イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 記事は一日に一つアップしています。記事の見方ですが、例えば「ボルゲーゼ美術館の展示作品(その4)」は2017年10月20日にアップしました。各記事にカレンダーが表示されてますが、カレンダー上の2017年10月21日をクリックして頂ければ「ボルゲーゼ美術館の展示作品(その5)」になります。(その3)は2017年10月20日となります。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ピエモンテ州 > キヴァッソ

1突き当りはサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会です。


2
コッレッジョ通りです。


3
再びトリノ通りに。


4
ドゥオーモのファサードをもう一度見ます。


5
雨が降って、一旦薄日が出たものの、またまた雲が厚くなってきました。


6


7
キヴァッソのドゥオーモ、サンタ・マリア・アッスンタ参事会教会です。


8
ファサードのテラコッタ彫刻を見ます。


9


10


11


12


13


14


15


16


17


18


19
トリノ通りを東方向に進みます。


20
サンティ・サン・ジョヴァンニ・バッティスタ・エ・マルタ教会です。


21
教会の扉は閉まったままでした。


22
教会の前を通り過ぎました。


23


24
昼食の時間でしたが食欲無し。


25
前日深夜までオペラを観て、それから深夜の食事を摂ったので胃が重かった。


26
サン・マルコ通りです。


29
Presepiのお店です。


28
ショーウィンドウを覗き込みました。


27
クリスマス・シーズン以外にも売れるのでしょうか?


30
ポポロ広場


31
ローマ通りです。


32
この日ですが写真右のHotel Ritzも満室でした。


33
少し食べないと夕食まで持たないと考えて、入ったジャンク・フード店が最悪でした。


34
ホテルに戻ります。


38
ホテルに戻りました。


35
ホテル内のフレスコ画


36
ホテルの壁のあちこちにフレスコ画があって暇つぶしになりました。


37
自室からの眺め


39
翌朝、次の目的地ビエッラに鉄道で向かいました。
(キヴァッソ編 おわり)

1雨が完全に止みました。


2
雨宿りをしていた人たちが外に出てきたようです。


3
キヴァッソの見どころの一つになっているフレスコ画を探しました。


4
どうやら写真左の建物が目的のフレスコのようです。


5
聖母の結婚? 痛みが激しいフレスコ画です。


6
トリノ通りです。


P1340301
日陰では乾きが遅い。


8
ローマ通りとトリノ通りの交差点。


9
ローマ通りです。


10
同じ通りでも場所によって通りの名称が良く変わるのがイタリアです。


10
トリノ通りを西方向に進みました。


12
薄日が漏れてきました。


13
先ほどのフレスコ画の前を通り過ぎました。


14
この先にドゥオーモがありますが、違う道を通ってドゥオーモのファサード前に出る予定でした。


15
ジュゼッペ・ポルラ通りです。


16
サン・フランチェスコ修道院に向かいました。


17
18世紀に建設されたサン・フランチェスコ修道院の建物です。


19
ナポレオンのイタリア侵攻によって、活動が抑圧され、19世紀初頭にサン・フランチェスコ修道院は閉鎖されてしまい、修道士が追放されました。


18
サン・フランチェスコ修道院だった建物は、1888年からベアート・アンジェロ・カルレッティ幼稚園として使用されるようになり、現在に至ってます。


20
この先には見所がなさそうです。


21
Via Caduti per la Libertaです。


22
ポー川の近くになります。


23
共和国広場に戻りました。


24
この先に緑がありますが、緑地の下にポー川が流れてます。


25
ポー川に行かないことにしました。


26
違う道を通って旧市街を歩きました。


27


28
旧市街域が狭いので、同じところに来てしまいます。


29


30
街外れに出てしまいました。


31


32
旧市街を一周したようです。


33
Via Caduti per la Liberta


34
(つづく)

1引き続きサンタ・キアラ女子修道院だった建物です。


2
アントニオ・ファレッティ(バローロ、1671-1760)によって1739年に創建され、18世紀中頃まで建設が行われましたが、当初計画があまりにも大きくて費用が予算オーバーとなったので、未完のまま工事が中断され、現在に至ってます。イタリア統一後に市庁舎に転用されるようになりました。


3
1739年に創建された建物は、実はサンタ・キアラ女子修道院としての二代目となるものです。
キヴァッソのサンタ・キアラ女子修道院の初代の建物は、修道女ベアータ・バルトロメア・ガルレッティ(キヴァッソ、1425/1435-1508c)によって1486年から1505年に建設されました。


