディチ(フィレンツェ、1542-1576)の寝室です。


P1370349
イサベッラ・デ・メディチのベッド


P1370343
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)?の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1370347
ポッライオーロ?の作品


P1370352
一旦ベランダに出ます。


P1370354
11月4日広場、サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院教会が見えました。


P1370357
上の階に向かいます。


P1370358
次の部屋です。


P1370364
シチリア・スタイルのベッドが置かれているので、Sala dei Letto Sicilianoと呼ばれてます。


P1370359
トスカーナ・ラツィオの逸名画家作「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタと聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖ジュゼッペ」(17世紀)


P1370361


P1370363
トスカーナ・ラツィオの逸名画家作「善きサマリア人」(17世紀)


P1370365
Sala Goticaです。
バルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)の指示によって、15世紀のゴシック様式を模倣したネオ・ゴシック様式で統一された部屋です。


P1370366
ヘラクレスの間です。


P1370367
武器が展示されてます。


P1370368
ピサネッロ派の逸名画家によるフレスコ画


P1370369


P1370370


P1370371


P1370372
次の部屋です。


P1370373
武器庫です。


P1370374


P1370377


P1370378
武器庫のフレスコ画


P1370379


P1370376


P1370380


P1370381
次の部屋です。


P1370387
Sala della Scienceです。


P1370382
フレスコ画一杯のSala delle Scienceです。


P1370383
フレスコ画のテーマは一般教養、ミューズ、惑星の寓意画です。


P1370384


P1370385


P1370386
天井の装飾


P1370388
次の部屋です。


P1370390
Sala del Bobolaccio


P1370389
Sala del Bobolaccio天井の装飾


P1370391
次の部屋です。


P1370396
Sala Etrusca


P1370392
Sala Etrusca天井の装飾


P1370394
詳細不知


P1370395
(つづく)

P1370288
次はSala del Tritticoです。


P1370295
部屋の名称の由来は、アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)のトリッティコがあるからです。
このトリッティコは、オルガンの蓋に描かれた受胎告知と内側に描かれた磔刑から成ってます。


P1370306
最近の研究によって、アントニアッツォ・ロマーノの作品と、その帰属が確定されました。


P1370293
部屋の天井の装飾


P1370298
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「磔刑」


P1370302
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「受胎告知される聖母」


P1370303
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「受胎告知する大天使ガブリエーレ」


P1370304
バルダッサッレ・オデスカルキ(ローマ、1844-チヴィタヴェッキア、1909)がトリッティコをこの部屋に置くことを決めたそうです。


P1370290
ウンブリアの逸名画家作「聖セバスティアーノ」(16世紀)


P1370292
逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」(16世紀)


P1370307
次の部屋です。


P1370318
ピサネッロの帰属作品があるので、Sala del Pisanelloと呼ばれてます。


P1370308
ピサネッロ(ピサ又はヴェローナ、390c-ナポリ、1455c)に帰属するフレスコ画


P1370309
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370310
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370319
ピサネッロのフレスコ画(帰属)


P1370312
フランドルの逸名画家作「オデスカルキ家の男の肖像」


P1370313
フランドルの逸名画家作「オデスカルキ家の女の肖像」


P1370314
制作者情報不知の「第240代教皇インノチェンツォ11世・オデスカルキ(コモ、1611-ローマ、1689 教皇在位:1676-1689)の肖像」


P1370316
詳細不知


P1370317
詳細不知


P1370320
次はSale del Cesariです。


P1370321
部屋の名称の由来は、ユリウス・カエサルの彫像があるからです。


P1370323
ローマ皇帝の彫像が置かれてます。


P1370325


P1370326
カエサルの間に、アントニアッツォ・ロマーノの長大なフレスコ画(横約12m)があります。


P1370322
アントニアッツォ・ロマーノ(ローマ、1430/1435c-1508)の「ジェンティーレ・ヴィルジニオ・オルシーニとピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチの1487年の邂逅」


P1370324
ジェンティーレ・ヴィルジニオ・オルシーニ(ブラッチャーノ、1445c-ナポリ、1497)は、この城を拡大整備増強をした傭兵隊長です。
ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(愚昧なピエロ)(フィレンツェ、1472-カステルフォルテ、1503)は、ロレンツォ・イル・マニーフィコの長男でしたが、その綽名の通り愚か者で有名です。


P1370329
次の部屋です。


P1370338
Sala Orsiniです。


P1370328
部屋の壁にオルシーニ家の人々の肖像画がありましたが、現在は何故か肖像画が撤去されています。(天井下の壁が空欄になってます)


P1370335
オルシーニ家の紋章


P1370332
オルシーニ・メディチの紋章
1558年、パオロ・ジョルダーノ1世・オルシーニ(ブラッチャーノ、1541-サロー、1585)とイサベッラ・デ・メディチ(フィレンツェ、1542-1576)が結婚してから、この紋章が使用されることになりました。


P1370336
制作者情報不知の「パオロ・ジョルダーノ1世・オルシーニの肖像」


P1370337
制作者情報不知の「イサベッラ・デ・メディチの肖像」


P1370331
制作者情報不知の「パドヴァの聖アントニオ」


P1370334
詳細不知


P1370339
次の部屋です。


P1370341
Sala del Leone


P1370340
(つづく)

P1370258
次はオデスカルキ城博物館です。


P1370259
少し遠回りして11月4日広場経由で城に行きます。


P1370260
11月4日広場に面して建つPalazzo Comunaleです。


P1370261
11月4日広場からCastello Orsini- Odescalchiがよく見えます。


P1370262
Castello Orsini- Odescalchiの塔の下に来ました。


P1370515
オデスカルキ城博物館の開館時間になりました。


P1370514
聖母の目の周囲の描き方に違和感があるタベルナコロです。


P1370513
ブラッチャーノの見所は、何といってもCastello Orsini- Odescalchiでしょう。保存状態が良いことで知られています。


P1370512
ジュゼッペ・マッツィーニ広場です。城の入り口は、この広場の端にあります。


P1370511
サラセン人の攻撃に対する防御として、ブラッチャーノ湖畔の高台に多くの塔が10世紀に建設されました。現在の城の塔は、10世紀に建設された塔が利用されてます。


P1370659
11世紀には、現在の城がある場所と城に隣接する広大な土地がPrefetti di Vico家に売却されました。
同家は、ドイツ出身の貴族で、ローマに住み、ヴィーコ湖とその周囲の土地を所有していました。ブラッチャーノの土地を買収した同家は、10世紀に建設された防御用の塔を組み入れた城を建設しましたが、その城が現在の城の前身です。


P1370661
1234年、Prefetti di Vico家はブラッチャーノの領有権をオルシーニ家に売却しました。1375年からブラッチャーノは教皇の領有地となりました。


P1370510
1419年、ローマの名門コロンナ家出身の第206代教皇マルティーノ5世(ジェナッツァーノ、1368-ローマ、1431 教皇在位:1417-1431)は、ブラッチャーノの領有権がローマの名門貴族オルシーニ家の分家にあることを確認したのです。
現在の城は、傭兵隊長のナポレオーネ・オルシーニ(1420c-1480)とその息子で傭兵隊長のジェンティーレ・ヴィルジニオ・オルシーニ(ブラッチャーノ、1445c-ナポリ、1497)が、万能の芸術家・建築家フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ(シエナ、1439-1501)などを起用して、従来の城を1470年から1485年にかけて拡大整備増強させましたが、現在のルネサンス様式の城は、この増強後の姿となってます。
1696年、オルシーニ家は、コモ出身の貴族リヴィオ・オデスカルキ(コモ、1652-ローマ、1713)に城を売却しました。
1952年から城は博物館として一般公開されるようになりましたが、城を所有するオデスカルキ家は今でも城に居住しています。オデスカルキ家居住部分は非公開となってます。


P1370503
ジュゼッペ・マッツィーニ広場に切符売り場があります。


P1370508
切符売り場


P1370509
城の入り口扉です。切符を買った人が扉の前に立つと、扉が開くようになってます。それ以外の場合、扉が閉まっているので、休館と誤解する人がいるそうです。


P1370263
城の敷地内に入りました。


P1370264
城には五本の塔があります。


P1370265
城門です。


P1370266
イタリアにあるルネサンス様式軍事建築物の代表作の一つとされてます。


P1370267
1797年、ナポレオン軍の侵攻によって城は接収され、城にあった多くの芸術作品や宝物がフランスに持ち去られ、その殆どが戻されていません。
また、フランス軍は、城をマリーノ・トリオニア伯爵に譲渡しましたが、同伯爵は、1848年、リヴィオ3世・オデスカルキに城を売却し、元の持ち主であるオデスカルキ家に戻ったのです。オデスカルキ家は、自己が所有していた城をフランス軍に無償接収され、金を出して自己所有にしたという、非常に損な取引をしたので、同家の財政状態は悪化してしまいました。


P1370268
庭からのブラッチャーノ湖の景観


P1370269
建物の入り口です。


P1370270
こちらは建物の出口となってます。


P1370272
建物の先でロープが張られていますが、ロープの先はオデスカルキ家の居住部分となっており、非公開、立ち入り禁止となってます。


P1370273
入口の天井のフレスコ画があります。


P1370274
1470年から1485年に、城が増強整備されましたが、その時に描かれたフレスコ画です。


P1370275
最初の部屋に入りました。


P1370277
一般公開される前は書斎として使用されていた部屋です。


P1370282
ペストが流行していたローマから逃れて、1481年、教皇シスト4世・デッラ・ローヴェレがこの城に一時的に滞在したそうです。


P1370276
部屋のフレスコ画は、フェデリーコ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1539-アンコーナ、1609)とタッデオ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1529-ローマ、1566)のズッカリ兄弟によって16世紀第3四半世紀に制作されました。


P1370278


P1370279


P1370280


P1370281


P1370283
次の部屋です。


P1370284
少し小さなベッドが置かれてます。この当時、高貴な人はベッドに完全に横臥するのではなく、頭と背中上部を壁にもたれて寝たそうで、そのためにサイズが小さなベッドが使用されていました。


P1370285


P1370286
男女の肖像画があります。この部屋を使用していた夫婦の肖像画と思いますが、その詳細が分かりません。


P1370287
(つづく)

↑このページのトップヘ