4
修道女たちの僧房です。


5
旧修道院の中庭です。


6
建物の端に修道院に付属するクラレス教会だった建物があります。


7
現在見ることが出来る旧クラレス教会は1702年に再建されたもので、ナポレオンのイタリア侵攻によって教会と修道院は閉鎖されてしまいました。


8
サンタ・キアラ女子修道院だった区域から外に出ました。


9
Piazza Carita


15
Piazza Caritaは広大な駐車場になってます。


11
駐車場の入り口です。


10
この辺はもう街外れに相当します。


12
写真左中央の茶色の建物が有名です。


13
18世紀に建設された後期バロック様式のPalazzo Tesioです。


14
現代イタリアの自治と連邦主義の基礎となった「キヴァッソ憲章」が1943年12月19日に、このPalazzo Tesioで締結されました。


16
トリノ通りをドゥオーモ方向に戻ります。


17
写真左は先ほどトイレ休憩したバールです。


18
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会のファサード前を通過しました。


19
ドゥオーモの鐘楼


20
とうとう雨が落ちてきました。


21
天気予報が当たりました。


22
アルプスから寒気が入ってきたそうです。


23
雨が強くなったので柱廊に避難。


24
柱廊で雨宿りをする人がいました。


25
ドゥオーモで雨宿りしました。


26
雨脚が弱くなったので、ドゥオーモから外に出ました。


27
イタリアでは雨男です。


28
傘を持っていても差さない人がかなりいます。


29


30
雨が降ったので、人通りが減りました。


31
夏のピエモンテは天気が急変することがあります。


32


33
この辺ではローマ通りになります。


34
(つづく)

1引き続きドゥオーモの内部です。


2
詳細不知の天使の彫刻


3
詳細不知の天使の彫刻


4
「聖母子と四聖人」を再見


5
「三位一体と聖人たち」を再見


6
天井のフレスコ画


7
身廊天井


8
デフェンデンテ・フェッラーリの作品を再見


9
後陣天井


10
詳細不知の聖母子


11
外に出ます。


12
外に出たら、先ほどよりも雲が低く垂れ込めていました。雨の気配です。


13
7月初旬でしたが、少し寒くなってきました。


14
アルプスから寒気が入ってきたようです。


15
教会が見えてますが、事前調査した限りでは拝観する価値がないようです。


16


17
ドゥオーモ以外に観る価値がある教会がなさそうです。


18
トリノに早く行けば良かったと後悔。


19
ベアート・アンジェロ・ガルレッティ像
ベアート・アンジェロ・ガルレッティ・ダ・キヴァッソ(キヴァッソ、1411-クーネオ、1495)は、ボローニャ大学で学び、同大学で博士号を取得した神学者で、多くの著作を著すと共に、フランチェスコ会修道士として幅広い慈善事業に従事しました。


20


21
教会がありますが、どうせ開いていないと思いました。


22
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会です。


23
1584年に創建され、1607年に奉献された教会です。


24
現在の外観(主にファサード)と教会内部は1737年から1741年に改造されたもので、オリジナルではありません。


25
ファサードのフレスコ画


26


27
この時は予想通り開いていませんでした。


29
土曜日の夕べのミサと日曜日朝のミサの時に開くようです。


28
時間潰しに街歩きを続けました。


P1330607
この道を進んでも見所がなさそうだったので、引き返しました。


P1330609
煉瓦積みの立派なポルティコです。


32


33
トイレ休憩の必要性を感じました。


34
市庁舎横のバールで一休みです。


35
市庁舎です。小さな市庁舎に見えますが、実はそうではありません。


36
トリノ通りです。


37
市庁舎の入り口からサンタ・キアラ修道院だった建物に向かいました。


38
サンタ・キアラ女子修道院だった建物です。


P1330617
1739年に創建されたサンタ・キアラ女子修道院の建物は未完成です。


40
現在、市庁舎として使用されている旧サンタ・キアラ女子修道院です。


41
市庁舎の建物の銘板


42
(つづく)

1さて、キヴァッソのドゥオーモ、サンタ・マリア・アッスンタ参事会教会 Collegiata di Santa Maria Assuntaの拝観です。


2
教会内部に入りました。


3
三廊式ですが、様々な建築様式が混在しています。


4
オリジナルの後期ゴシック様式が基本構造になってますが、17世紀にバロック様式に改造されたものの、19世紀初頭に新古典様式に改造されたので、新古典様式の内部と言ってよいでしょう。


5
新古典様式の柱が目立ちます。


6
1843年にフェリーチェ・ポッシ(ベルガモ、1795-1873)によって制作されたオルガンです。ポッシ家は、代々オルガン制作を家業としていましたが、中でもフェリーチェ・ポッシはオルガン制作者として有名でした。


7
右側廊


8
右側廊から見た身廊中央方向


9
左側廊


10
左側廊から見た身廊中央方向


P1330657
洗礼盤上の、17世紀の逸名彫刻家による「キリストの洗礼」


12
詳細不知の「ベアータ・ヴェルジネ」


13
左第二礼拝堂


14
詳細不知の「三位一体と聖人たち」


15


16
ピエモンテの逸名画家作「聖母子と四聖人」(18世紀)


40


17


18
この教会における最大の見どころは、この作品です。


19
デフェンデンテ・フェッラーリ(キヴァッソ、1480/1485‐トリノ、1540c)の「嘆き」(16世紀第1四半世紀)


20
生まれ故郷のキヴァッソに残るデフェンデンテ・フェッラーリ唯一の作品です。


21
18世紀中頃には。デフェンデンテ・フェッラーリの作品がこの他にも数点あったとされてます。


22
額縁は制作された時のオリジナルのものと言われてます。


23
詳細不知


24
詳細不知


25
詳細不知


26
右第一礼拝堂です。


27
ピエモンテの逸名彫刻家による「死せるキリストへの哀悼」(15世紀後半)
貴重な作品と言われてます。


28
説教壇


29
1930年から1940年代にかけて、大修復された身廊天井のフレスコ画


30
左後陣礼拝堂


31
左後陣礼拝堂天井のフレスコ画(1930-40c)


32
この部分のオリジナルのフレスコ画はすべて失われていたので、改めて描き直された新作を言うべきフレスコ画です。


33
詳細不知


34


35


36
主祭壇(中央礼拝堂)


37
後陣のフレスコ画(1930-40c)


38


39
詳細不知
(つづく)

1カラヴァッジョについて書くことをゴールとしていたので、それが終わって、これからは「おまけ付きグリコ」のようなものです。


2
塔は、ドゥオーモの鐘楼です。


3
トリノ通りに面して建っている、ごく普通の建物です。


4
この街では、テラコッタ彫刻が目立ちます。


5
Piazza della Repubblicaです。


6
広場に面してドゥオーモが建ってます。ドゥオーモ前からPiazza della Repubblicaを撮った写真です。


7
Piazza della Repubblicaがキヴァッソの旧市街の中心になります。


11
広場の先に進みます。


12
八角形の塔があります。


13
12世紀、キヴァッソはモンフェッラートのアレラミーチ家の領地でした。11世紀、フォンフェッラート侯爵グリエルモ4世・デル・モンフェッラート(1030/1035-1100)は、キヴァッソ城の建設を始めました。城は、グリエルモ4世死後の1178年に完成しました。


14
キヴァッソ城は取り壊されて現存しませんが、その城にあった塔の一つがTorre Ottagonaleです。


15
城の存在を今に伝える唯一の建物がこの塔です。


16
この通りの先にポー川が流れてます。


17
先に進んでも見所がなさそうだったので、戻ることにしました。


18
今来た道を引き返すことにしました。


19
突き当りに建っている教会に向かいます。


20
先ほどまで時々日差しがありましたが、雲が厚くなってきました。


21
青空が僅かになりました。


22
さて、ドゥオーモです。


10
キヴァッソのドゥオーモであるサンタ・マリア・アッスンタ参事会教会です。


8
キヴァッソは、イヴレア司教区に所属しており、司教座はイヴレアのドゥオーモに置かれてます。


9
15世紀前半、キヴァッソを領地にしていたモンフェッラート侯爵ジャン・ジャコモ・パレオローゴ(トリノ、1395-カザーレ・モンフェッラート、1445)の指示によって、1415年に創建された後期ゴシック様式の教会です。


23
ジャン・ジャコモ・パレオローゴ侯爵の死後の1480年に完成しました。


24
本堂が完成した1429年に奉献式が執り行われました。


25
長い間、単なる教区教会の地位でしたが、1996年に参事会教会に昇格しました。


26
鐘楼にある日時計


27
この教会の見どころはファサードのテラコッタ彫刻です。


28
入口扉上ルネッタの聖母子のテラコッタとフレスコ画断片


29
ファサードのテラコッタ彫刻は、ピエモンテの無名彫刻家によって1450年から1460年頃に制作されました。


30


31


32


33


34


35
(つづく)

P1330518
前泊地はミラノでした。


P1330519
トリノ・ポルタ・スーザ駅に到着しました。


P1330516
ポルタ・スーザ駅の地上駅に出ます。


P1330517
普通列車に乗り換えてキヴァッソ駅に向かいました。


P1330520
キヴァッソ駅に到着しました。


P1330523
キヴァッソ駅の駅舎です。


P1330521
駅前広場です。


P1330522
駅前にある、このホテルがこの日のお宿です。


P1330525
ミラノ出発が早い時間で、朝食なしだったので、駅横のバールで一息入れました。


P1330526
街歩きに出発です。


P1330524
駅横にちぐはぐな感じがする建物がありました。


P1330527
ローマ通りです。ローマ通りがないコムーネは希少価値がありますね。ローマ通りは、日本の銀座通りに相当しそうです。


P1330528
トリノに泊まる予定でしたが、この週のホテル料金が異常に高くなっていたので、予約しないで様子見をしていました。ところが、宿泊日の一週間前にはトリノのホテルが全部満室となっていたので、已む無くトリノの代わりにキヴァッソに泊まることにしたという訳です。


P1330529
キヴァッソは、人口26,908人(2018年12月31日現在)のピエモンテ州トリノ県にあるコムーネです。


p1362
紀元前1000年頃に集落があったとされる古い町ですが、紀元前2世紀にローマの植民地となり、ガリカ街道の宿場町として発展したそうです。


P1330530
ポー川とオルコ川の合流点に位置することから、河港の町としても栄えました。


P1330531
ポポロ広場に出ます。


P1330532
ポポロ広場です。


P1330533
ポポロ広場にあるモニュメント


p1361
Monumento ai Bersaglieri(狙撃兵の記念碑)


P1330534
キヴァッソにはかって自動車工場があって、一時期、人口が二倍になるなど、非常に栄えましたが、1993年に自動車工場が閉鎖されると、急速に寂れました。


P1330535
大きな火力発電所があって、ある程度まで自動車工場閉鎖の受け皿になっていましたが、環境問題の深刻化によって、近い将来、火力発電所の閉鎖は確実とされているので、苦境の中にある街と言えるでしょう。。


P1330536
トリノに近いので、トリノのベッドタウンとしての性格も併せ持つ街です。


P1330537
キヴァッソに来たのは、この時が初めてでした。


P1330538
旅の目的は飽く迄もトリノでした。トリノの代わりに泊まるのであれば、トリノの近くならば何処でも良かったのですが、どうせなら初めての街が良いと思ったのでキヴァッソを選んだという訳です。


P1330539
シャッター通りの面が無きにしも非ず。


P1330540
事前調査を殆どしなかったので、見所が良く分からず、適当に歩き回ることにしました。


P1330541
トリノ通りです。


P1330542
鐘楼が見えてますが、ドゥオーモのものです。


P1330543
トリノ通りが、この街で最も賑わいを見せる通りです。この時は、それを知らず、後で知りました。


P1330544
閉まっている店がやはり多いように思います。


P1330545
サンティ・ジョヴァンニ・バッティスタ・エ・マルタ教会です。


P1330547
処刑された人々やその家族、困窮に苦しむ人たちを支援する慈悲の同信会 Confraternita della Misericordiaがありましたが、17世紀後半、処刑された人々やその家族の安寧を願う教会の建設が発起されました。


P1330551
慈悲の同信会によって、1707年から1751年に建設されたサンティ・ジョヴァンニ・バッティスタ・エ・マルタ教会です。


P1330550
バロック様式の教会です。


p1363
美術的な見所はあまりなさそうな教会です。


P1330548
ファサードの壁龕にある聖マルタ像


P1330549
聖ジョヴァンニ・バッティスタ像


P1330546
鐘楼とクーポラ


p1364
主祭壇


p1365


P1330552
(つづく)

↑このページのトップヘ